ポルトガルサッカーのすすめ

ポルトガル代表をはじめとする、ポルトガルサッカー専門ブログです。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>    
LINKS
※当ブログはリンクフリーです。ご自由にリンクを張ってください。
RECOMMEND
UEFAチャンピオンズリーグ2003/2004 ポルト 優勝への軌跡
UEFAチャンピオンズリーグ2003/2004 ポルト 優勝への軌跡 (JUGEMレビュー »)

現在のポルトガル代表の主力、デコ、カルバーリョ、マニシェらの活躍がここに。モウリーニョに率いられ、欧州を制するまでのドラマを収録!
RECOMMEND
ジョゼ・モウリーニョ
ジョゼ・モウリーニョ (JUGEMレビュー »)
ルイス ローレンス, ジョゼ モウリーニョ, Lu´is Lourenco, Jos´e Mourinho, 西竹 徹, 西岡 明彦
本人公認本が日本上陸。現在世界で最も有名な監督の一人が、どのようにして誕生したか、秘話が満載です。
RECOMMEND
Cristiano Ronaldo (Artnik Football)
Cristiano Ronaldo (Artnik Football) (JUGEMレビュー »)
Michael O'Connell
W杯ドイツ大会までのC・ロナウドを書いた本です。洋書です。英語が分からなくても、写真集として楽しめます。
RECOMMEND
マヌエル・ルイ・コスタ〜ポルトガルが生んだフィールドのマエストロ〜
マヌエル・ルイ・コスタ〜ポルトガルが生んだフィールドのマエストロ〜 (JUGEMレビュー »)

ポルトガルサッカー史上最高の司令塔、マヌエル・ルイ・コスタのフィオレンティーナ時代の映像を収録!
RECOMMEND
ポルトガル・サッカー物語
ポルトガル・サッカー物語 (JUGEMレビュー »)
市之瀬 敦
村上龍氏推薦!「ポルトガルサッカー、それは魔術的だ。驚異的な技術だけがそれを可能にした」
RECOMMEND
2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD 「ポルトガル代表 戦いの軌跡」
2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD 「ポルトガル代表 戦いの軌跡」 (JUGEMレビュー »)

ポルトガル代表40年ぶりのベスト4進出!欧州西端の小国がドイツを舞台に披露した見事な戦いをここに収録!
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
非常事態!ルーニー骨折、そして・・・
 ポルトガルサッカー専門ブログ「ポルトガルサッカーのすすめ」は、ブログランキングで、9位にダウン。
 ついにポルトガルのFIFAランク(8位)を下回ってしまいました。
 スカパー!の対応に不満のある方、そしてポルトガル代表を一緒に応援してくださる方は、ブログランキングのクリックのご協力をよろしくお願いいたします。
↓一日一回クリックをお願いします。↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング
 
新潟県中越沖地震募金のお願い


 遂にクリスティアーノ・ロナウドの所属するマンチェスター・ユナイテッドが始動しました。
 しかし、4強の中で唯一勝ち星を逃し、レディング相手にスコアレスドローに終わってしまいました。

 気になったのは、FW陣。
 プレシーズンにも試していたルーニーとロナウドの2トップでスタートしたようです。
 しかし、ルーニーが前半のみの出場で、後半からはナニと交替しています。
 これは、ルーニーが負傷したに違いないと思い、調べてみると、どうやら左足を骨折した模様。
 回復までにかかる時間は、今のところ未定のようです。
 マンUを引っ張る両輪のうち、1つが欠けてしまいました。
 テベスが来週から登場することになると思いますが、それでも非常に痛いです。
 ルーニーとテベスの2トップを想定していたわけですから。
 早くもプレミア連覇に赤信号が灯ったと言っても過言ではありません。

 試合の映像も見たいと思い、Youtubeを調べると、ハイライト動画を発見したので、それをチェックすべくクリックしました。
 しかし、こちらも予想外の事態が待っていました。
 画面が変わると、動画が再生されるはずのところなのですが、動画は存在せず、私の目に赤い文字が飛び込んできました。

「この動画は、著作権法上の権利が侵害されたとのNetResultによる申し立てにより削除されました。」
 
 なんと!
 当ブログでもYoutubeに対するプレミアの訴訟を何度かお伝えしてきましたが、早くも動画が見れないことになりました。
 まさかと思い、当ブログで過去に紹介した動画をチェックしてみたのですが、全滅です。
 困りました。
 万が一、スカパー!がプレミアの放映権獲得に失敗した場合、スポーツニュースでゴールシーン程度しか見ることができないという、ポルトガルリーグよりも酷い事態に陥ることを意味しています。
 
 これは、日本のプレミアファンにとって、大変深刻な事態です。
 スカパー!には、一刻も早く交渉をまとめ上げてもらいたいところ。
 はたして、その行方は何処へ。 


 最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。
 今後も「ポルトガルサッカーのすすめ」をよろしくお願いいたします。
 今後も一緒にポルトガル代表を応援していただける方は、ブログランキングのクリックも1日1回お願いいたします。
 クリックしていただけると、管理人の今後の励みになります。
↓こちらのクリックをお願いいたします↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング 
  
| capitao0707 | マンチェスター・U | comments(2) | - |
ロナウドがソウルでもゴール!
 ポルトガルサッカー専門ブログ「ポルトガルサッカーのすすめ」は、ブログランキングで、8位にダウン。
 あっという間に、クリックしてくださる方が減ってしまいました。
 今後もポルトガル代表を一緒に応援してくださる方は、ブログランキングのクリックのご協力をよろしくお願いいたします。
↓一日一回クリックをお願いします。↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング
 
新潟県中越沖地震募金のお願い


 昨日、マンチェスター・ユナイテッドは、韓国でソウルFCとプレシーズンマッチを行いました。
 結果は、4対0でマンチェスター・ユナイテッドが完勝を収めました。
 そして、我らがクリスティアーノ・ロナウドがこの試合でも先制点となるゴールを決めました。
 さらに、前半にイーグルス、ルーニーが追加点。
 後半にはエブラがゴールを決めています。
 下は、全ゴールのハイライト動画です。
 


 まだ7月なのに、マンチェスター・ユナイテッドはハイパフォーマンスを披露しています。
 これでは、絶対にシーズンの最後までは持たないでしょう。
 どこで落とすのでしょうか?
 ちょっと心配です。
 ただ、新シーズンへ向けた準備は順調に進んでいるようで、それについては安心できそうです。
 あとは、怪我人だけが心配です。
 
 マンチェスター・ユナイテッドのアジアツアー、次の訪問地は中国です。


 最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。
 今後も「ポルトガルサッカーのすすめ」をよろしくお願いいたします。
 今後も一緒にポルトガル代表を応援していただける方は、ブログランキングのクリックも1日1回お願いいたします。
 クリックしていただけると、管理人の今後の励みになります。
↓こちらのクリックをお願いいたします↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング 
  
| capitao0707 | マンチェスター・U | comments(4) | - |
動画大特集!さいたまシティカップ
 ポルトガルサッカー専門ブログ「ポルトガルサッカーのすすめ」は、ブログランキングで、現在7位。
 おかげさまで、トップ10をキープすることができています。
 本当にありがとうございます。
 ただ、これまでの貯金がものをいっているところがありますので、今後の順位が心配です。
 今後もポルトガル代表を一緒に応援してくださる方は、ブログランキングのクリックのご協力をよろしくお願いいたします。
↓一日一回クリックをお願いします。↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング
 
新潟県中越沖地震募金のお願い


 今日は、昨日行われたマンチェスター・ユナイテッド対浦和レッズ戦の動画特集です。
 我らがクリスティアーノ・ロナウドは、プレシーズンマッチとは思えないようなパフォーマンスを披露して、マン・オブ・ザ・マッチに輝きました。
 それでは、順を追って動画をご紹介していきましょう。 

 まずは、浦和レッズ・内館の先制ゴールから。



 無回転で変化しています。
 ただ、ファン・デル・サールほどのキーパーなら、止めて欲しかったです。

 後半に入って、マンUのパフォーマンスは落ちるのではないかと思いましたが、ギアを上げてきました。
 そして、生まれたフレッチャーの同点ゴールです。



 特筆すべきは、この日最も動きの良かった選手の一人、ルーニーのボールをさらう動きではないでしょうか。
 抜け目なくこういうところを狙っているというプレーから、この日のルーニーが、ただのプレシーズンマッチとは思えないモチベーションで臨んでいたと想像できます。

 そして、この日のハイライト、クリスティアーノ・ロナウドのゴールです。



 あの位置で1対1のシチュエーションを作られたら、大抵やられるでしょう。
 末恐ろしい限りです。
 コンディションがどのくらいだったのか気になります。
 ある程度整ったコンディションだったとしたら、開幕からハイパフォーマンスが期待できそうです。
 ただ、さすがに1年間キープすることは不可能なわけで、冬に1回落とし、そしてリーグ終盤、CLのクライマックス、そしてEURO2008へ向けて再びコンディションを上げていく、ということになるのでしょう。

 試合数の多い現代サッカーでは、どこにコンディションのピークを持っていくかということがもの凄く重要になってきています。
 ですから、シーズンの中でも必ず良い時期と悪い時期があるわけで、見る側もその当たりの認識を持って見なければならないわけです。

 最後のゴールは、小野伸二の同点ゴールです。



 これは素晴らしいゴールです。
 マンUのDF陣を手玉に取りました。
 伊達にフェイエノールトで、チームの中心として活躍していません。
 これなら、もう一度海外から声が掛かる可能性さえあるでしょう。

 そして、試合終了。
 試合後は、選手のインタビュー。
 もちろん相手はクリスティアーノ・ロナウドです。



 昨日も書きましたが、横顔ばかりです。
 もう少しなんとかならなかったのでしょうか。

 そして最後は、マン・オブ・ザ・マッチに選ばれたロナウドの表彰の模様です。



 あっという間の夢物語のような試合でした。
 試合を見に行った方が、本当にうらやましいです。
 良い思い出になったことでしょう。
 これをきっかけにマンUファン、そしてポルトガルファンが増えてくれることを願うばかりです。

 ちなみに、日刊スポーツには面白い記事があったので、ロナウドファンの方は読んでみてください。
 「C・ロナウド、美技の“コツ”肩にあり
 

 最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。
 今後も「ポルトガルサッカーのすすめ」をよろしくお願いいたします。
 今後も一緒にポルトガル代表を応援していただける方は、ブログランキングのクリックも1日1回お願いいたします。
 クリックしていただけると、管理人の今後の励みになります。
↓こちらのクリックをお願いいたします↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング 
  
| capitao0707 | マンチェスター・U | comments(0) | - |
ロナウドがさいたまでゴール!
 ポルトガルサッカー専門ブログ「ポルトガルサッカーのすすめ」は、ブログランキングで、8位にダウン。
 ただ、トップ10をキープすることができています。
 本当にありがとうございます。
 ただ、これまでの貯金がものをいっているところがありますので、今後の順位が心配です。
 今後もポルトガル代表を一緒に応援してくださる方は、ブログランキングのクリックのご協力をよろしくお願いいたします。
↓一日一回クリックをお願いします。↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング


 クリスティアーノ・ロナウド、日本でゴール!!!
 
 今日、さいたまシティカップが行われ、マンチェスター・ユナイテッドが、クリスティアーノ・ロナウドが日本でプレーしました。
 
 まずは、スタメンを見てビックリ!
 以下が今日のスターティングメンバーです。

GK:ファン・デル・サール
DF:ブラウン、ファーディナンド、ヴィディッチ、えぶら
MF:フレッチャー、キャリック、ロナウド、スコールズ、ギグス
FW:ルーニー

 ほぼベストメンバーではありませんか!
 生で見れた人がうらやましい。

 そして、新ユニフォームにビックリ・・・、というか唖然。
 今日のための特別仕様かと思っていたのですが、これが新シーズンモデルですか。
 正直、Tシャツかと思いました。
 背中の縦のラインは、アリですかね。
 いや、ナシか?
 ちょっと、判断に迷います。

 試合は、後半しか見ていないのですが、ロナウドは良かったです。
 日本のファンは、ポルトガル代表のエース、クリスティアーノ・ロナウドを存分に堪能できたのではないでしょうか。

 ハイライトは、後半7分。
 センターサークル内でパスを受けたギグスが、左のスペースへ走るロナウドへアウトサイドのパス。
 これをペナルティエリアの外で受けたロナウドが、横へ一気にエリア内進入。
 そして、右足一閃。
 ボールはDFに当たりながら、ゴールマウスに吸い込まれました。
 ロナウドの得意のパターンは、今シーズンも健在です。

 ロナウドは、結局フル出場したのですが、今の時期でこのパフォーマンスだと、ちょっと心配になります。
 まだ、プレシーズン最初の試合だというのに、これではフルシーズンもちません。
 ただ、これが全くコンディションが出来上がっていない状態であるとすれば、コンディションが整った時のパフォーマンスのレベルは一体どこまで行くことになるのでしょうか。
 そう考えれば、末恐ろしい話です。

 ナニを見ることができなかったのは残念。
 こちらは、プレミアを待ちたいと思います。

 それにしても、プレシーズンのサービスのような試合で、素晴らしい試合を披露してくれました。
 私は、新潟にやってきたバレンシアのあまりにもひどいパフォーマンスを見せられてガッカリした記憶があるのですが、今日のマンUなら十分満足です。
 今シーズンの初戦とは思えないパフォーマンスを披露してくれました。
 スタジアムでプレーを見たファンの方は、幸せです。
 うらやましい。

 最後は、クリスティアーノ・ロナウドのインタビュー。
 ただ、立ち位置が悪く、ロナウドのハンサムなフェイスをしっかり見ることができず、横顔ばかり見せられてしまいました。
 これだけ男前ですから、ポルトガル代表の人気は今後10年安泰です。


 最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。
 今後も「ポルトガルサッカーのすすめ」をよろしくお願いいたします。
 今後も一緒にポルトガル代表を応援していただける方は、ブログランキングのクリックも1日1回お願いいたします。
 クリックしていただけると、管理人の今後の励みになります。
↓こちらのクリックをお願いいたします↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング 
  
| capitao0707 | マンチェスター・U | comments(0) | - |
マンU、優勝へ王手!
 ポルトガルサッカー専門ブログ「ポルトガルサッカーのすすめ」は、ブログランキングで、現在9位。
 一時的にトップ10に復帰しました。
 ただ、いつまた落ちてもおかしくありません。
 今後も一緒にポルトガル代表を応援してくださる方は、ブログランキングのクリックのご協力をよろしくお願いいたします。
↓一日一回クリックをお願いします。↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング


 先ほどマンチェスター・ダービーが終了しました。
 結果は、クリスティアーノ・ロナウドが自ら得たPKを決め、虎の子の1点を守りきり、アウェーのユナイテッドが勝利を飾りました。
 この結果、日曜日に試合を控えるチェルシーとの勝ち点差は8となり、チェルシーが明日アーセナルに勝つことができない場合、マンチェスター・ユナイテッドの02-03シーズン以来となるリーグ優勝が決定します。

 シティ・オブ・マンチェスターで行われた今日の試合は、ホームのシティがユナイテッドを圧倒とまではいかないものの、気迫のこもったプレーでユナイテッドに自分たちのサッカーをさせません。

 しかし、ロナウドを一瞬離した隙にPKを奪われてしまいました。
 後半には、シティもPKを得ますが、ファン・デル・サールが見事にセーブ。
 ユナイテッドはCLショックもあってか、自分たちのサッカーはほとんどできませんでしたが、なんとか勝利をものにし、優勝へ向けて王手をかけました。

 場合によっては、明日優勝が決定します。
 昨シーズン、マンUは目の前でチェルシーに優勝を決められてしまいましたから、借りを返すべく、次節に持ち越してくれたらと考えていたりもするのですが、早く決まるに越したことはありません。
 明日の一戦が今から待ち遠しいです。


 最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。
 今後も「ポルトガルサッカーのすすめ」をよろしくお願いいたします。
 応援いただける方は、ブログランキングのクリックを1日1回お願いいたします。
 クリックしていただけると、管理人の今後の励みになります。
↓こちらのクリックをお願いいたします↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング 
  
| capitao0707 | マンチェスター・U | comments(2) | - |
マンチェスター・ユナイテッド緊急事態
 ポルトガルサッカー専門ブログ「ポルトガルサッカーのすすめ」は、ブログランキングで現在8位。
 いよいよ、いつトップ10から転落してもおかしくない状況となってしまいました。
 ポルトガル代表選手を応援してくださる方は、ブログランキングのクリックのご協力をよろしくお願いいたします。
↓一日一回クリックをお願いします。↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング

 
 昨日、マンチェスター・ユナイテッドは、FAカップ準決勝でワトフォードを4対1で破り、見事に決勝進出を果たしました。
 クリスティアーノ・ロナウドは、同点に追いつかれた直後に勝ち越しゴールを決めて、勝利に大きく貢献。
 いよいよタイトルまであと一つとなりました。

 しかし、報道にもあるとおり、オシェイが離脱し、さらに試合中にリオ・ファーディナンドまで負傷交代。
 本職が左サイドバックのエブラを右サイドで起用していただけに、大きなアクシデントです。
 この日はフレッチャーが代わりに入り、センターバックにブラウンと左サイドにいたエインセ、エブラは左に回り、中盤が本職のフレッチャーが右サイドに入りました。

 一時のチェルシーでさえ、レギュラーセンターバックのリカルド・カルバーリョはいたわけですが、マンUはレギュラーセンターバックが二人ともいなくなってしまいました。
 これは大変な事態です。
 
 昨日のエントリーでも書いたとおり、ここから先は毎週2試合をこなしていかなければなりません。
 それなのに、最終ラインに選手がいません。
 
 ファーディナンドのケガの詳細については、いまのところ不明ですが、おそらくミッドウィークのシェフィールド戦は欠場することとなるでしょう。
 ファーガソン監督は、あまり長い欠場にはならないのではないかと見ているようですが、実際にそのようになることを願うばかりです。
 
 オシェイについては、すぐ戻ることができそうですし、もうすぐガリー・ネビルが戻ってくるという情報もあります。
 ケガ人が復帰するまでに、首位に踏みとどまることができるかどうか。
 そして、ミランとのファーストレグで、どのようなメンバーが揃うのか。
 もはや気が気ではありません。
 

 最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。
 今後も「ポルトガルサッカーのすすめ」をよろしくお願いいたします。
 応援いただける方は、ブログランキングのクリックを1日1回お願いいたします。
 クリックしていただけると、管理人の今後の励みになります。
↓こちらのクリックをお願いいたします↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング 
  
| capitao0707 | マンチェスター・U | comments(0) | - |
ロナウドがユナイテッドと契約延長に合意
 ポルトガルサッカー専門ブログ「ポルトガルサッカーのすすめ」は、ブログランキングで現在8位。
 いよいよ、いつトップ10から転落してもおかしくない状況となってしまいました。
 ポルトガル代表選手を応援してくださる方は、ブログランキングのクリックのご協力をよろしくお願いいたします。
↓一日一回クリックをお願いします。↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング


 チャンピオンズリーグのマンチェスター・ユナイテッドのパフォーマンスを見て、今朝のベンフィカにも期待していたのですが、まさかの結果にがっくしです。
 エスパニョールなら、いくらスペイン勢に勝っていないとはいえ、なんとかなると思ったのですが、甘く見たのが間違いでした。
 やはり、ファーストレグの3失点が痛かったという結果になりました。

 さて、そうなると、今日は腑抜けのようになってしまい、ブログのネタにも困ってしまうわけでして・・・。
 ということで、困ったときは移籍ネタ。
 今日もスポーツナビに面白いネタがいくつも出ておりました。
 その中でも、やはり注目はモウリーニョとクリスティアーノ・ロナウドの話題。

 レアル・マドリーが二人を狙っているらしいです。
 ま、無いですかね。
 チェルシーがモウリーニョを手放すことはあっても、レアル・マドリーがモウリーニョを獲得することが無いような気がします。
 やはり報道のとおり、シュスターで行くのではないかと思っています。
 カペッロ継続は無いと見ています。

 それから、もう見飽きた感のあるロナウドの移籍話ですが、どうやら決着したようです。
 マンチェスター・ユナイテッドが、ロナウドとの契約延長合意を発表しました。
 期間は、2012年まで。
 よって、今夏の移籍は無くなったと見てよいでしょう。
 となれば、日本のクリスティアーノ・ロナウド・ファンの皆様。
 チャンピオンズリーグは、本気で応援した方が良いですよ。
 CLに優勝すれば、「ご褒美」が待っています。

 ちなみに、週末はプレミア、ありません。
 いや、あるのですが、ユナイテッドとチェルシーは、FAカップ準決勝を行います。
 そのため、プレミアはしばらくの間、変則的な日程になります。
 とりあえず、週末はフジテレビ739でロナウドとカルバーリョ、パウロ・フェレイラを応援するということになります。
 ともに勝ち上がれば、FAカップの決勝は、いろいろな意味で相当盛り上がることになるでしょう。
 

 最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。
 今後も「ポルトガルサッカーのすすめ」をよろしくお願いいたします。
 応援いただける方は、ブログランキングのクリックを1日1回お願いいたします。
 クリックしていただけると、管理人の今後の励みになります。
↓こちらのクリックをお願いいたします↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング 
  
| capitao0707 | マンチェスター・U | comments(0) | - |
クリスティアーノ・ロナウドのワンマンショー
※先日より、新URLで運営しております。
 新URLは⇒http://soccer.portugalnosusume.com/ です。
 お気に入りやRSSリーダーに登録している方は、変更をお願いいたします。
 旧URLのブログの方は、数日後に削除する予定です。
 誠に恐縮ですが、何卒よろしくお願いいたします。


 ポルトガルサッカー専門ブログ「ポルトガルサッカーのすすめ」は、ブログランキングで現在8位。
 いつトップ10から転落してもおかしくない状況にです。
 各国で戦うポルトガル代表選手たちを応援してくださる方は、ブログランキングのクリックのご協力をよろしくお願いいたします。
↓一日一回クリックをお願いします。↓
サッカー情報なら人気ブログランキング


 昨夜は、マンチェスター・ユナイテッド対ボルトン戦を観戦。
 結果は4対1でマンUの快勝でした。
 前半は、クリスティアーノ・ロナウド・ショーとでも言うべきでしょうか。
 前半に挙げた3ゴールすべてに絡む大活躍。
 前半で勝負は決しました。
 ただ、手放しでは喜べません。
 負傷者が相次ぐ中、ガリー・ネビルもこの試合で負傷。
 どうやら3週間離脱するとのことで、チャンピオンズリーグ・準々決勝の出場は微妙な状況です。
 下は、前半のハイライト動画です。



 もう一つの動画は、ロナウドと代わって入ったアラン・スミスから、最後はルーニーが決めた4点目のゴールです。



 チェルシーも勝ちましたので、勝ち点差は6のまま。
 ただ、ここに来て怪我人が目立ち始めています。
 怪我人が戻ってきているチェルシーとの戦力差は歴然。
 ここからが、本当の勝負の始まりとなりそうです。


 このような動画記事をもっと増やしてほしいという方は、管理人への応援の意味も兼ねて、ブログランキングのクリックをお願いいたします。
↓こちらのクリックをお願いいたします↓
最新サッカー情報なら、人気ブログランキング 
 
 

  
| capitao0707 | マンチェスター・U | comments(0) | - |
ポルトガル代表がピッチにいない
 ポルトガルサッカー専門ブログ「ポルトガルサッカーのすすめ」は、ブログランキングで8位のまま。
 今日もなんとかトップ10をキープしております。
 ただ、いつトップ10から転落してもおかしくない状況なので、今後もEURO2008予選突破に向けてポルトガル代表を応援してくださる方は、ブログランキングのクリックのご協力をよろしくお願いいたします。
↓一日一回クリックをお願いします。↓
サッカー情報なら人気ブログランキング


 昨夜はがっかりしました。
 見る試合見る試合、ことごとくお目当てのポルトガル代表選手がピッチ上にいませんでした。

 まず、シュツットガルト対ブレーメン戦を観戦。
 フェルナンド・メイラはキャプテンマークを巻いて登場しましたが、ウーゴ・アウメイダはスタメンを外れ、ベンチスタートとなりました。
 30分後にマンチェスター・ユナイテッド対チャールトンの試合が始まるため、前半25分のみの観戦だったのですが、いや〜、これが面白い。
 ワールドカップの影響かもしれませんが、攻撃サッカーが展開されています。
 ただ、シュツットガルトがここまで効果的な攻撃を繰り広げるチームだとは思いもよりませんでした。
 あっという間に2ゴールを奪い、「ヘルプスト・マイスター(前半を首位で折り返したチームのこと)」ブレーメンを圧倒します。
 その後、1点を返されたところで25分たったので、マンU戦にチャンネルを変えました。

 ちなみに、この試合の試合結果をチェックしてみると、前半のうちにシュツットガルトが追加点を奪い、3対1で前半終了。
 ところが、後半に入って間もなく、フェルナンド・メイラが途中交代。
 あ〜、これはやってしまったなと思っていたところ、コメントで情報をいただきました。
 どうやら復帰まで何ヶ月もかかるような大怪我ではなさそうです。
 とりあえず一安心。
 ただ、次節はどうでしょう。
 とりあえず、3月の代表戦には問題無いと思いますが、気をつけてもらいたいものです。
 
 結局、試合は終了間際にさらに追加点を奪ったシュツットガルトが4対1でブレーメンを圧倒しました。
 ブレーメンのこの大惨敗は、私としても予想外でした。
 まるで、シャルケとの決戦に敗れたショックを引きずっているかのようです。
 同日試合を行っていたシャルケがヘルタに勝ったため、上位3チームの勝ち点は、
 シャルケ 48
 ブレーメン 42
 シュツットガルト 41
と、シャルケが頭一つ抜け出し、シュツットガルトがブレーメンに肉薄しています。
 王者バイエルンは、現在勝ち点34で、今日この後ビーレフェルトと対戦します。
 マガトを更迭し、ヒッツフェルトを呼び戻しましたが、初戦は惨敗。
 いよいよ後がない状況となりました。
 今日敗れると、いよいよチャンピオンズリーグへ向けて、後がない状況となります。
 シュツットガルトを応援する身としては、もちろんバイエルン敗退をねがっているのですが、どうなることでしょうか。


 さて、話の時系列を戻すと、マンU戦にチャンネルを変えたわけですが、なんとロナウド君がいないではありませんか。
 風邪だそうで。
 仕方ありません。
 ということで、あっさりチェルシー戦へチャンネルチェンジ。
 すると、パウロ・フェレイラはいますが、リカルド・カルバーリョがいないではありませんか。
 風邪だそうで。
 う〜ん、結局悩んだ末に、ミドルスブラにアベル・シャビエルもいるので、チェルシー戦をチョイス。
 がんばれ!パウロ・フェレイラ!
 
 それにしても、先日のブラジル戦でそこそこの動きを見せていたパウロ・フェレイラは、おそらくスタメン起用されるだろうと思っていたのですが、やはりモウリーニョ監督も同じことを考えていたようです。
 ただ、この日は守備優先なのか、上がって来てほしいタイミングに、右のスペースに誰もいない。
 そこへパウロ・フェレイラが走りこんでクロスを入れるとか、一工夫するとかあればよかったのですが、何もなし。
 したがって、チェルシーの攻撃は単調で、どうもゴールの匂いがしません。
 こうなるとセットプレーが鍵を握ることになると思っていたところ、前半終了直前のFKをドログバが決めて、チェルシーが先制。
 
 後半には、記録上はシャビエルのオウンゴールですが、戻ってきたロッベンが流れを変えて、ロッベンのゴールといってもよいでしょう。
 最後にもう一つドログバがFKを決めて、3対0で難敵ミドルスブラを撃破しました。
 これで、ドログバは、この日お休みしたロナウドとのゴール差を2にして、再び単独得点王に躍り出ました。

 正直、アクシデントがなければ、今シーズンの得点王はドログバでしょう。
 アンリはちょっと今からでは間に合わないと思いますし、ロナウドはストライカーではありませんから、やはり厳しいでしょう。
 
 そのロナウドのいるマンUは、チャールトン相手に2対0で勝利。
 パク・チソンがゴールを決めたようで。
 この人ががんばってくれれば、ロナウドないしギグスはお休みをとることができます。
 
 プレミアの順位に目を向けると、3位リバプールがニューカッスルに敗れました。
 これにより、密かに逆転優勝を目論んでいたラファ・ベニテスの希望は、完全に打ち砕かれました。
 これで優勝争いは、完全にマンUとチェルシーのマッチレースになったと言ってよいでしょう。
 4月14日に行われるスタンフォード・ブリッジでの直接対決の頃には、一体どのような状況となっているのでしょうか。
 非常に楽しみです。


 あとは、フランスです。
 リヨンはようやく悪い流れを断ち切り、12月以来の勝利。
 しかし、ティアゴがいません。
 何かあったのでしょうか。
 何もなければよいのですが。

 それから、パリ・サンジェルマンもルグエン就任後初白星ですか。
 モナコにパルク・デ・プランスで勝利し、16位に浮上。
 パウレタは出場していましたが、ゴールは無し。
 18位のニースと勝ち点2差しかありませんので、まだ予断を許さない状況です。
 次節でナンシーに勝てば、ようやく降格争いから片足だけ抜け出すことが出来そうです。
 ぜひがんばってもらいましょう。

 さて、今日は昨夜の影響からか、すでに眠いです。
 この勢いで一気に寝て、早起きしてアトレチコ戦に備えたいと思います。
 

 最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます。
 今後も「ポルトガルサッカーのすすめ」をよろしくお願いいたします。
↓一日一回クリックお願いいたします↓
最新サッカー情報なら、人気ブログランキング  
  
| capitao0707 | マンチェスター・U | comments(0) | - |
クリスティアーノ・ロナウドの移籍を否定
 ポルトガルサッカー専門ブログ「ポルトガルサッカーのすすめ」は、ブログランキングで8位にダウン。
 ただ、今日もなんとかトップ10をキープしております。
 またいつトップ10から転落してもおかしくない状況なので、今後もEURO2008予選突破に向けてポルトガル代表を応援してくださる方は、ブログランキングのクリックのご協力をよろしくお願いいたします。
↓一日一回クリックをお願いします。↓
サッカー情報なら人気ブログランキング


 昨日は大変失礼いたしました。
 「追記」を加えておきましたが、私の勘違いでマンチェスター・ユナイテッドの相手をミドルスブラなどと書いてしまいました。
 ミドルスブラが対戦するのはチェルシーで、マンチェスター・ユナイテッドはチャールトンとの対戦でした。
 ご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。

 さて、今日このあとチャールトンと対戦するマンチェスター・ユナイテッドですが、最近の一番の話題といえば、やはりクリスティアーノ・ロナウドのバルセロナ移籍の噂。
 まず無いだろうと思っていたところ、アレックス・ファーガソン卿が放出の噂を否定しました。
 まあ、そりゃそうでしょう。
 たとえ大金を積まれても、今のロナウドを手放そうとは思わないでしょう。
 ルーニーとロナウドの二人は、何か問題がない限り、引退までずっとクラブに留めたいと思っているはずです。
 イングランドとポルトガルという欧州屈指の実力国の若きエースを二枚も抱えているクラブなど、他にそう見当たりません。
 今回の移籍騒動もマスコミが騒いでいるだけでしょう。
 何もないというのが事実だと思います。
 

 さて、今日はプレミア以外で注目カードとして、ブンデスリーガのシュツットガルト対ブレーメンが行われます。
 そうです。
 フェルナンド・メイラ対ウーゴ・アウメイダというポルトガル代表対決です。
 しかも、3位と2位という上位対決です。
 このたった一つの順位の差は、天と地ほどの差を生みます。
 ドイツは、UEFAランキング第5位の国。
 よって、チャンピオンズリーグの出場枠は、本戦ストレートインが1位と2位で、3位は予備予選3回戦からの出場となります。
 この差がデカい。
 まあ、そもそもこの時期ですので、CLどうこうというより、優勝を目指しての戦いとなるわけなのですが・・・。

 その優勝争いは、前節、ブレーメン対シャルケの同率首位決戦が行われ、アウェーのシャルケが勝って、単独首位に躍り出ました。
 勝ち点3差の2位ブレーメン、さらにブレーメンと勝ち点4差の3位シュツットガルトの対戦です。
 優勝のためには、これ以上離されたくはありません。
 場所はシュツットガルトのホーム、ゴッドリーブ・ダイムラー・シュタディオン。
 楽しみな一戦ですが、プレミアと時間がかぶるので、最初の30分程度だけ観戦するつもりです。

 スペインは、明日早朝、レアル・マドリーの試合なので、こちらはパス。
 ちなみに、月曜早朝は、バルサ戦、そしてアトレチコ戦が生中継。
 やりました。
 ただし、バルサ戦は絶対起きられません。
 アトレチコ戦は、ぜひともレアル・マドリーをCL圏外へ突き落とすためにも、がんばって応援します。
 
 
 それにしても、先週末リーグ戦が行われたばかりで休み無く代表戦。
 そして、再び今週末はリーグ戦。
 各国の代表選手は、本当に休みがありません。
 これからチャンピオンズリーグが再開し、そしてEURO2008の予選が待ち構えているわけですから、各選手ケガだけは気をつけてください。


 最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます。
 今後も「ポルトガルサッカーのすすめ」をよろしくお願いいたします。
↓一日一回クリックお願いいたします↓
最新サッカー情報なら、人気ブログランキング  
  
| capitao0707 | マンチェスター・U | comments(2) | - |
<new | top | old>