ポルトガルサッカーのすすめ

ポルトガル代表をはじめとする、ポルトガルサッカー専門ブログです。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>    
LINKS
※当ブログはリンクフリーです。ご自由にリンクを張ってください。
RECOMMEND
UEFAチャンピオンズリーグ2003/2004 ポルト 優勝への軌跡
UEFAチャンピオンズリーグ2003/2004 ポルト 優勝への軌跡 (JUGEMレビュー »)

現在のポルトガル代表の主力、デコ、カルバーリョ、マニシェらの活躍がここに。モウリーニョに率いられ、欧州を制するまでのドラマを収録!
RECOMMEND
ジョゼ・モウリーニョ
ジョゼ・モウリーニョ (JUGEMレビュー »)
ルイス ローレンス, ジョゼ モウリーニョ, Lu´is Lourenco, Jos´e Mourinho, 西竹 徹, 西岡 明彦
本人公認本が日本上陸。現在世界で最も有名な監督の一人が、どのようにして誕生したか、秘話が満載です。
RECOMMEND
Cristiano Ronaldo (Artnik Football)
Cristiano Ronaldo (Artnik Football) (JUGEMレビュー »)
Michael O'Connell
W杯ドイツ大会までのC・ロナウドを書いた本です。洋書です。英語が分からなくても、写真集として楽しめます。
RECOMMEND
マヌエル・ルイ・コスタ〜ポルトガルが生んだフィールドのマエストロ〜
マヌエル・ルイ・コスタ〜ポルトガルが生んだフィールドのマエストロ〜 (JUGEMレビュー »)

ポルトガルサッカー史上最高の司令塔、マヌエル・ルイ・コスタのフィオレンティーナ時代の映像を収録!
RECOMMEND
ポルトガル・サッカー物語
ポルトガル・サッカー物語 (JUGEMレビュー »)
市之瀬 敦
村上龍氏推薦!「ポルトガルサッカー、それは魔術的だ。驚異的な技術だけがそれを可能にした」
RECOMMEND
2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD 「ポルトガル代表 戦いの軌跡」
2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD 「ポルトガル代表 戦いの軌跡」 (JUGEMレビュー »)

ポルトガル代表40年ぶりのベスト4進出!欧州西端の小国がドイツを舞台に披露した見事な戦いをここに収録!
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
マンUの攻撃陣は目覚めず
 ポルトガルサッカー専門ブログ「ポルトガルサッカーのすすめ」は、ブログランキングで、8位へダウン。
 ただ、なんとかトップ10に踏みとどまっております。
 ポルトガル代表を一緒に応援してくださる方は、ブログランキングのクリックのご協力をよろしくお願いいたします。
↓一日一回クリックをお願いします。↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング
 

 昨夜はマンチェスター・ユナイテッド対サンダーランド戦を観戦しておりました。
 ロナウド欠場最後の試合で、アンデルソンが初スタメン。
 なんとか、後半にセットプレーから途中出場のサハのゴールで1対0と勝ちましたが、5試合で3ゴールと、昨シーズン優勝の原動力となった破壊的攻撃力は鳴りを潜めています。
 
 それにしても、開幕当初から怪我人が多すぎです。
 これで、リオかヴィディッチ、あるいはエブラが怪我をしたらどうするのだろうか、と心配になってしまいます。
 今夏は、中盤より前の補強に終始し、最終ラインにテコ入れをしなかったわけですが、はたしてこれが正しかったのかどうか。
 現時点では疑問符が付きますが、その評価はシーズンがもう少し進んでからということになるでしょう。

 それから、現在、中盤のセンターは、スコールズとハーグリーブスという組み合わせがファーストチョイスとなっているようですが、これもいかがなものでしょうか。
 昨シーズンは、スコールズとキャリックの組み合わせだったわけですが、この2枚の組み合わせこそが攻撃の要となっていたわけです。
 ハーグリーブスは、ボール奪取能力こそあれ、パスセンスは持ち合わせていないと見ています。
 現在のマンチェスター・ユナイテッドの攻撃が単調なのは、ロナウドとルーニーの不在に加え、この中盤に原因があるのではないかと考えています。
 
 もちろん、シーズンは長いわけで、試合をこなしながらベストの布陣を見出していってもらえればと思います。
 昨日は、ギグスに代わってスタメンに入ったイーグルスがさっぱりだったことも、攻撃陣が低調だった理由としてあるでしょう。
 次からはロナウドが復帰するわけで、少しは攻撃に変化が出てくるかもしれません。
 そして、サハの復帰も大きいと思います。
 ルーニーも驚異的な回復力を見せているようで、予定よりもはるかに早い時期に復帰できそうです。
 怪我人が戻ってくれば、マンUの強さも戻ってくるものと信じたいと思います。


 今日は、各国試合が行われますが、注目したいのは、やはりイタリア・ユベントス。
 ティアゴとアンドラーデが気になります。
 来週控えるEURO2008予選へ向けてということになると、アンドラーデはどれだけのプレーを披露できるか。
 カルバーリョが怪我、そしてペペも怪我という状況下にあって、アンドラーデはおそらくメイラとのコンビで天王山を戦うことになるはずです。
 したがって、今日のカリアリ戦でどのようなパフォーマンスを披露してくれるかは、大変気になるところです。
 
 また、ティアゴに関しては、そもそもスタメンとして試合に出場できるかどうか。
 今回、代表にマニシェが復帰しています。
 どうやらマニシェのコンディションは良さそうで、所属のアトレチコでも試合に出場できていることから、マニシェがスタメンを奪うことも十分考えられます。
 そもそもマニシェが代表のレギュラーだったわけですから、当然のことと言えるかもしれません。
 どちらにしても、ティアゴにとっては、クラブ・代表ともに苦しい時期を迎えつつあるようです。


 もう一人、バルセロナのデコも気になります。
 アルメニア戦は、あまりにも酷いパフォーマンスに終始してしまいました。
 バルセロナでの開幕戦は、結局スタメンをイニエスタに奪われる形となり、後半途中からの出場に終わっています。
 あれから、どこまでコンディションを上げることができているか。
 ポルトガルの心臓とも言える存在なのですから、できればスタメンで出場してほしいのですが、まずはコンディションが上がっているかどうか。
 途中出場でもかまわないので、試合には出てもらい、コンディションを上げてもらいたいと思っています。

 さて、リーガエスパニョーラといえばWOWOWですが、第2節は放送があったようです。
 ただし、限定的な国際配信のようで、バルセロナの試合はまだ日本では見ることができないようです。
 早く問題が解決して、思う存分リーガも楽しみたいものです。
 バルセロナ以上に、アトレチコ・マドリーを早く見たいです。



 最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。
 今後も「ポルトガルサッカーのすすめ」をよろしくお願いいたします。
 今後も一緒にポルトガル代表を応援していただける方は、ブログランキングのクリックも1日1回お願いいたします。
 クリックしていただけると、管理人の今後の励みになります。
↓こちらのクリックをお願いいたします↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング 
  
| capitao0707 | プレミアシップ | comments(2) | - |
ナニが鮮烈ゴールでマンUを救う
 ポルトガルサッカー専門ブログ「ポルトガルサッカーのすすめ」は、ブログランキングで、現在9位。
 なんとかトップ10に踏みとどまっております。
 EURO2008予選アルメニア戦に臨むポルトガル代表の勝利を一緒に祈ってくださる方は、ブログランキングのクリックのご協力をよろしくお願いいたします。
↓一日一回クリックをお願いします。↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング
 

 昨夜のマンチェスター・ユナイテッド対トッテナム戦。
 ポルトガルの新星ナニが、マンUに今季初白星をもたらしました。
 その戦列ゴールの動画は、こちら。
 


 「目が覚めるよう」とは、まさにこのこと。
 素晴らしいゴールです。
 そして、バク転も初お披露目。
 
 結局、このゴールが決勝点となり、マンUは今季初勝利となりました。
 ただ、昨シーズン、圧倒的な攻撃力でプレミアを制したチームが、ミドル一発のみとは寂しい限りです。
 やはり、ルーニーの離脱は相当大きいようです。
 王者の悩みは、しばらくの間、続くことになりそうです。
 
 
 ポルトガルリーグの一大決戦、ポルト対スポルティングのクラシコは、ホームのポルトが勝利。
 スーペルタッサの雪辱を晴らしました。
 下は、そのハイライト動画です。



 バックパスをストイコビッチが手で扱ってしまったため、ゴールエリアのライン上からの間接フリーキックとなりました。
 これを、ポルトがものにして、虎の子の1点を守り切りました。
 ポルトは、これで連勝スタート。
 今シーズンも優勝候補の筆頭であることをアピールしました。
 

 最後に、バレンシアに触れないわけにはいきません。
 開幕戦は、信じられないような大敗。
 ビジャレアル相手に、メスタージャで0対3と敗れました。
 しかも、ビジャとホアキン、二人の退場者を出してしまいました。
 開幕直前に、キケ・フローレス監督とルベン・バラハの衝突が話題となりましたが、嫌な流れは断ち切れていなかったようです。
 
 ミゲウは、前半のみの出場。
 またケガでしょうか。
 こちらも気になるところです。

 そのバレンシアですが、攻撃的なMFの獲得を模索してきましたが、8月最後の週、遂に獲得に至りました。
 選手の名は、マヌエル・フェルナンデス。
 バレンシアのポルトガル代表3人目の選手となります。
 てっきりエヴァートン行きと思っていましたが、土壇場でバレンシア行きとなりました。
 ヴィアナは活躍できませんでしたが、フェルナンデスは活躍できるのでしょうか。
 ここで活躍すれば、再び代表への道が開けます。

 マニシェが代表復帰に意欲的な姿勢をみせていますし、スポルティング戦でゴールを決めたラウル・メイレレスも、代表に定着しつつあります。
 また、新星ミゲウ・ヴェローゾが登場したりと、中盤は競争が激しいポジションになっています。
 自らの存在価値を高めるような活躍に期待したいと思います。
 

 最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。
 今後も「ポルトガルサッカーのすすめ」をよろしくお願いいたします。
 今後も一緒にポルトガル代表を応援していただける方は、ブログランキングのクリックも1日1回お願いいたします。
 クリックしていただけると、管理人の今後の励みになります。
↓こちらのクリックをお願いいたします↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング 
  
| capitao0707 | プレミアシップ | comments(0) | - |
ロナウド退場、カルバーリョ負傷交代
 ポルトガルサッカー専門ブログ「ポルトガルサッカーのすすめ」は、ブログランキングで、9位にダウン。
 ポルトガルのFIFAランク(8位)を下回ったまま、なかなか上へ上がっていくことができません。
 ポルトガル代表を一緒に応援してくださる方は、ブログランキングのクリックのご協力をよろしくお願いいたします。
↓一日一回クリックをお願いします。↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング
 
新潟県中越沖地震募金のお願い


 昨日のプレミアリーグは、ポルトガル的には非常に残念な結果に終わりました。
 まずは、マンチェスター・ユナイテッド
 開幕から、まさかの2戦連続ドロー。
 ウェイン・ルーニーの故障という想定外のアクシデントによって、ポーツマス戦のスタメンは以下のとおり。

GK:ファン・デル・サール
DF:ブラウン、ファーディナンド、ヴィディッチ、エブラ
MF:ロナウド、キャリック、スコールズ、ナニ
FW:テベス、ギグス

 ナニとテベスという新戦力が初スタメン。
 そして、スコールズが復帰してきました。
 しかし、ゴールは、スコールズの1点のみ。
 初スタメンのナニとテベスは、動き自体は悪くなかったと思いますが、やはり周囲とのコンビネーションはまだまだという印象を受けました。
 
 クリスティアーノ・ロナウドは、レッドカードで退場。
 次節出場停止です。
 EUROの予選に向けてという意味では、休養できるので、そちらについてはプラスかと。
 
 この日のロナウドは、ほぼ右サイドに張り付く形だったように感じました。
 ナニが左に張り付いたわけですが、この二人、逆の方が良かったのではないかと思いました。
 ロナウドは、中央に切り込んで右足でシュートを打つことができる左サイドの方が力を発揮できるのではないかと考えています。
 左サイドに張り付く必要はありませんが、適宜サイドチェンジを行うなどして、左サイドでもプレーできるようにすべきだったと思います。
 また、ロナウドと最も相性が合うのは、ルーニーとエブラだと思っていますので、左サイドにロナウドがいけば、エブラとのコンビネーションで崩すこともできたのではないでしょうか。
 
 今シーズンのマンUは、2試合で1ゴールと、昨シーズンのタイトル奪還の原動力となった攻撃陣が沈黙し、勝ち点を2しか稼いでいません。
 この現状を打破するためには、ロナウドの奮起が絶対に必要となります。
 特に、序盤はルーニーが不在となりますから、彼が復帰するまでは、ロナウドには大活躍をしてもらわなければなりません。
 にもかかわらず、レッドカードを受けてしまいました。

 次は、シティとのマンチェスター・ダービーです。
 巨大資本を手に入れ、名将と好選手を獲得し、連勝スタートと波に乗っています。
 少なくとも、昨シーズンのような楽なダービーにはならないでしょう。
 ここは、ナニの活躍に期待したいところです。

 続いて、チェルシー
 パウロ・フェレイラがスタメンに名を連ね、うれしかったのですが、カルバーリョが負傷してしまいました。
 結局、交代。
 おまけに、パウロ・フェレイラは前半のみでベンチに退きました。
 ダニエウ・アウベス獲得に近づいているようですから、獲得実現となればパウロ・フェレイラの出番は激減することは間違いありません。
 カルバーリョの負傷の程度は、まだ分かりません。
 場合によっては代表辞退ということもあるのでしょうか。
 チェルシーは、なんだかんだで2連勝。
 王座奪回へ向け、一応順調に勝ち点を稼いでいます。

 現在の首位は、エバートン。
 ヌノ・ヴァレンテは、ベンチ入りしたものの、出番なし。
 ただ、怪我がちということもあって、放出の可能性がありそうです。
 獲得の意思があるのが、フランス・リーグアンのサンテティエンヌのようです。
 また、昨シーズンの後半にレンタルで加入していたマヌエル・フェルナンデスは、ベンフィカに1度戻ったものの、どうやらエバートンに再加入することになるようです。
 ベンフィカとしては痛いです。
 フェルナンデスは、逸材と言われていたにもかかわらず、今ではすっかり忘れられた存在のようになっていますから、今シーズンはレギュラーとして活躍しれくれることを期待しています。

 
 それから、チャンピオンズリーグ予備予選3回戦で、ブレーメンのウーゴ・アウメイダがゴールを決めています。
 ハイライト動画は、こちら。


 
 本当ならば、最初のシュートで決めておかないといけません。
 まだまだ粗いですね。
 ポルトガル代表のレギュラーへの道は険しいです。
 
 ポルトガル代表のストライカーといえば、パリ・サンジェルマンのパウレタを忘れるわけにはいきません。
 パウレタは、3戦目にして今シーズン初ゴールを決めました。
 動画はこちら。



 憎らしいほど落ちついてゴールを決めました。
 さすがです。
 ただし、チームはこの後、3失点で逆転負け。
 昨シーズンに続いて、地元パルク・デ・プランスでロリアンに敗れました。
 また、パウレタが出場機会を求めて、移籍をほのめかす発言をしています。
 こちらも今後の動向が気になるところ。
 リーグアンで実績が十二分にあり、また紳士としても知られているパウレタですから、来て欲しいというクラブはいくらでもあるでしょう。
 移籍するなら、リーグ制覇を狙えるクラブへ移籍してもらいたいですね。

 さて、今日はUEFAカップ予選2回戦が行われ、アトレチコ・マドリーが登場し、セルビアのボイボディナと対戦します。
 戦前の予想スタメンは、以下のとおり。

GK:レオ・フランコ
DF:セイタリディス、パブロ、ペレア、ペルニア
MF:マキシ・ロドリゲス、マニシェ、ラウル・ガルシア、シモン
FW:アグエロ、フォルラン

 報道では、4-4-2になるのではないかということですが、はっきりしたことは分かりません。
 また、ゼ・カストロとコスティーニャは、メンバーからも外れたようです。
 ここは、シモンとマニシェにがんばってもらいましょう。


 最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。
 今後も「ポルトガルサッカーのすすめ」をよろしくお願いいたします。
 今後も一緒にポルトガル代表を応援していただける方は、ブログランキングのクリックも1日1回お願いいたします。
 クリックしていただけると、管理人の今後の励みになります。
↓こちらのクリックをお願いいたします↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング 
  
| capitao0707 | プレミアシップ | comments(0) | - |
プレミアリーグ放送決定!
 ポルトガルサッカー専門ブログ「ポルトガルサッカーのすすめ」は、ブログランキングで、9位にダウン。
 ついにポルトガルのFIFAランク(8位)を下回ってしまいました。
 スカパー!の対応に不満のある方、そしてポルトガル代表を一緒に応援してくださる方は、ブログランキングのクリックのご協力をよろしくお願いいたします。
↓一日一回クリックをお願いします。↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング
 
新潟県中越沖地震募金のお願い


 今日は13日。
 私は、墓参りに行き、そのまま久しぶりに顔を合わせた親戚と飲みまくり、先ほど帰宅したばかりです。
 帰宅して、とりあえずネットをチェックしてみたところ、朗報が飛び込んできておりました。
 スカパー!のプレミアリーグ放送が、正式に決定していました。
 ブンデスやアルゼンチンを手放したのは痛恨ではありますが、まずは最重要ポイントであったプレミアを押さえてくれました。
 これで、ようやく安心して07-08シーズンを楽しむことができそうです。
 おまけに、9月8日に行われる、EURO2008予選の山場、ポルトガル対ポーランド戦の生中継も決定しています。
 
 そういえば、明日はポルトガル代表のメンバー発表です。
 ペペは代表に名前を連ねるのでしょうか。
 また、不安が異常なまでに募るFW陣は、一体どうなってしまうのでしょうか。
 こちらは本当に心配です。

 それにしても、プレミアは本当にホッとしました。
 ただし、クラブTVは無くなってしまうんですよね。
 J SPORTSとしては、プレミアに加えて、プレミアのクラブTVまで獲得するというのは予算的に厳しかったのでしょう。
 
 3シーズンの間、J SPORTSでの放送が決定したことで、今後の放送は各節2試合の生中継となるのでしょうか。
 ちなみに、次の15日(水)に行われる試合は、ポーツマス対マンU、レディング対チェルシー戦が生中継されます。
 もし2試合だとすれば、今後、アーセナルやリバプールの試合も生中継されるでしょうから、マンUやチェルシーの試合を見る機会が減ることになるかもしれません。
 セリエAもそうですが、サッカー中継が縮小傾向にありそうです。
 Jリーグばかりではなく、欧州サッカーにも力を入れてもらいたいですね。
 

 最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。
 今後も「ポルトガルサッカーのすすめ」をよろしくお願いいたします。
 今後も一緒にポルトガル代表を応援していただける方は、ブログランキングのクリックも1日1回お願いいたします。
 クリックしていただけると、管理人の今後の励みになります。
↓こちらのクリックをお願いいたします↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング 
  
| capitao0707 | プレミアシップ | comments(0) | - |
マヌエル・フェルナンデスはエバートンへ行くの?
 ポルトガルサッカー専門ブログ「ポルトガルサッカーのすすめ」は、ブログランキングで、9位にダウン。
 ついにポルトガルのFIFAランク(8位)を下回ってしまいました。
 スカパー!の対応に不満のある方、そしてポルトガル代表を一緒に応援してくださる方は、ブログランキングのクリックのご協力をよろしくお願いいたします。
↓一日一回クリックをお願いします。↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング
 
新潟県中越沖地震募金のお願い


 プレミアやブンデスが見れないなら、せめてアルビがガンバに勝ってくれればと願っていましたが、願いも叶わず1対3と完敗。
 そして、サンダーランド対トッテナム戦のプレミア開幕を確認し、寂しい思いにふけっている管理人です。

 ドイツ王者シュツットガルトはシャルケとの開幕戦で引き分けに終わりました。
 下は、そのハイライト動画です。



 メイラの髪が伸びています。
 そして、同点ゴールの場面では、ラキティッチに振り切られました。
 これからですね。

 それにしても、いろいろなアングルからカメラが映像を押さえていますね。
 これは一体何なんでしょうか?
 スタジアムの構造なのか、上から映像を撮るカメラがあるのか。
 確かドイツの試合で、高いところまでアームが伸びている機械を見た記憶があるのですが、それがカメラだったのでしょうか。

 ま、それはさておき、ドイツ開幕。
 そして、プレミア開幕。
 ああ・・・。
 開幕した感が全くありません。
 もちろん、「あれ」が理由です。
 
 全くテンションが上がりませんが、移籍の噂を一つ。
 マヌエル・フェルナンデスに移籍の噂が浮上しています。
 移籍先は、昨シーズンの後半を過ごしたエバートン。
 ベンフィカ側は残留と言っているようですが、真相はどちらなのでしょうか。
 

 それにしても、最近、海外のソースを調べようという気力も薄れているんですよね。
 やはり、理由は「あれ」なんですけどね。
 本当にテンションが上がらず、困っています。
 「あそこ」は、きちんとした発表をする義務があると思うんですけどね。
 ブログは、楽しく書き綴るものだと思うのですが、最近は、ため息をつきながら書くことが多くて・・・。
 来週は、何らかの進展があることを期待します。
 いや、期待しない方がいいのかも。


 最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。
 今後も「ポルトガルサッカーのすすめ」をよろしくお願いいたします。
 今後も一緒にポルトガル代表を応援していただける方は、ブログランキングのクリックも1日1回お願いいたします。
 クリックしていただけると、管理人の今後の励みになります。
↓こちらのクリックをお願いいたします↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング 
  
| capitao0707 | プレミアシップ | comments(0) | - |
ロナウドは欠場、ナニがゴール!
 ポルトガルサッカー専門ブログ「ポルトガルサッカーのすすめ」は、ブログランキングで、7位にダウン。
 ただ、今のところ、ポルトガルのFIFAランクである8位を越えています。
 クリックは伸びていないようなので、今後もポルトガル代表を一緒に応援してくださる方は、ブログランキングのクリックのご協力をよろしくお願いいたします。
↓一日一回クリックをお願いします。↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング
 
新潟県中越沖地震募金のお願い

 
 スカパー!から今日何らかの発表があるというのは、やはり怪情報だったようです。
 ただ、土曜日に開幕を迎えるというのに、プレミア絡みのサッカーセット加入者に対して、ここまでアナウンスが無いというのは、スカパー!の怠慢としか思えません。
 スカパー!は、すでにプレミアの放映権を諦めており、残るはJ SPORTS頼みだと言われています。
 そうなると、生中継は、せいぜい1試合。
 まあ、生中継があるだけ良しとしなければならないのでしょうが、諦めきれないのも事実。
 今後の正式発表を待つことにしましょう。

 さて、プレミア開幕を前に、マンチェスター・ユナイテッドは水曜日、スコットランド・ベルファストにて、グレントランと最後のプレシーズンマッチを行いました。
 コミュニティーシールドで負傷したクリスティアーノ・ロナウドは、遠征に参加せず、試合も欠場。
 しかし、ロナウドがいなくても、ナニがいます。
 この最後のプレシーズンマッチで、ナニがゴールを決めました。
 下は、そのハイライト動画です。



 コースは若干甘いですが、なかなか良いシュートです。
 振りが速いですね。
 そして、バク宙はひねり入り。
 こちらは、キレ、抜群です。

 パク・チソンの回復が遅れていることから、ナニは戦力として計算に入れなければなりません。
 スタメン起用も度々あることでしょう。
 ただし、大目に見てあげなければなりません。
 ロナウドでさえ、昨シーズンの大活躍は4シーズン目の出来事です。
 いきなり結果を求めるのは、酷というもの。
 長い目で見てあげましょう。
 
 最後のインタビューは、ファーガソン監督ではなく、元名古屋グランパスエイト監督のアシスタントコーチ、カルロス・ケイロスが答えています。
 理由は、この記事。

 「ファーガソン監督引っ越し中にマンUは2カ所で親善試合

 偉大な監督も、奥さんには頭が上がらないようで(苦笑)。
 それだけ、余裕があるということかもしれません。
 
 こうなると、開幕戦が楽しみ・・・といきたいところですが、スカパー!の件もあって、テンションが上がって来ないというのも事実です。
 早くなんとかしてもらいたいものです。
 ここ数日、愚痴ばかりこぼしている管理人でした。


 最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。
 今後も「ポルトガルサッカーのすすめ」をよろしくお願いいたします。
 今後も一緒にポルトガル代表を応援していただける方は、ブログランキングのクリックも1日1回お願いいたします。
 クリックしていただけると、管理人の今後の励みになります。
↓こちらのクリックをお願いいたします↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング 
  
| capitao0707 | プレミアシップ | comments(2) | - |
ロナウドとシモンに明暗
 ポルトガルサッカー専門ブログ「ポルトガルサッカーのすすめ」は、ブログランキングで、7位にダウン。
 先週、大量にクリックしてもらった分の貯金で、一時的に順位が浮上しています。
 今のところ、ポルトガルのFIFAランクである8位を越えています。
 今後もポルトガル代表を一緒に応援してくださる方は、ブログランキングのクリックのご協力をよろしくお願いいたします。
↓一日一回クリックをお願いします。↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング
 
新潟県中越沖地震募金のお願い


 現在、ポルトガルのウイングのレギュラーは、マンチェスター・ユナイテッドのクリスティアーノ・ロナウドとアトレチコ・マドリーのシモン・サブロサです。
 この二人の明暗がはっきり分かれました。
 まずは、”明”のクリスティアーノ・ロナウドから。
 
 昨日行われた、プレミアの幕開けを告げるコミュニティーシールドで、マンチェスター・ユナイテッドが勝利。
 ロナウドも勝利に貢献しました。
 下は、その試合の様子を報じたTV番組の動画です。



 試合は、プレミア王者マンチェスター・ユナイテッドがギグスのゴールで先制すると、FAカップ王者チェルシーも新加入マルダのゴールで前半のうちに追いつきます。
 その後はスコアが動かず、決着はPK戦へ。
 そこで、ファン・デル・サールが神がかり的なセーブを連発。
 最後はルーニーが決めて、マンチェスター・ユナイテッドが勝利を収めました。

 試合全体を見ていませんから何とも言えませんが、マンチェスター・ユナイテッドもチェルシーも優勝候補であることに変わりは無いでしょう。
 ただし、両チームとも、現段階で怪我人が多発しています。
 これ以上怪我人が出るのは、ともに厳しいです。
 今週末の開幕戦へ向け、両チームとも、期待と不安が半々といったところかもしれません。

 ロナウドは、ゴールこそありませんでしたが、良いプレーを披露していたようです。
 浦和レッズ戦から始まった新シーズンのプレーで、ロナウドは昨シーズンの活躍がまぐれでないことを証明しています。
 これで、ポルトガルの両翼のうち一枚は、やはりロナウドで安泰です。
 こちらは、アルメニア戦から大活躍が期待できそうです。

 一方、”暗”のシモン。
 先日のラツイオ戦で、いきなり負傷です。
 左肩を脱臼して、途中交替してしまいました。
 Goal.comの記事によれば、「左肩鎖骨先端に重度1の脱臼を負った」とのころです。
 「重度1」というのがよく分かりませんが、場合によっては22日のアルメニア戦は欠場しなければならないのではないでしょうか。

 「シモンはテーピングで故障箇所を固定し、激しい痛みをこらえながらアムステルダム・アレーナを後にした」そうです。
 これは最悪の場合、9月のポーランド・セルビアとの天王山にまで影響を与えかねません。
 来週14日には、アルメニア戦に向けたポルトガル代表メンバーの発表があります。
 間に合えばよいのですが、ちょっと微妙な情勢です。
 
 移籍直後に負傷ということで、アトレチコでのシモンの立場が若干危ういものとなってしまいました。
 脱臼ですから、復帰までに数ヶ月もかかるものではありませんので、大きな心配はしていません。
 しかし、大きな期待をされて加入した選手ですから、怪我で離脱するということはマイナスであることに間違いありません。
 アトレチコでの地位を確立するためにも、早く復帰して、しっかりポジションをモノにしてもらいたいと願っています。
 そして、アトレチコをCL出場圏内に押し上げるべく、大活躍することを期待しています。
 

 最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。
 今後も「ポルトガルサッカーのすすめ」をよろしくお願いいたします。
 今後も一緒にポルトガル代表を応援していただける方は、ブログランキングのクリックも1日1回お願いいたします。
 クリックしていただけると、管理人の今後の励みになります。
↓こちらのクリックをお願いいたします↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング 
  
| capitao0707 | プレミアシップ | comments(2) | - |
コミュニティーシールドも見れません
 ポルトガルサッカー専門ブログ「ポルトガルサッカーのすすめ」は、ブログランキングで、7位にダウン。
 先週、大量にクリックしてもらった分の貯金で、一時的に順位が浮上しています。
 今のところ、ポルトガルのFIFAランクである8位を越えています。
 今後もポルトガル代表を一緒に応援してくださる方は、ブログランキングのクリックのご協力をよろしくお願いいたします。
↓一日一回クリックをお願いします。↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング
 
新潟県中越沖地震募金のお願い


 今日は、毎度おなじみポルトガル代表サッカー雑誌掲載情報です。
 まずは、『ワールドサッカーキング』。
 付録のポスターが、クリスティアーノ・ロナウドです。
 私は購入していないので、実際のポスターを確認していませんが、ひょっとしたら新シーズンのユニフォームかもしれません。
 ロナウドファンは、早速新しいユニフォームに身を包んだロナウドを部屋に飾ってみると良いのでは?
 
 続いて、『ワールドサッカーダイジェスト』。
 マンチェスター・ユナイテッドに移籍したナニのインタビューが掲載されています。
 満面の笑みを浮かべるナニの写真が印象的です。
 「クリスティアーノ・ロナウド2世」と呼ばれることは好きじゃないとはっきり語っています。
 素晴らしいことです。
 「ロナウド2世」ではなく、ナニとして世界に知られる日も近いことでしょう。

 そして、『ワールドサッカーマガジン』。
 こちらには、ユベントスに移籍したティアゴのインタビューが掲載されています。
 インテルのフィーゴとの対戦が楽しみだそうです。
 フィーゴといえば、ポルトガルサッカー史上最高のプレーヤーの一人。
 フィーゴとマッチアップするティアゴの姿を見ることができるかもしれません。
 復活するイタリア・ダービーが楽しみです。
 (ユベントスが降格を経験したのに、「イタリア・ダービー」という言葉は続くのでしょうか?)


 さて、今回は欧州各国シーズンが開幕直前ということもあって、各サッカー雑誌とも開幕前のチーム分析が行われています。
 当ブログとしては、来週のプレミア開幕に合わせて、来週中のどこかでマンチェスター・ユナイテッドとチェルシーの特集は組もうと思っていました。
 しかし、そこへマンチェスター・ユナイテッドのビッグニュースが飛び込んできました。
 かねてから問題となっていたテベス問題がついに決着。
 ウェストハムがテベスの退団を発表しました。
 これにより、テベスのマンチェスター・ユナイテッド移籍が事実上決定しました。
 また、アラン・スミスのニューカッスルへの放出も決定しています。

 これにより、アレックス・ファーガソン卿の今シーズンの補強は終了です。
 テベスを加えたメンバーで、まずはシーズン前半を戦います。
 昨シーズンは、終盤に怪我人が続出し、失速しましたが、今シーズンは開幕前から怪我人が多く、ベストメンバーで戦うことができる日が来るのかどうか心配です。

 まず、プレシーズンマッチでスコールズが負傷し、開幕戦は絶望的となりました。
 それから、パク・チソンも未だに回復せず、シーズンの前半は出場できません。
 同じく、ルイ・サハとガリー・ネビルもリハビリ中で、開幕戦には間に合わないと見られています。
 また、新戦力のハーグリーブスは怪我でプレシーズンマッチに出場していないようですし、アンデルソンはようやくチームに合流し、昨日のドンカスターとのプレシーズンマッチに出場しました。
 ナニも足に若干の不安を抱えています。
 この現状から、明日のコミュニティーシールドの布陣を以下のメンバーと予想しました。

GK:ファン・デル・サール
DF:ブラウン、ファーディナンド、ヴィディッチ、エブラ
MF:ロナウド、キャリック、フレッチャー、ギグス
FW:ルーニー、イーグルス

 プレシーズンの様子を見る限り、こんなところでしょうか。
 ロナウドをフォワード起用し、フレッチャーを右、中央にオシェイを配置するという布陣もありえます。
 ナニの状態が良ければ、ルーニーの1トップにし、中央にギグス、両翼にロナウド&ナニというパターンもあるのではないでしょうか。
 
 それにしても、開幕から苦しい台所事情となっています。
 はたして、フルシーズン戦うことができるのでしょうか。
 ナニやアンデルソンは、使わざるを得ない状況になりそうです。
 彼らにしてみれば大チャンスですが、応援する側としては心配です。
 
 それ以上の心配は、当ブログで何度も書いてきましたが、スカパー!なんですけどね。
 昨シーズンは見ることができた、プレミア開幕を告げるコミュニティーシールドを見ることができません。
 もはや絶望的な状況となっています。
 昨シーズン、WOWOWでリーガエスパニョーラが問題ありましたが、まさかスカパー!でその問題が繰り返されることになろうとは。
 一日も早い解決を心待ちにしています。
 
 ちなみに、今日スカパー!のHPをよ〜く見て分かりましたが、FAカップの放送予定も無いそうです。
 プレミア全滅ですか?
 スカパー!は、何を考えているのやら・・・
 

 最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。
 今後も「ポルトガルサッカーのすすめ」をよろしくお願いいたします。
 今後も一緒にポルトガル代表を応援していただける方は、ブログランキングのクリックも1日1回お願いいたします。
 クリックしていただけると、管理人の今後の励みになります。
↓こちらのクリックをお願いいたします↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング 
  
| capitao0707 | プレミアシップ | comments(0) | - |
動画エミレーツカップ2日目
 ポルトガルサッカー専門ブログ「ポルトガルサッカーのすすめ」は、ブログランキングで、現在6位。
 先週、大量にクリックしてもらった分の貯金で、一時的に順位が浮上しました。
 現在のポルトガルのFIFAランクである8位は越えました。
 今後もポルトガル代表を一緒に応援してくださる方は、ブログランキングのクリックのご協力をよろしくお願いいたします。
↓一日一回クリックをお願いします。↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング
 
新潟県中越沖地震募金のお願い


 今日は、昨日行われたエミレーツカップの2日目です。
 昨日はちゃんと見ました。

 まずは、バレンシア対パリ・サンジェルマンの試合から。
 衝撃のPSG、3対0の圧勝劇。
 下は、ハイライト動画です。

Valencia - PSG | All Goalsã?¢ã??ã??ã?­ã?¼ã??æ?½è¡?è?? GOAAAAL


 PSGのメンバーは、正直よく分かりません。
 ジェペスが出ていたことは記憶していますが、あとレギュラークラスがどれだけいるのか、さっぱり分かりません。
 バレンシアがメンバーを落としていたように思いましたが、それでも3対0は予想していませんでした。
 
 最も、これは開幕の時期の差とも言えるのかもしれません。
 PSGの方は、いよいよ今週末に迫る開幕戦が迫っているのに対し、バレンシアの方は、2週間後のチャンピオンズリーグ予備予選3回戦。
 そう考えれば、PSGが勝つのは当然かもしれません。
 PSGは、4日にソショーと戦います。
 ぜひともパウレタのラストを飾るべく、素晴らしいシーズンとしてもらいたいものです。

 もう一試合は、アーセナル対インテル。
 下は、そのハイライト動画です。

Friendly : Arsenal 2 - 1 Inter Milan : 29/07/2007ã?¢ã??ã??ã?­ã?¼ã??æ?½è¡?è?? BMiuVee

 
 アーセナルもインテルも分からないです。
 アーセナルの場合、やはりファン・ペルシの出来次第なのかなと。
 やはり、マンU・チェルシーの方が総合的には上と見ます。

 インテルは、やはり分かりません。
 こちらは、開幕まで時間があるため、まだまだのように思います。
 正当な評価をするには、もうしばらくかかるでしょう。
 
 ただ、正当な評価をしようにも、試合を見ることができなければ、どうすることもできません。
 プレミアとセリエAの放送は、はたしてあるのでしょうか。
 セリエAは、まだ時間がありますし、集めた情報を総合すると、従来どおりの放送は可能だと信じています。
 しかし、プレミアは絶望的。

List of Premier League Broadcasters (2007-08)
  
 wikiのプレミア放送予定リストを見ると、見事にJapanが抜けています。
 だめだ、こりゃ。


 最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。
 今後も「ポルトガルサッカーのすすめ」をよろしくお願いいたします。
 今後も一緒にポルトガル代表を応援していただける方は、ブログランキングのクリックも1日1回お願いいたします。
 クリックしていただけると、管理人の今後の励みになります。
↓こちらのクリックをお願いいたします↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング 
  
| capitao0707 | プレミアシップ | comments(2) | - |
動画エミレーツカップ1日目
 ポルトガルサッカー専門ブログ「ポルトガルサッカーのすすめ」は、ブログランキングで、相変わらず12位のまま。
 浮上のきっかけさえ掴めません。
 現在のポルトガルのFIFAランクくらいまでは順位を上げたいと考えておりますので、今後もポルトガル代表を一緒に応援してくださる方は、ブログランキングのクリックのご協力をよろしくお願いいたします。
↓一日一回クリックをお願いします。↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング
 
新潟県中越沖地震募金のお願い


 先日、エミレーツカップが楽しみだ、とブログに書いたにもかかわらず、アジアカップの3位決定戦に気を取られ、インテル対バレンシア戦を見逃した管理人です。
 完全に忘れていました。
 アジアカップでの積極性の無い日本の戦いに半ば呆れていました。
 そして、思いました。
 「クリスティアーノ・ロナウドは凄い選手なのだ」と。

 さて、本題のエミレーツカップですが、インテルバレンシア戦は、後から結果を調べてみると、バレンシアが2対0で勝利。
 下は、その動画です。
(Youtubeではなくdailymotionにしてみました) 
 

Inter Milan V Valencia SSN Match report
ã?¢ã??ã??ã?­ã?¼ã??æ?½è¡?è?? fredFiftyFour

 
 まず、試合前の通路で、二人の選手が抱き合っています。
 勘の良い方なら、映像を見て、すぐに分かったでしょう。
 インテルのフィーゴとバレンシアのエルゲラの二人です。
 ご存知、元レアル・マドリーのチームメイトです。
 
 試合は、ガビランとビジャのゴールでバレンシアの勝利。
 インテルはどちらかというと若手を試したらしいので、この試合のみで今シーズンの準備の状況を評価することはできません。
 最終ラインには、ローマからキブを加えることになりましたので、その点を含めても、まだ分からないというのが現実でしょう。
 
 一方のバレンシアは、かなりレギュラーを揃えたようですが、まず心配はないでしょう。
 昨シーズンのように、怪我人続出の事態にでも陥らない限り、優勝争いに絡むだけの戦いができると思います。
 アジャラが抜けた最終ラインとアルベルダに何かあったときは、ちょっと怖いように感じます。

 もう一試合のアーセナル対パリ・サンジェルマン戦は、きっちり観戦しました。
 下は、その動画です。


Arsenal V PSG 28.07.07 SSN Match report
ã?¢ã??ã??ã?­ã?¼ã??æ?½è¡?è?? Nvboy


 アーセナルは、分からないです。
 若手へ切り替えている時期ですが、これが良い方へ向くか、悪い方へ向くか、紙一重のような気がします。
 うまくかみ合えば、プレミア制覇は難しいと思いますが、チャンピオンズリーグ圏内は確保できるでしょう。
 ただ、アーセナルのサッカーも日本代表のように、パスは回れどシュートは打たず、というような傾向もあり、決定力に欠けるところがあります。
 よって、ファン・ペルシが昨シーズンのように怪我で離脱した場合、5位以下への転落さえあると考えています。

 一方、パリ・サンジェルマンの方はというと・・・。
 正直言って、打倒リヨンとはいかなそうです。
 パウレタのラストシーズンとしては、寂しいシーズンになってしまうことでしょう。
 チャンピオンズリーグはおろか、UEFAカップも難しいと思います。

 今日は、このあと2試合行われますので、見逃さないようにしたいと思います。


 最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。
 今後も「ポルトガルサッカーのすすめ」をよろしくお願いいたします。
 今後も一緒にポルトガル代表を応援していただける方は、ブログランキングのクリックも1日1回お願いいたします。
 クリックしていただけると、管理人の今後の励みになります。
↓こちらのクリックをお願いいたします↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング 
  
| capitao0707 | プレミアシップ | comments(4) | - |
<new | top | old>