ポルトガルサッカーのすすめ

ポルトガル代表をはじめとする、ポルトガルサッカー専門ブログです。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>    
LINKS
※当ブログはリンクフリーです。ご自由にリンクを張ってください。
RECOMMEND
UEFAチャンピオンズリーグ2003/2004 ポルト 優勝への軌跡
UEFAチャンピオンズリーグ2003/2004 ポルト 優勝への軌跡 (JUGEMレビュー »)

現在のポルトガル代表の主力、デコ、カルバーリョ、マニシェらの活躍がここに。モウリーニョに率いられ、欧州を制するまでのドラマを収録!
RECOMMEND
ジョゼ・モウリーニョ
ジョゼ・モウリーニョ (JUGEMレビュー »)
ルイス ローレンス, ジョゼ モウリーニョ, Lu´is Lourenco, Jos´e Mourinho, 西竹 徹, 西岡 明彦
本人公認本が日本上陸。現在世界で最も有名な監督の一人が、どのようにして誕生したか、秘話が満載です。
RECOMMEND
Cristiano Ronaldo (Artnik Football)
Cristiano Ronaldo (Artnik Football) (JUGEMレビュー »)
Michael O'Connell
W杯ドイツ大会までのC・ロナウドを書いた本です。洋書です。英語が分からなくても、写真集として楽しめます。
RECOMMEND
マヌエル・ルイ・コスタ〜ポルトガルが生んだフィールドのマエストロ〜
マヌエル・ルイ・コスタ〜ポルトガルが生んだフィールドのマエストロ〜 (JUGEMレビュー »)

ポルトガルサッカー史上最高の司令塔、マヌエル・ルイ・コスタのフィオレンティーナ時代の映像を収録!
RECOMMEND
ポルトガル・サッカー物語
ポルトガル・サッカー物語 (JUGEMレビュー »)
市之瀬 敦
村上龍氏推薦!「ポルトガルサッカー、それは魔術的だ。驚異的な技術だけがそれを可能にした」
RECOMMEND
2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD 「ポルトガル代表 戦いの軌跡」
2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD 「ポルトガル代表 戦いの軌跡」 (JUGEMレビュー »)

ポルトガル代表40年ぶりのベスト4進出!欧州西端の小国がドイツを舞台に披露した見事な戦いをここに収録!
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
ルイ・コスタがベンフィカ復帰!?
まずは人気ブログランキング

 出ました。
 ついに出ました。
 ルイ・コスタ、ベンフィカ復帰のニュースが入ってきました。
 日刊スポーツのサイトでは、すでに決定のように伝えられていますが、まだ決定していないと思われます。
 決まりそうなのは、ACミランとの契約の解除。
 これが決定すれば、ルイ・コスタは自由になりますので、ベンフィカとの交渉に至り、正式にベンフィカ復帰が決定するものと思われます。
 おそらく日刊スポーツは勇み足かと。
 ただ、今回ばかりは正式に決まりそうです。
 ACミランでは、フィオレンティーナ時代ほどの輝きを放つことはできませんでしたが、悲願であったビッグイヤーとスクデットを獲得。
 カカの加入以降は、なかなか出場機会に恵まれませんでした。
 ハイライトは、やはりUEFAチャンピオンズリーグを制した02-03シーズン。
 2次リーグのレアル・マドリー戦で見せた、シェフチェンコへのロングスルーパス。
 サンシーロでマドリーを沈めた、「あの」スルーパスは、私の中で最高のスルーパスとして刻み込まれています。
 ベンフィカへ移籍するということで、ルイ・コスタを生中継で見ることができなくなるのは非常に残念です。
 そして、ルイ・コスタのベンフィカ移籍は、物語がいよいよ最終章へ突入することを意味しています。
 

 最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます。
↓ポルトガル代表を応援してくれる方は、こちらもクリック!↓
目指せ25位以内!人気ブログランキング

 
| | ACミラン | comments(6) | trackbacks(0) |
ミランは大丈夫?
まずは人気ブログランキング

 あまりにも気になって、昨日に続いてACミランのネタです。
 バルサのほうがCLまで1日短いと思っていたら、試合が延期になり、思い切りショックを受けています。
 休養十分になってしまうではありませんか。
(十分といっても、一週間ですが。)
 さて、本題のミランです。
 メッシーナ戦で負傷したカカー、アンブロジーニ、ネスタ、カフー、シェフチェンコの5人の出場可能かの判断は直前の火曜日まで延期されることになったそうです。
 ぎりぎりまで様子を見て決めるということです。
 厳しいです。
 特に、カカとネスタは無理なのではないでしょうか。
 ルイ・コスタを見ることができるのでは?との期待はあるものの、う〜ん、どうでしょう〜。(注:長嶋茂雄風で)
 カフーは大丈夫と言っているみたいです。
 控えがいないのでは、とも思います。
 現時点では、全く冷静かつ客観的に見ることができていません。
 そして、何を書いているのかもよく分かりません。
 はたして、どんなメンバーで戦うことになるのか、本当に気になります。
 
 さて、気になるといえば、クアレスマがレアル・マドリーの獲得リストに載っているようです。
 う〜ん、中の固まらないマドリーへ行くなら、アドリアーンセ下のポルトにいたほうがいいような・・・。
 マンUに入って、C・ロナウド&クアレスマを常時見ることができれば、などという夢を見てしまう自分がいます。


 最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます。
↓ポルトガル代表を応援してくれる方は、こちらもクリック!↓
目指せ25位以内!人気ブログランキング
| | ACミラン | comments(0) | trackbacks(0) |
あぁ・・・、ミラン敗れる・・・
 今朝は起きることができず、ミラン戦はネットで結果を見ました。
 ショックです・・・。
 まさかローマに負けるとは・・・。
 しかも、ルイ・コスタが入って1分後に失点。
 首位ユベントスは、またも勝利。
 これでユベントスとの勝ち点差は12。
 ようやくシーズンの半分を消化しましたが、今のユベントスの出来を考えると、ひっくり返すのは相当厳しいです。
 もちろん19試合で勝ち点12差をつけられたということは、残りの19試合でそれを縮めることもできるということなのですが、いかんせんユーベが強い・・・。
 スクデットは、ちょっと厳しいです。
 かといってビッグイヤーが取れるかというと、一発勝負ですからこちらは運が向けば・・・。
 アモローゾを獲っている場合ではないですぞ。


 最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます。
↓ミラン敗退に同情してくださる方はこちら↓
人気ブログランキング
| | ACミラン | comments(0) | trackbacks(0) |
ルイ・コスタ大活躍!
 ルイ・コスタが2ゴール2アシストの大暴れです。
 昨日行われたコッパ・イタリアのベスト16第2戦。
 ブレシアと対戦したACミランは、初戦3対1と勝利していたこともあり、控え中心のメンバー構成で試合に臨み、4対3で勝利しました。
 ルイ・コスタが1試合で2ゴールを挙げたのは、いつ以来のことなのでしょうか。
 私もさっぱり分かりません。
 それにしても、うれしいニュースなのに、コッパ・イタリアなので映像がありません。
 それだけにむなしいです。
 セリエAとかCLでも起用されれば、これくらいできるはず。
 先日のパルマ戦も素敵なアシストを記録していました。
 フィーゴもまだまだ健在です。
 ルイ・コスタだって、出場すればやりますよ。
 アンチェロッティ監督、ぜひルイ・コスタを使ってください。


 最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます。
↓こちらをクリックお願いいたします。↓
順位が大幅下降したブログランキング第
| | ACミラン | comments(8) | trackbacks(1) |
ビエリがモナコへ移籍
 元ポルトガル代表MFルイ・コスタが所属するACミランに今シーズン加入したばかりのクリスチャン・ビエリが、フランス・リーグアンのモナコに移籍することになりました。
 2トップで戦うチームとしては、フォワードがシェバ、ジラルディーノ、ピッポの3枚になってしまうので、非常に痛いのですが・・・。
 やはりルイ・コスタの出場を願う私としては、密かにほくそ笑んでおります。
 私は、ミランが安定した戦いを見せることができるのは、4−3−1−2ではなく、4−3−2−1のほうだと思っています。
 その最たる例は、昨シーズンのUEFAチャンピオンズリーグのときの決勝トーナメント1回戦、マンチェスター・ユナイテッド戦。
 あのときはシェフチェンコが負傷し、クレスポの1トップでルイ・コスタとカカの2トップ下。
 あの2試合は、マンUを子ども扱いにしたといって良いほどの安定感を見せていて、昨シーズンのミランのベストマッチだったと思っているほどです。
 ぜひとも、4−3−2−1の復活を!


 最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます。
↓こちらをクリックお願いいたします。↓
順位が大幅下降したブログランキング
| | ACミラン | comments(2) | trackbacks(0) |
ミランは辛勝、インテルは・・・
 昨晩は11時からインテルの試合がありましたので、もちろん観戦。
 しかし、ウインターブレイク前の調子の良かったインテルは、どこに行ってしまったのでしょうか。
 一人一人の選手のコンディションがまだしっかりと戻っていないのでしょうか。
 フィーゴの出来もいまいち。
 チーム全体もかみかわず、結局気が付けばスコアレスドロー。
 前日きっちり勝利を収めたユベントスに差を広げられてしまいました。
 さて、その後はそのまま起き続け、4時半開始のミラン戦も観戦。
 ルイ・コスタは残念ながらベンチスタート。
 これでテンションは大きく下がるはずだったのですが、なんとパルマのスタメンに元ポルトガル代表DFフェルナンド・コウトの姿が。
 これでテンションが若干上がりましたが、ミランを応援する側としてはコウトに活躍されては困るわけで、ちょっと微妙でした。
 さて、試合はジーダのキャッチミスからパルマが先制。
 しかし、すぐさま、オウンゴールとジラルディーノのゴールで逆転、さらにカカのゴールで追加点。
 これでミランは楽勝だと思い、またさすがに眠たくなってきたので、ここで就寝。
 10時半に目が覚めたので、早速前日の結果をウェブサイトに掲載しなきゃと結果を見ると、「4対3」。
 はぁ!?
 まだ後半を見ていませんからなんとも言えませんが、ちょっとミランの守備は問題アリです。
 一応勝ったので、インテルをかわして2位に浮上。
 しかし、この試合でシーズン21失点となりました。
 18試合で21失点とは多すぎです。
 ちなみに、昨シーズンは38試合で28失点。
 今シーズンの失点の多さは明らかです。
 失点の多いチームは優勝できません。
 ガンバ大阪は例外です。
 この日のディフェンスラインは、右からシミッチ、ネスタ、カラーゼ、セルジーニョでした。
 シミッチは確か右もできますが、本職はセンターのはず。
 またカフーの年齢を考えると、右サイドの職人を1人補強する必要があるでしょう。
 ポルトガル的なおすすめは、ベンフィカでブレイク中のネウソンです。
 イタリアで守備を学んで、代表に還元してもらいたいです。
 左はヤンクロフスキがいますから、こちらは大丈夫でしょう。
 あとは、センターバック補強が急務です。 
 ポルトガル代表DFジョルジ・アンドラーデあたりはいかがでしょうか。
 スピードもパワーもありますので、ネスタとのコンビはうまくいくのではないでしょうか。
 右とセンターを補強すれば、ターンオーバーもできるでしょう。
 とりあえず、現段階での予想では、ミランのスクデットはないと思います。
 残念ながらユベントスの連覇と予想します。

 最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます。
↓こちらをクリックお願いいたします。↓
順位が大幅下降したブログランキング
| | ACミラン | comments(5) | trackbacks(0) |
ルイ・コスタがスタメン出場へ
 ミッドウィークに行われた欧州チャンピオンズリーグ・フェネルバフチェ対ACミラン戦で、カカが負傷し、前半のうちにルイ・コスタと交代しました。
 週末のレッチェ戦は、出場が微妙と見られていましたが、どうやらルイ・コスタがスタメン出場するようです。
 フェネルバフチェ戦では、4点を奪ったシェフチェンコがガゼッタの採点で9点というほぼ満点に近い評価を得ていましたが、その一方でルイ・コスタは6.5というチーム最低クラスの評価となっていました。(ちなみに、最低はビエリの6点)
 正直、私自身もフェネルバフチェ戦のルイ・コスタのパフォーマンスについては、やや不満でした。
 久しぶりのスタメン出場となるわけですし、相手が下位に低迷するレッチェということで、ルイ・コスタのプレーぶりに期待しています。
 日本時間の4時半キックオフ予定ということで、起きれる自信がありませんので、録画予約しておきます。

 最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます。
サッカー好きの集うランキング
| | ACミラン | comments(0) | trackbacks(0) |
ミラン、インテルがユベントスに迫る
 昨晩22時からインテルの試合が行われました。
 首位ユベントスには完敗だったものの、この日のインテルは良かったです。
 胸の「倍耐力」が良かったのでしょうか?
 フィーゴは、後半途中からの出場でしたが、この日はソラーリが良かったです。
 右にフィーゴ、左にソラーリと配置するのが良いのではないか、と思いました。
 チャンピオンズリーグでは、どのようなスタメンになるのか楽しみです。
 ヴェロンがアドリアーノに対して、批判的なコメントを出したようですが、当然です。
 こういうことが無くならない限り、インテルはタイトルを取れないでしょう。
 一方、ルイ・コスタがスタメン出場したミランの試合は、寝たので見ていません。
 月曜日の朝は、更新作業に追われるので、早起きしないといけないのですが、最近睡眠時間が短くなると、すぐに体に影響を及ぼすので、あまり遅くまで起きれなっています。
 さて、録画しておいた試合をゴールシーンだけちょこっと見ましたが、いきなりジラルディーノのゴール。
 そして、シェフチェンコのミドルシュート。
 正直、ラッキーな面が大きい2点でした。
 とにかく、逃げ切り2対0で勝利。
 7戦全勝のユベントスを、勝ち点16の2位ミラン、勝ち点15の3位インテルが追う展開となりました。
 ルイ・コスタ、フィーゴにはがんばってもらい、ユベントスを追撃してもらいたいものです。


 最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます。
↓次はどのブログを読みますか?こちらから探してみてください↓
世界のサッカーの話題なら、人気ブログランキング
| | ACミラン | comments(2) | trackbacks(0) |
ルイ・コスタが久々のフル出場
 先ほど、ACミラン対レッジーナの試合が行われ、元ポルトガル代表MFマヌエル・ルイ・コスタが、久しぶりにフル出場を果たした。
 ACミランは、チャンピオンズリーグの直後ということもあり、カカ、ピルロ、ジラルディーノらのメンバーをスタメンからはずし、ルイ・コスタ、フォーゲル、ビエリを起用した。フォーゲルは、この試合が、セリエAデビュー戦となった。
 試合は、開始5分、セルジーニョ、セードルフらの細かいパスからマルディーニが抜け出し、右足でシュート。これがDFの足に当たり、ゴールに吸い込まれる。
 さらに20分。ルイ・コスタのコーナーキックを、マルディーニがヘディングで決めて、この日2点目。
 マルディーニは、セリエA572試合目にして、初めて1試合2得点を達成した。
 ルイ・コスタは、その後も精力的に動き、後半にもビエリに決定的なスルーパスを出したが、ビエリはこれを決めることが出来ず、ミラン移籍後、まだ無得点の状況が続いている。
 結局、後半ロスタイムに失点したものの、2対1でミランが逃げ切った。

<管理人の一言>
 いや〜、良かったです。
 実は、ボルトンの中田の試合を見ていたのですが、たまたまチャンネルを変えたら、メンバーリストが発表に。
 そしたら、なんとルイ・コスタがスタメンではないですか。
 これは絶対にチェック!と思い、しっかり観戦しました。
(さすがにユニフォームには着替えませんでしたが・・・。)
 まあまあといったところでしょうか。
 いい頃を知っていますから、もっとできるとは思いますが、たまのスタメンですから十分楽しめました。
 ハイライトは、ビエリへのスルーパスでしょうか。
 らしいスルーパスが出ました。
 ビエリは、あれを決めないといけません。
 ま、チームが勝ったから、よしとしましょう。
 あとは、ユーベ追走のためにも、フィーゴにがんばってもらいましょう。


 最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます。
↓次はどのブログを読みますか?こちらから探してみてください↓
各国リーグの感想を読むなら、人気ブログランキング
| | ACミラン | comments(2) | trackbacks(0) |
トマソンはシュツットガルトへ
 ベンフィカ移籍が濃厚と思われていたACミランのヨン・ダール・トマソンのシュツットガルト加入が決定した。
 先日の報道にあったアドリアーノ・ガッリアーニ副会長のコメントがこちら。
「トマソンに関してはベンフィカ(ポルトガル)との話し合いが進んでいる。両クラブはすでに完全移籍の合意に達した。あとは本人とベンフィカとの合意だけだが、明日には決まるだろう。問題はないはずだ」(by スポーツナビ)
 このコメントが出ていながら、急転直下でシュツットガルトに移籍が決定した。
 本人とベンフィカの合意に至らなかったのか、このコメント後、シュツットガルトからオファーが舞い込み、ポルトガルよりドイツのほうが良いと判断したのか、その辺の詳しい経緯はわからない。
 改めて、移籍市場というのは何が起きるかわからないことを痛感させられた。


その他の移籍情報なら、ブログランキングでチェック!

ポルトガル代表が好きなら「ポルトガルのすすめ」へ

今日の新着情報は?「サッカーのスパイク・ユニフォームの店」
| | ACミラン | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>