ポルトガルサッカーのすすめ

ポルトガル代表をはじめとする、ポルトガルサッカー専門ブログです。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>    
LINKS
※当ブログはリンクフリーです。ご自由にリンクを張ってください。
RECOMMEND
UEFAチャンピオンズリーグ2003/2004 ポルト 優勝への軌跡
UEFAチャンピオンズリーグ2003/2004 ポルト 優勝への軌跡 (JUGEMレビュー »)

現在のポルトガル代表の主力、デコ、カルバーリョ、マニシェらの活躍がここに。モウリーニョに率いられ、欧州を制するまでのドラマを収録!
RECOMMEND
ジョゼ・モウリーニョ
ジョゼ・モウリーニョ (JUGEMレビュー »)
ルイス ローレンス, ジョゼ モウリーニョ, Lu´is Lourenco, Jos´e Mourinho, 西竹 徹, 西岡 明彦
本人公認本が日本上陸。現在世界で最も有名な監督の一人が、どのようにして誕生したか、秘話が満載です。
RECOMMEND
Cristiano Ronaldo (Artnik Football)
Cristiano Ronaldo (Artnik Football) (JUGEMレビュー »)
Michael O'Connell
W杯ドイツ大会までのC・ロナウドを書いた本です。洋書です。英語が分からなくても、写真集として楽しめます。
RECOMMEND
マヌエル・ルイ・コスタ〜ポルトガルが生んだフィールドのマエストロ〜
マヌエル・ルイ・コスタ〜ポルトガルが生んだフィールドのマエストロ〜 (JUGEMレビュー »)

ポルトガルサッカー史上最高の司令塔、マヌエル・ルイ・コスタのフィオレンティーナ時代の映像を収録!
RECOMMEND
ポルトガル・サッカー物語
ポルトガル・サッカー物語 (JUGEMレビュー »)
市之瀬 敦
村上龍氏推薦!「ポルトガルサッカー、それは魔術的だ。驚異的な技術だけがそれを可能にした」
RECOMMEND
2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD 「ポルトガル代表 戦いの軌跡」
2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD 「ポルトガル代表 戦いの軌跡」 (JUGEMレビュー »)

ポルトガル代表40年ぶりのベスト4進出!欧州西端の小国がドイツを舞台に披露した見事な戦いをここに収録!
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
<< クリスティアーノ・ロナウドまたも大活躍 | main | バレンタインデーですが・・・ >>
イタリア・ダービー、衝撃の結末
 今朝、全世界注目の2試合が行われました。
 まずは、リーガエスパニョーラの首位決戦、バレンシア対バルセロナ。
 こちらは、バレンシアが1対0で勝ちました。
 これで両チームの勝ち点差は6。
 にわかに面白くなってきました。
 
 そして、イタリア・ダービー。インテル対ユベントス。
 その前にACミランはルイ・コスタが久々のフル出場で、ピッポのハットトリックもあり4対1と快勝。
 ここにきて大量得点で連勝し、攻撃陣の調子は上向きです。
 私の機嫌は非常に良かったのですが、睡魔恐るべし。
 イタリア・ダービーに向けて一度寝たわけですが、放送時間に見事起床。
 そして、二度寝。(爆死)
 一応録画はしていたのですが、自分のサイトの更新もあり、結果を恐る恐る見ると、ユベントス勝利。
 はぁ・・・。がっくし。
 私が起きて、インテルを応援しなかったからです。
(↑こういうことを言う人、よくいます。)
 帰宅後、どのような試合だったかチェック。
 さすがにいい試合です。
 意地と意地のぶつかりあいといったところでしょうか。
 前半終了間際のアドリアーノの幻となった直接FKは、ちゃんと主審が手を挙げてました。
 あれは、間接FKであったことを確認しなかったインテル側のミスです。
 ただ、あまりにも見事なFKだっただけに、もったいなかったです。
 後半に入り、まずユベントスが先制するわけですが、私はカモラネージがクロスを入れる瞬間、思わず「あっ」と言ってしまいました。
 タイミングがあまりにも絶妙です。
 対応に行ったプルディソも、まさかあそこでいきなり入れてくるとは思わなかったでしょう。
 そして、他の3人も同様だったのでしょう。
 イブラヒモビッチを押さえることができませんでした。
 しかし、インテルは同点に追いつきます。
 コーナーキックから、サムエルがヴィエラの上になり、ヘディングでゴール。
 素晴らしい試合です。
 その後も意地のぶつかり合いが続くのですが、ところが・・・。
 音声が出ているのですが、画面が真っ黒。
 おやおや?
 これは何でしょうか?
 そしてテレビから、八塚アナの声。
 「決まったーーー!デル・ピエローーー!」
 え〜〜〜!?
 うそ〜〜〜ん??
 まさか決勝点が見れないとは。
 その後のスローで映像を見ることはできましたが、これはショック。
 そして、インテルがユベントスに敗れたことで、ミラン・インテルとユベントスとの勝ち点差は12。
 さすがに絶望的です。
 プレミアに続き、セリエAの灯も消えました。


 最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます。
↓ポルトガル代表を応援してくださる方は、クリックお願いします↓
まずは50位以内復帰!人気ブログランキング

 
| | インテル | comments(2) | trackbacks(0) |
まる (2006/02/13 11:55 PM)
今晩は・・・
この気持ちをどう処理して良いかわからず
お邪魔しました。
うっうっ、悔しいです悲しいですー!
もうリーグ制覇は夢となりましたね。これでも
まだ可能性はあるなんて無理に思っても
なんの慰めにもなりませんからね。
今日一日だけこの悲しみにどっぷり浸っていようと思います。

因みにデルピエロのFKは普通に映っておりました。
あんなの見たくなかったので真っ黒の方が
良かったです(TT)
なべ(管理人) (2006/02/14 8:20 PM)
まる様、こんばんは。
私も悔しいです。
残念でなりません。
お互いCLでがんばりましょう。

画面が真っ黒になったのは、どうやら私のDVDレコーダーの問題のようですね。

はぁ、それにしても無念という言葉しか思い浮かびません。
こんなに早くスクデットをあきらめることになろうとは・・・。









url: http://soccer.portugalnosusume.com/trackback/490721