ポルトガルサッカーのすすめ

ポルトガル代表をはじめとする、ポルトガルサッカー専門ブログです。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>    
LINKS
※当ブログはリンクフリーです。ご自由にリンクを張ってください。
RECOMMEND
UEFAチャンピオンズリーグ2003/2004 ポルト 優勝への軌跡
UEFAチャンピオンズリーグ2003/2004 ポルト 優勝への軌跡 (JUGEMレビュー »)

現在のポルトガル代表の主力、デコ、カルバーリョ、マニシェらの活躍がここに。モウリーニョに率いられ、欧州を制するまでのドラマを収録!
RECOMMEND
ジョゼ・モウリーニョ
ジョゼ・モウリーニョ (JUGEMレビュー »)
ルイス ローレンス, ジョゼ モウリーニョ, Lu´is Lourenco, Jos´e Mourinho, 西竹 徹, 西岡 明彦
本人公認本が日本上陸。現在世界で最も有名な監督の一人が、どのようにして誕生したか、秘話が満載です。
RECOMMEND
Cristiano Ronaldo (Artnik Football)
Cristiano Ronaldo (Artnik Football) (JUGEMレビュー »)
Michael O'Connell
W杯ドイツ大会までのC・ロナウドを書いた本です。洋書です。英語が分からなくても、写真集として楽しめます。
RECOMMEND
マヌエル・ルイ・コスタ〜ポルトガルが生んだフィールドのマエストロ〜
マヌエル・ルイ・コスタ〜ポルトガルが生んだフィールドのマエストロ〜 (JUGEMレビュー »)

ポルトガルサッカー史上最高の司令塔、マヌエル・ルイ・コスタのフィオレンティーナ時代の映像を収録!
RECOMMEND
ポルトガル・サッカー物語
ポルトガル・サッカー物語 (JUGEMレビュー »)
市之瀬 敦
村上龍氏推薦!「ポルトガルサッカー、それは魔術的だ。驚異的な技術だけがそれを可能にした」
RECOMMEND
2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD 「ポルトガル代表 戦いの軌跡」
2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD 「ポルトガル代表 戦いの軌跡」 (JUGEMレビュー »)

ポルトガル代表40年ぶりのベスト4進出!欧州西端の小国がドイツを舞台に披露した見事な戦いをここに収録!
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
UEFAチャンピオンズリーグ、グループステージ組み合わせ決定
 ポルトガルサッカー専門ブログ「ポルトガルサッカーのすすめ」は、ブログランキングで、8位へダウン。
 ただ、なんとかトップ10に踏みとどまっております。
 ポルトガル代表を一緒に応援してくださる方は、ブログランキングのクリックのご協力をよろしくお願いいたします。
↓一日一回クリックをお願いします。↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング
 

 まずは、ポルトガル代表の話題から。
 今回、初招集を受けたレアル・マドリーのペペですが、負傷のため欠場が決定的です。
 この記事を書いている時点で、代替招集の情報は入っていませんが、センターバックは4枚揃っていた方がよいでしょうから、誰かが招集されるかもしれません。
 ペペのポルトガル代表デビューは、10月へ先送りとなります。


 今日の本題は、UEFAチャンピオンズリーグのグループステージについてです。
 昨夜、組み合わせ抽選会が行われ、8つのグループの組み合わせが決定しました。
 それでは、各グループを見ていくことにしましょう。


・グループA
リバプール
FCポルト
マルセイユ
ベシクタシュ

 ポルトガル王者は、比較的楽なグループに入ったと言えるでしょう。
 リバプールはともかく、マルセイユとベジクタシュなら、勝機は十分です。
 中心選手が怪我をして離脱しない限り、グループステージ突破は確実と見ても良いのではないでしょうか。
 マルセイユといえば、モウリーニョ体制で優勝した03-04シーズンのグループステージで同居しています。
 このとき、マルセイユにドログバが在籍しており、その縁でチェルシーに引き抜かれています。

決勝トーナメント進出予想・・・リバプール、FCポルト


・グループB
チェルシー
バレンシア
シャルケ04
ローゼンボリ

 昨シーズンの準々決勝の再現となります。
 ローゼンボリは、ノーチャンスでしょう。
 シャルケの実力を測りかねるところではありますが、昨シーズンのブレーメン以下と見るのが妥当で、2強が順当に勝ち上がるのではないでしょうか。

決勝トーナメント進出予想・・・チェルシー、バレンシア


・グループC
レアル・マドリー
ブレーメン
ラツィオ
オリンピアコス

 レアル・マドリーは、おそらく堅いでしょう。
 問題は、ブレーメン。
 チーム力は、確実に昨シーズンよりダウンしているでしょうから、ラツィオとの2位争いになる可能性がありそうです。
 ただ、昨シーズン、バルセロナ・チェルシーと同居したことを考えると、今回はビッグチャンス。
 確実にモノにしたいところです。

決勝トーナメント進出予想・・・レアル・マドリー、ブレーメン


・グループD
ACミラン
ベンフィカ
セルティック
シャフタール

 中村俊輔的には、目新しさの無い組み合わせです。
 ただ、ルイ・コスタを愛するベンフィキスタとしては、うってつけ。
 確実に生中継されることでしょう。
 遂にルイ・コスタを見ることができそうです。
 ルイ・コスタ自身としても、古巣との対戦となります。
 ただ、ベンフィカ自体はミランとの相性が悪いので、その当たりが心配です。

 また、スカパー!としては、宮本のザルツブルクを破って勝ち上がってきたシャフタールへの仇打ち、前年王者ミランへのリベンジなど、ありがたいシチュエーションになっています。
 そもそも、ベンフィカのチーム状態が一体どのような状況なのか。
 そして、怪我人の回復具合。
 このあたりがポイントになりそうです。

決勝トーナメント進出予想・・・ミラン、ベンフィカ


・グループE
バルセロナ
リヨン
シュツットガルト
レンジャーズ

 シュツットガルトが、どの程度の実力なのか。
 推し量るのが難しいところです。
 普通に考えると、このグループは非常に簡単なのですが、リヨンのチーム状態次第では、入れ替わることがあるかもしれません。

決勝トーナメント進出予想・・・バルセロナ、シュツットガルト


・グループF
マンチェスター・ユナイテッド
ローマ
スポルティング
ディナモ・キエフ

 ここも昨シーズンの再現です。
 スポルティングは、難しいグループに入りました。
 ローマは、昨シーズンの経験を糧に、選手層を厚くしています。
 スポルティングに付け入る隙があるかどうか。
 マンチェスター・ユナイテッドも、あまり調子が良くないことを考えると、安心はできないでしょう。

決勝トーナメント進出予想・・・マンチェスター・ユナイテッド、スポルティング


・グループG
インテル
PSV
CSKAモスクワ
フェネルバフチェ

 インテルは、非常に楽なグループに入りました。
 残りの3チームで2位を争う展開になることが、容易に予想できます。
 フィーゴのラストシーズンですから、順当に勝ち上がってもらいたいところです。

決勝トーナメント進出予想・・・インテル、PSV


・グループH
アーセナル
セビージャorAEKアテネ
ステアウア・ブカレスト
スラビア・プラハ

 ま、ここはいいですか。
 アーセナルと、おそらくセビージャが勝ち上がってくるでしょうから、この2つで決まりでしょう。

決勝トーナメント進出予想・・・アーセナル、セビージャ
 

 決勝トーナメント進出予想は、独断と偏見で、ポルトガル代表が絡んでいるところばかりです(苦笑)。
 真剣な予想ではなく、むしろ希望ですので、あしからず。


 また、UEFAカップの組み合わせ抽選会も先ほど終了しています。
 ポルトガル勢の組み合わせをチェックしておきましょう。

レバークーゼン対ウニオン・レイリア
パッソス・フェレイラ対AZ
ハマルビー対ブラガ
バイエルン対ベレネンセス

 なんでしょうか、この強豪率(苦笑)。
 レバークーゼンにAZに加え、優勝候補の大本命バイエルン。
 こちらは、いきなりブラガのみになることが濃厚です。
 ブラガには、ぜひともがんばってもらいましょう。

 ちなみに、アトレチコ・マドリーは、トルコのエスジーエススポルと対戦。
 ここは、順当に勝ち上がってくれることでしょう。


 最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。
 今後も「ポルトガルサッカーのすすめ」をよろしくお願いいたします。
 今後も一緒にポルトガル代表を応援していただける方は、ブログランキングのクリックも1日1回お願いいたします。
 クリックしていただけると、管理人の今後の励みになります。
↓こちらのクリックをお願いいたします↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング 
  
| capitao0707 | チャンピオンズリーグ | comments(4) | - |
ベンフィカ、CL本戦出場なるか
 ポルトガルサッカー専門ブログ「ポルトガルサッカーのすすめ」は、ブログランキングで、なぜか7位へ浮上。
 なんとかトップ10に踏みとどまっております。
 ポルトガル代表を一緒に応援してくださる方は、ブログランキングのクリックのご協力をよろしくお願いいたします。
↓一日一回クリックをお願いします。↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング
 

 まずは、サッカーファンとして、触れないわけにはいかないニュースがあります。
 スペイン・リーガエスパニョーラ、セビージャのスペイン代表DFアントニオ・プエルタが死去しました。
 22歳という若さでした。
 25日のヘタフェとの開幕戦の試合中、ピッチ上で倒れ、緊急入院をしていたわけですが、最悪の結果となってしまいました。
 ベンフィカを応援する者として、フェヘールの記憶が蘇ってしまいました。
 これは、サッカー界がなんら前進していなかったことを意味しています。
 このような悲劇は、今度こそ繰り返してはなりません。
 過密日程の解消をはじめとする、何らかの措置を講じてもらわねばなりません。
 プエルタのご冥福をお祈りします。


 さて、今日はUEFAチャンピオンズリーグ予備予選3回戦が行われます。
 ベンフィカは、コペンハーゲンとのアウェーゲームに臨みます。
 週末のリーグ戦は、昇格組のギマランイス相手にスコアレスドロー。
 怪我人が続出しています。
 ギマランイス戦のスターティングメンバーは、以下のとおり。
  
GK:キム
DF:ネウソン、ミゲウ・ヴィトール、カツラニス、レオ
MF:プティ、ヌノ・アシス、ファビオ・コエントラオン、ルイ・コスタ
FW:ヌノ・ゴメス、カルドーソ

 おや!?と思われた方もいると思いますが、カツラニスは本来ミッドフィールドの選手。
 また、コンビを組んだミゲウ・ヴィトールは、まだ18歳の選手です。 
 ルイゾンとダビド・ルイスの二人が揃って負傷。
 コペンハーゲン戦は、一体どうなってしまうのでしょうか?
 情報では、ルイゾンが召集メンバーには入ったようなのですが、いきなりのスタメン起用は無さそうです。
 よって、上記したギマランイス戦のメンバーが、そのまま今日の予想スタメンとなります。

 ギマランイスを攻略できなかったメンバーで、コペンハーゲンと戦うのは酷なようにも思いますが、ここは各選手に奮起してもらわなければなりません。
 なんといっても、本戦に出場できるかできないかで、クラブの収入が大きく変わってきます。
 本戦出場を逃せば、クラブの財政に大きな悪影響をもたらし、今後のクラブ運営の根幹に関わる問題が生じてくることでしょう。
 また、今後のチャンピオンズリーグの出場枠の問題を考えても、ベンフィカは本戦に出場しなければなりません。
 したがって、いろいろな意味を含め、今日は絶対に勝ってもらわなければなりません。
 選手たちの奮起に、そしてルイ・コスタのゴールに期待しましょう。

 ちなみに、スカパー!の放送では、バレンシアの試合が含まれています。
 いきなりマヌエル・フェルナンデスを起用することは無いと思いますが、ミゲウかカネイラのどちらかは出場すると思います。
 すでにファーストレグで圧勝しているので、余裕を持って観戦できるでしょう。
 むしろ、日本人として中村俊輔のセルティックや三都主と宮本のザルツブルクの試合の方が緊張感を持って見ることができそうです。

 あ、そうそう。
 実は、地味〜に、フランス・リーグアン、松井大輔のルマン対パウレタのパリ・サンジェルマン戦も生中継されます。
 ただ、PSGはアウェーですから、パウレタはスタメンではないという計算になります。
 

 今日でCL本戦出場チームが全て揃い、明日はモナコで組み合わせ抽選会が行われます。
 グループが決定すると、いよいよという思いに駆られます。
 訃報が飛び込んできましたが、サッカーの世界は止まりません。
 いや、大人の事情で止めるわけにはいかないのです。
 これこそが、現在のサッカー界の抱える本当の問題なのではないでしょうか。
 

 最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。
 今後も「ポルトガルサッカーのすすめ」をよろしくお願いいたします。
 今後も一緒にポルトガル代表を応援していただける方は、ブログランキングのクリックも1日1回お願いいたします。
 クリックしていただけると、管理人の今後の励みになります。
↓こちらのクリックをお願いいたします↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング 
  
| capitao0707 | チャンピオンズリーグ | comments(0) | - |
ベンフィカが勝利、バレンシアも勝利
 ポルトガルサッカー専門ブログ「ポルトガルサッカーのすすめ」は、ブログランキングで、9位にダウン。
 ポルトガルのFIFAランク(8位)を下回ったまま、なかなか上へ上がっていくことができません。
 ポルトガル代表を一緒に応援してくださる方は、ブログランキングのクリックのご協力をよろしくお願いいたします。
↓一日一回クリックをお願いします。↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング
 
新潟県中越沖地震募金のお願い


 今朝、速報でお伝えしたとおり、ベンフィカはチャンピオンズリーグ予備予選3回戦のファーストレグで、コペンハーゲンに2対1で勝ちました。
 下は、そのハイライト動画です。
 ルイ・コスタの2ゴールをぜひとも目に焼き付けてください。


 
 1点目は、かなり距離がありましたが、ちょうどコースにDFが入って、GKは見づらかったように思います。
 同点ゴールは、ちょっと運も無かったように思いますが、あそこまで深く入り込まれたら危険だということです。
 2点目は、EURO2004の準々決勝を思い出させるような位置からのシュートです。
 やはり、ルイ・コスタは、一人でゲームを決めることができる特別な選手なのですね。
 いきなりこのような大活躍を見せてくれて、本当にうれしい限りです。
 ただし、ユニフォームを脱いだため、イエローカードをもらってしまいました。

 この日のメンバーの採点は、以下のとおり。

キム 3
ルイス・フィリペ 2
ルイゾン 2
ダビド・ルイス 3
レオ 3
ペチート 3
カツラニス 2
ルイ・コスタ 5(!)
ヌノ・アシス 4
カルドーソ 4
ベルゲッシオ 2

ファビオ・コエントラン 3
アドゥ 2
ヌノ・ゴメス 3

 ルイ・コスタの5が光っています。
 一人で勝ったようなものですから、当然の評価ですが。
 それから、ペチートですが、今回ポルトガル代表に招集されなかったのは、累積警告で出場停止のため。
(ちなみに、ウーゴ・アウメイダも、怪我もあるのでしょうが、レッドカードで退場になったため出場停止でした。)
  
 あとは、前半で退いたルイゾンの状態が気になります。
 どうやら負傷交代だったようです。
 場合によっては、2週間後にルイゾン抜きで戦わなければならないかもしれません。
 
 それから、実は私はヌノ・アシスという選手を評価しているのですが、この試合は良かったようです。
 確かドーピング問題から復帰できて、本人のモチベーションも相当高いものと思います。
 ルイ・コスタは、フルシーズンの活躍を期待したいところですが、やはり難しいと思いますので、シモンも抜けた今、ヌノ・アシスには期待しています。

 昨シーズンのチャンピオンズリーグでは、アウェーで全く振るわなかったので、セカンドレグは少し心配です。
 アウェーゴールも奪われてしまいました。
 先制点を奪うことができれば、圧倒的優位に立つことができます。
 ルイ・コスタのゴールに期待しましょう。
 というか、FW陣が奮起してくれないと。
 ヌノ・ゴメスは、やはりスタメンでしょう。


 さて、今朝は早起きして、バレンシア戦を観戦していたのですが、やはり格が違いました。
 3対0の快勝です。
 この日は、右サイドバックにミゲウではなくカネイラが入っていました。
 相手が相手だったということもあってか、積極的に前へ行っていたように思います。
 バレンシアは、問題無く本戦出場を決めそうです。

 今日は、このあとリバプールとセルティックの試合が行われます。
 セルティックついては、スカパー!でのプレミア放送が決定したので、中村俊輔を応援します。


 最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。
 今後も「ポルトガルサッカーのすすめ」をよろしくお願いいたします。
 今後も一緒にポルトガル代表を応援していただける方は、ブログランキングのクリックも1日1回お願いいたします。
 クリックしていただけると、管理人の今後の励みになります。
↓こちらのクリックをお願いいたします↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング 
  
| capitao0707 | チャンピオンズリーグ | comments(0) | - |
ルイ・コスタが2ゴールの大活躍!
 ポルトガルサッカー専門ブログ「ポルトガルサッカーのすすめ」は、ブログランキングで、9位にダウン。
 ポルトガルのFIFAランク(8位)を下回ったまま、なかなか上へ上がっていくことができません。
 ポルトガル代表を一緒に応援してくださる方は、ブログランキングのクリックのご協力をよろしくお願いいたします。
↓一日一回クリックをお願いします。↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング
 
新潟県中越沖地震募金のお願い


 チャンピオンズリーグ速報です。
 ベンフィカは、コペンハーゲンに2対1で勝ちました。
 アウェーゴールを1つ取られてしまいました。

 試合は、25分、なんとルイ・コスタが先制ゴール!
 記憶がある方がどれだけいるか分かりませんが、ルイ・コスタは、昨シーズンも予備予選3回戦でゴールを決めています。

(覚えてないという方は、こちらの動画をどうぞ)


 
 ところが、10分後、同点に追いつかれてしまいます。
 痛恨のアウェーゴール献上。
 はっきり言って、痛いです。

 結局、前半は1対1で終了。
 後半に入ると、スコアが全く動かず、このまま引き分けかと思われた86分、なんとルイ・コスタがこの日2点目のゴール!
 ルイ・コスタが1試合2ゴールなんて、いつ以来のことでしょうか。
 そして、そのまま逃げ切り、2対1でベンフィカが勝ちました。

 アウェーゴールを与えたのは痛いですが、とりあえず勝つには勝ちました。
 気になるのは、この日のスタメン。

GK:キム
DF:ルイス・フィリペ、ルイゾン、ダビド・ルイス、レオ
MF:ペチート、カツラニス、ルイ・コスタ、ヌノ・アシス
FW:カルドーソ、ベルゲシオ

 ペチートは出場しています。
 フェリポンがペチートを外した意図は、どこにあるのでしょうか?
 ミゲウ・ヴェローゾを見てみたかった?
 となれば、ミゲウ・ヴェローゾは出場のチャンスがあるかもしれません。
 また、ヌノ・ゴメスは控え。
 途中、ヌノ・アシスに代わって出場していますから、怪我ということではなさそうです。 

 それにしても、地味な陣容です。
 本戦に出場しても、グループステージを突破できそうにありません。
 あ、ちなみに、同点に追いつかれた直後、センターバックのルイゾンを外し、あのフレディ・アドゥが投入されています。
 こちらは、ちょっとだけ興味があります。

 今日の試合の動画については、後ほど掲載します。


 最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。
 今後も「ポルトガルサッカーのすすめ」をよろしくお願いいたします。
 今後も一緒にポルトガル代表を応援していただける方は、ブログランキングのクリックも1日1回お願いいたします。
 クリックしていただけると、管理人の今後の励みになります。
↓こちらのクリックをお願いいたします↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング 
  
| capitao0707 | チャンピオンズリーグ | comments(0) | - |
ミランが7度目の優勝
 ポルトガルサッカー専門ブログ「ポルトガルサッカーのすすめ」は、ブログランキングで、現在15位。
 一気にトップ10から大きく転落してしまいました。
 今後も一緒にポルトガル代表を応援してくださる方は、ブログランキングのクリックのご協力をよろしくお願いいたします。
↓一日一回クリックをお願いします。↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング


 チャンピオンズリーグ決勝は、ミランが2対1でリバプールを破り、2シーズン前のリベンジを果たしました。
 3シーズン前のリアソールでの大逆転負けから引きずっていた呪縛から解き放たれた瞬間でもありました。

 2対0になって、今度は大丈夫かと思いきや、1点返されてしまうと、三度の悪夢がよぎりました。
 しかし、今回はしっかりと逃げ切り、7度目の欧州王者となりました。
 
 なぜリバプールは、1トップだったのか。
 これが最大の疑問ということになるでしょう。

 まあ、何はともあれ今シーズンは終わりました。
 来シーズンこそ、マンUに優勝してもらいましょう。


 最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。
 今後も「ポルトガルサッカーのすすめ」をよろしくお願いいたします。
 応援いただける方は、ブログランキングのクリックを1日1回お願いいたします。
 クリックしていただけると、管理人の今後の励みになります。
↓こちらのクリックをお願いいたします↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング 
  
| capitao0707 | チャンピオンズリーグ | comments(0) | - |
チャンピオンズリーグ決勝間もなく
 ポルトガルサッカー専門ブログ「ポルトガルサッカーのすすめ」は、ブログランキングで、現在15位。
 一気にトップ10から大きく転落してしまいました。
 今後も一緒にポルトガル代表を応援してくださる方は、ブログランキングのクリックのご協力をよろしくお願いいたします。
↓一日一回クリックをお願いします。↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング


 いよいよ欧州サッカーのクライマックス、UEFAチャンピオンズリーグ決勝が行われます。
 ポルトガル的には、もはや無関係となったわけですが、やはりサッカーファンとしては見ないわけにはいきません。
 まずは、両チームの予想スタメンから。

リバプール
GK:レイナ
DF:フィナン、アッガー、キャラガー、リーセ
MF:ジェラード、マスチェラーノ、シャビ・アロンソ、ゼンデン
FW:クラウチ、カイト

ミラン
GK:ジーダ
DF:オッド、ネスタ、マルディーニ、ヤンクロフスキ
MF:ガットゥーゾ、ピルロ、アンブロジーニ、セードルフ、カカ
FW:ジラルディーノ

 両チームとも予想できるメンバーです。
 事前報道で、ゼンデンが微妙とありましたが、はたしてどうなのでしょうか。
 ダメな場合、キューウェルなんてこともありうるのでしょうか。
 ま、個人的には、あまり関係ありません。
 2年前ミラニスタだった私としては、ミランを応援するからです。

 今日の試合のポイントは、ミランが先制ゴールを奪えるかだと思います。
 ですから、カカとマスチェラーノというブラジルとアルゼンチンの中盤の戦いが大きな鍵を握ると考えています。

 
 ちなみに、今シーズンのバロンドールはカカで決まりでしょう。
 クリスティアーノ・ロナウドは、来シーズン獲得に向けて頑張ってもらいましょう。
 間違っても、再来年(2009年)には絶対にバロンドールを獲得しないよう気をつけてもらわねばなりません。


 最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。
 今後も「ポルトガルサッカーのすすめ」をよろしくお願いいたします。
 応援いただける方は、ブログランキングのクリックを1日1回お願いいたします。
 クリックしていただけると、管理人の今後の励みになります。
↓こちらのクリックをお願いいたします↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング 
  
| capitao0707 | チャンピオンズリーグ | comments(0) | - |
マンUとチェルシーはなぜ敗れたか
 ポルトガルサッカー専門ブログ「ポルトガルサッカーのすすめ」は、ブログランキングで、現在9位。
 一時的にトップ10に復帰しました。
 ただ、いつまた落ちてもおかしくありません。
 今後も一緒にポルトガル代表を応援してくださる方は、ブログランキングのクリックのご協力をよろしくお願いいたします。
↓一日一回クリックをお願いします。↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング


 UEFAチャンピオンズリーグは、ついに決勝進出チームが決まりました。
 残念ながら私の願望は打ち砕かれ、リバプール対ミランというカードに決まりました。
 勝敗を分けたのは、やはり『コンディション』だったのかなと考えています。
 4チームの週末のスタメンを見てください。
 
リバプール(土曜日:ポーツマス戦 1対2●)
GK:デュデク
DF:アルベロア、ヒーピア、パレッタ、インシュア
MF:ゴンサレス、シャビ・アロンソ、シソコ
FW:ファウラー、ベラミ、ゼンデン

チェルシー(土曜日:ボルトン戦 2対2△)
GK:チェフ
DF:ジェレミ、カルバーリョ、テリー、ブリッジ
MF:エッシェン、ミケル、ディアッラ
FW:フィリップス、シェフチェンコ、カルー

 まず、この2チームですが、リバプールはあからさま。
 完全にCLに的を絞っています。
 一方、チェルシーは苦戦してしまったのに加え、怪我人が出て、休ませたかったはずのランパード、ドログバ、J・コールを使ってしまいました。


ミラン(土曜日:トリノ戦 1対0○)
GK:ジダ
DF:カフー、ネスタ、ボネーラ、ファバッリ
MF:セードルフ、ピルロ、アンブロジーニ、ブロッキ
FW:ジラルディーノ、ロナウド

マンU(土曜日:エバートン戦 4対2○)
GK:ファン・デル・サール
DF:オシェイ、ブラウン、エインセ、エブラ
MF:スールシャール、キャリック、スコールズ、ギグス
FW:ルーニー、スミス

 ミランはカカがお休み。
 マンUは、結局ロナウドを使いました。
 
 セカンドレグの内容を見せ付けられると、チェルシーとマンUは完敗を認めざるを得ません。
 コンディションだけの問題ではないのでしょうが、改めてリーグとCL両方を制することの難しさを感じました。 

 それにしても、今朝のマンUはあまりにもひどくてガッカリしました。
 04-05シーズンから結局は差が縮まっていないのだと感じました。
 ミランというクラブの持つ底力を見ました。
 
 マンUとしては残念ですが、まだ若い選手が多いです。
 今回の経験を糧に、来シーズンこそ期待しましょう。
 そして、落ち込んでばかりもいられません。
 またすぐに週末のプレミアシップがやってきます。
 プレミアは優勝に王手がかかっているわけで、復権まであと一歩です。
 気持ちを切り替えて、がんばってもらいましょう。


 最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。
 今後も「ポルトガルサッカーのすすめ」をよろしくお願いいたします。
 応援いただける方は、ブログランキングのクリックを1日1回お願いいたします。
 クリックしていただけると、管理人の今後の励みになります。
↓こちらのクリックをお願いいたします↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング 
  
| capitao0707 | チャンピオンズリーグ | comments(6) | - |
マンU散る
 ポルトガルサッカー専門ブログ「ポルトガルサッカーのすすめ」は、ブログランキングで、現在9位。
 一時的にトップ10に復帰しました。
 ただ、いつまた落ちてもおかしくありません。
 今後も一緒にポルトガル代表を応援してくださる方は、ブログランキングのクリックのご協力をよろしくお願いいたします。
↓一日一回クリックをお願いします。↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング


 マンU、負けました。
 ヴィディッチが復帰したものの、守備は改善されず、前半早々に失点。
 30分にもミスから失点して万事休す。
 ショッツ・オン・ゴールが2では、勝ち目はありません。

 ロナウドは、カカと比べれば一目瞭然。
 まだバロンドールの器ではなかったようです。
 今日もプレーが軽い。
 ロナウドがさらなる成長を遂げるためには、今日は負けたほうがよいとさえ思いながら見ていました。

 04-05シーズンのリベンジならず。
 チェルシーもリベンジできず。
 ということは、リバプールの優勝で決定ですか?


 最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。
 今後も「ポルトガルサッカーのすすめ」をよろしくお願いいたします。
 応援いただける方は、ブログランキングのクリックを1日1回お願いいたします。
 クリックしていただけると、管理人の今後の励みになります。
↓こちらのクリックをお願いいたします↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング 
  
| capitao0707 | チャンピオンズリーグ | comments(2) | - |
ミラン対マンU戦プレビュー
 ポルトガルサッカー専門ブログ「ポルトガルサッカーのすすめ」は、ブログランキングで、現在9位。
 一時的にトップ10に復帰しました。
 ただ、いつまた落ちてもおかしくありません。
 今後も一緒にポルトガル代表を応援してくださる方は、ブログランキングのクリックのご協力をよろしくお願いいたします。
↓一日一回クリックをお願いします。↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング


 チェルシーが敗れました。
 ショックが少なからずあったのですが、『ヘキサゴン』を見ていたら吹っ飛びました。
 すごいな〜、後ろに並ぶアイドルたち。
 誰ですか、スザンヌって?
 この番組のスタッフは次から次へもの凄い逸材を連れてきますね。

 
 さて、話をCLに戻して、今朝のチェルシーの負け方は、正直完敗でした。
 先制ゴールを奪われて以降、もはやチェルシーに押し返す力は残っていないかのように映るほど、リバプールに圧倒されました。
 結果として、右サイドでFKを奪われ、それをゴールに結び付けられたわけで、ベニテスの右狙いが奏功した結果となりました。
 
 この結果、ポルトガル代表にとってクリスティアーノ・ロナウドのマンチェスター・ユナイテッドが最後の砦となりました。
 では、マンチェスター・ユナイテッドの予想スタメンです。

GK:ファン・デル・サール
DF:オシェイ、ファーディナンド、ブラウン、エインセ
MF:フレッチャー、キャリック、ロナウド、スコールズ、ギグス
FW:ルーニー
 
 アウェー仕様の4-2-3-1と予想されます。
 大きいのはファーディナンドとヴィディッチが招集されたことです。
 上記予想スタメンにはファーディナンドが入っていますが、ヴィディッチが入ることも考えられます。
 エブラが出場停止のため、エインセは左サイドバックとして起用したいところ。
 となれば、センターバックに二人のうちどちらかが加わってもらいたいところです。
 練習には復帰しているようですから、あとはコンディションの問題。
 そして、相手との兼ね合い。
 ここでミランの予想スタメン。

GK:ジダ
DF:オッド、ネスタ、カラーゼ、ヤンクロフスキ
MF:ガットゥーゾ、ピルロ、アンブロジーニ、カカ、セードルフ
FW:インザーギ

 マルディーニが外れ、カラーゼが入り、ジラルディーノが外れ、インザーギが入ると予想されています。
 ファーストレグではジラルディーノがほとんど機能していませんでしたから、このインザーギをいかに抑えるか。
 そして、2ゴールを許したカカをどう封じるかが最大の課題です。
 守備の観点からはファーディナンドの方が復帰してくれると良いのかもしれません。

 一方、アウェーでの戦いということを考えると、セットプレーが重要になってきそうです。
 ミランのセットプレー時の守備には一抹の不安がありますので、その点ではヴィディッチがいると大きな武器となりそうです。
 とにかく、どちらが復帰するにしろ、大きな復帰になると言えそうです。

 クリスティアーノ・ロナウドが決勝で躍動する姿を見たいです。
 ミラン戦での勝利とともに、イエローカードを受けないことを祈るだけです。


 最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。
 今後も「ポルトガルサッカーのすすめ」をよろしくお願いいたします。
 応援いただける方は、ブログランキングのクリックを1日1回お願いいたします。
 クリックしていただけると、管理人の今後の励みになります。
↓こちらのクリックをお願いいたします↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング 
  
| capitao0707 | チャンピオンズリーグ | comments(0) | - |
決勝進出はリバプール
 ポルトガルサッカー専門ブログ「ポルトガルサッカーのすすめ」は、ブログランキングで、現在9位。
 一時的にトップ10に復帰しました。
 ただ、いつまた落ちてもおかしくありません。
 今後も一緒にポルトガル代表を応援してくださる方は、ブログランキングのクリックのご協力をよろしくお願いいたします。
↓一日一回クリックをお願いします。↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング


 決勝に進出を決めたのは、チェルシーではなくリバプールでした。
 アッガーのゴールで1対0となり、そのまま試合終了。
 PK戦で、チェルシーはロッベンとジェレミがレイナに止められ万事休す。
 1対4で敗れました。
 ゴールを奪われ、ゴールを決められず、途中から投入した二人がPKを止められるという、采配としては最悪の結果です。

 チェルシーは、またしてもリバプールの前に屈しました。
 これにより、クアドルプルどころか、カーリングカップ1冠に終わるというモウリーニョ体制最悪のシーズンとなるかもしれません。
 もちろん、これだけの結果でも十分素晴らしいわけですが。
 
 来シーズンこそ悲願成就へ向け、がんばってもらいましょう。
 ビッググラブへの道は険しいです。


 最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。
 今後も「ポルトガルサッカーのすすめ」をよろしくお願いいたします。
 応援いただける方は、ブログランキングのクリックを1日1回お願いいたします。
 クリックしていただけると、管理人の今後の励みになります。
↓こちらのクリックをお願いいたします↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング 
  
| capitao0707 | チャンピオンズリーグ | comments(4) | - |
<new | top | old>