ポルトガルサッカーのすすめ

ポルトガル代表をはじめとする、ポルトガルサッカー専門ブログです。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>    
LINKS
※当ブログはリンクフリーです。ご自由にリンクを張ってください。
RECOMMEND
UEFAチャンピオンズリーグ2003/2004 ポルト 優勝への軌跡
UEFAチャンピオンズリーグ2003/2004 ポルト 優勝への軌跡 (JUGEMレビュー »)

現在のポルトガル代表の主力、デコ、カルバーリョ、マニシェらの活躍がここに。モウリーニョに率いられ、欧州を制するまでのドラマを収録!
RECOMMEND
ジョゼ・モウリーニョ
ジョゼ・モウリーニョ (JUGEMレビュー »)
ルイス ローレンス, ジョゼ モウリーニョ, Lu´is Lourenco, Jos´e Mourinho, 西竹 徹, 西岡 明彦
本人公認本が日本上陸。現在世界で最も有名な監督の一人が、どのようにして誕生したか、秘話が満載です。
RECOMMEND
Cristiano Ronaldo (Artnik Football)
Cristiano Ronaldo (Artnik Football) (JUGEMレビュー »)
Michael O'Connell
W杯ドイツ大会までのC・ロナウドを書いた本です。洋書です。英語が分からなくても、写真集として楽しめます。
RECOMMEND
マヌエル・ルイ・コスタ〜ポルトガルが生んだフィールドのマエストロ〜
マヌエル・ルイ・コスタ〜ポルトガルが生んだフィールドのマエストロ〜 (JUGEMレビュー »)

ポルトガルサッカー史上最高の司令塔、マヌエル・ルイ・コスタのフィオレンティーナ時代の映像を収録!
RECOMMEND
ポルトガル・サッカー物語
ポルトガル・サッカー物語 (JUGEMレビュー »)
市之瀬 敦
村上龍氏推薦!「ポルトガルサッカー、それは魔術的だ。驚異的な技術だけがそれを可能にした」
RECOMMEND
2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD 「ポルトガル代表 戦いの軌跡」
2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD 「ポルトガル代表 戦いの軌跡」 (JUGEMレビュー »)

ポルトガル代表40年ぶりのベスト4進出!欧州西端の小国がドイツを舞台に披露した見事な戦いをここに収録!
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
<< セリエAが再開 | main | ビエリがモナコへ移籍 >>
ミランは辛勝、インテルは・・・
 昨晩は11時からインテルの試合がありましたので、もちろん観戦。
 しかし、ウインターブレイク前の調子の良かったインテルは、どこに行ってしまったのでしょうか。
 一人一人の選手のコンディションがまだしっかりと戻っていないのでしょうか。
 フィーゴの出来もいまいち。
 チーム全体もかみかわず、結局気が付けばスコアレスドロー。
 前日きっちり勝利を収めたユベントスに差を広げられてしまいました。
 さて、その後はそのまま起き続け、4時半開始のミラン戦も観戦。
 ルイ・コスタは残念ながらベンチスタート。
 これでテンションは大きく下がるはずだったのですが、なんとパルマのスタメンに元ポルトガル代表DFフェルナンド・コウトの姿が。
 これでテンションが若干上がりましたが、ミランを応援する側としてはコウトに活躍されては困るわけで、ちょっと微妙でした。
 さて、試合はジーダのキャッチミスからパルマが先制。
 しかし、すぐさま、オウンゴールとジラルディーノのゴールで逆転、さらにカカのゴールで追加点。
 これでミランは楽勝だと思い、またさすがに眠たくなってきたので、ここで就寝。
 10時半に目が覚めたので、早速前日の結果をウェブサイトに掲載しなきゃと結果を見ると、「4対3」。
 はぁ!?
 まだ後半を見ていませんからなんとも言えませんが、ちょっとミランの守備は問題アリです。
 一応勝ったので、インテルをかわして2位に浮上。
 しかし、この試合でシーズン21失点となりました。
 18試合で21失点とは多すぎです。
 ちなみに、昨シーズンは38試合で28失点。
 今シーズンの失点の多さは明らかです。
 失点の多いチームは優勝できません。
 ガンバ大阪は例外です。
 この日のディフェンスラインは、右からシミッチ、ネスタ、カラーゼ、セルジーニョでした。
 シミッチは確か右もできますが、本職はセンターのはず。
 またカフーの年齢を考えると、右サイドの職人を1人補強する必要があるでしょう。
 ポルトガル的なおすすめは、ベンフィカでブレイク中のネウソンです。
 イタリアで守備を学んで、代表に還元してもらいたいです。
 左はヤンクロフスキがいますから、こちらは大丈夫でしょう。
 あとは、センターバック補強が急務です。 
 ポルトガル代表DFジョルジ・アンドラーデあたりはいかがでしょうか。
 スピードもパワーもありますので、ネスタとのコンビはうまくいくのではないでしょうか。
 右とセンターを補強すれば、ターンオーバーもできるでしょう。
 とりあえず、現段階での予想では、ミランのスクデットはないと思います。
 残念ながらユベントスの連覇と予想します。

 最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます。
↓こちらをクリックお願いいたします。↓
順位が大幅下降したブログランキング
| | ACミラン | comments(5) | trackbacks(0) |
まる (2006/01/09 10:55 PM)
今晩は、お邪魔します。
えーと、インテルの話は置いといて(笑)、私もコウト兄貴が
スタメン出場していたのには大喜びしてしまいました。
し・か・も!ルイコスタと同じピッチ上で戦う姿も見れて
目頭を熱くさせながら観戦いたしました。
(ルイコスタのゴールアシストのシーンでは兄貴お得意の
おサボリまで見れてしまいましたね)
いやーでも嬉しかった、本当に嬉しかったです。
インテル戦ではどちらとも出場が無かったので
次は是非にと強く願います。
ひょっとしてあさってのイタリア杯で実現されるでしょうか。

パルマのコッラーディってバレンシアにいたコッラーディですかね?


まる (2006/01/09 10:57 PM)
追伸:アンドラーデはインテルに欲しいです!
なべ(管理人) (2006/01/09 11:07 PM)
まる様、こんばんは。
インテルの話、置いておきたい気持ち、よく分かります。
ぜひ、がんばってもらいましょう。
さて、ルイ・コスタがアシストしていたんですね。
再放送でじっくりチェックしたいと思います。
それにしても、コウトがスタメンに並んでいるのを見たときは、私も本当にうれしかったです。

ちなみに、コッラーディは、おっしゃるとおりバレンシアにいたコッラーディです。
ラニエリがいなくなり、イタリア人は不要になったというところでしょうか。
まる (2006/01/13 12:35 AM)
まだ観戦されていないうちからネタばらしを
してしまったみたいな感じになってすみませんでした。

コッラーディはやっぱりそうでしたか、ありがとうございます。
ラニエリ・・・罪深い監督でしたね(バレンシアには)。
なべ(管理人) (2006/01/13 10:54 PM)
まる様、こんばんは。
あそこでシェバに合わせるとは、なかなか素敵なパスです。
いや〜、こちらは映像を見ることができたのですが、やはりコッパ・イアリアが・・・。









url: http://soccer.portugalnosusume.com/trackback/490692