ポルトガルサッカーのすすめ

ポルトガル代表をはじめとする、ポルトガルサッカー専門ブログです。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>    
LINKS
※当ブログはリンクフリーです。ご自由にリンクを張ってください。
RECOMMEND
UEFAチャンピオンズリーグ2003/2004 ポルト 優勝への軌跡
UEFAチャンピオンズリーグ2003/2004 ポルト 優勝への軌跡 (JUGEMレビュー »)

現在のポルトガル代表の主力、デコ、カルバーリョ、マニシェらの活躍がここに。モウリーニョに率いられ、欧州を制するまでのドラマを収録!
RECOMMEND
ジョゼ・モウリーニョ
ジョゼ・モウリーニョ (JUGEMレビュー »)
ルイス ローレンス, ジョゼ モウリーニョ, Lu´is Lourenco, Jos´e Mourinho, 西竹 徹, 西岡 明彦
本人公認本が日本上陸。現在世界で最も有名な監督の一人が、どのようにして誕生したか、秘話が満載です。
RECOMMEND
Cristiano Ronaldo (Artnik Football)
Cristiano Ronaldo (Artnik Football) (JUGEMレビュー »)
Michael O'Connell
W杯ドイツ大会までのC・ロナウドを書いた本です。洋書です。英語が分からなくても、写真集として楽しめます。
RECOMMEND
マヌエル・ルイ・コスタ〜ポルトガルが生んだフィールドのマエストロ〜
マヌエル・ルイ・コスタ〜ポルトガルが生んだフィールドのマエストロ〜 (JUGEMレビュー »)

ポルトガルサッカー史上最高の司令塔、マヌエル・ルイ・コスタのフィオレンティーナ時代の映像を収録!
RECOMMEND
ポルトガル・サッカー物語
ポルトガル・サッカー物語 (JUGEMレビュー »)
市之瀬 敦
村上龍氏推薦!「ポルトガルサッカー、それは魔術的だ。驚異的な技術だけがそれを可能にした」
RECOMMEND
2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD 「ポルトガル代表 戦いの軌跡」
2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD 「ポルトガル代表 戦いの軌跡」 (JUGEMレビュー »)

ポルトガル代表40年ぶりのベスト4進出!欧州西端の小国がドイツを舞台に披露した見事な戦いをここに収録!
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
<< クリスティアーノ・ロナウドの自信 | main | 明日は日本対フィンランド戦 >>
フィーゴ、噛み付く
 インテルに所属するポルトガル代表MFルイス・フィーゴは、2006年ワールドカップ・ドイツ大会が“3人のロナウド”の大会になると考えている、と語りました。
 レアル・マドリーに所属する元同僚、大舞台に強いブラジル代表FWロナウド、バルセロナに所属する現在乗りに乗っているブラジル代表MFロナウジーニョに加え、そしてフィーゴと同じポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドも大会の主役の1人になる、という予想をしてくれました。
 地元ポルトガルのスポーツ新聞『レコルト』紙のインタビューに対し、フィーゴはマンチェスター・ユナイテッドに所属するC・ロナウドの素晴らしさを強調していました。
 半分当たり、半分はずれることになるでしょう。
 この3人は、おそらく活躍します。
 しかし、あと1人主役になる選手を予想できていません。
 それは、フィーゴ本人です。
 実力は十分。
 あとは、セリエAで試合に出場し続けていますから、コンディションが整うかどうかが心配です。
 そのセリエAですが、イタリア・ダービーでユベントスがインテルを下したことで、大勢は決したと見るのが妥当でしょう。
 それだけ今のユベントスは安定しています。
 さて、そのユベントスの顔の1人、ルチアーノ・モッジGMにフィーゴが噛み付きました。
 12日のイタリア・ダービー後、フィーゴは「ユーベに対して(審判問題など)色々と問題があるのになぜ誰も追及しないんだ。モッジは試合前にパパレスタ主審の部屋にいたが何をしていたんだ。まずはその説明が先だろう。ユーベは外部からの手助けが多過ぎる。特にこの2週間は。」と追求したそうです。
 イタリアサッカー界の今後を考えると、この勇気ある行動は賞賛に値します。
 もちろんこのパパレスタ主審の部屋にいた問題は、うやむやにされて終わるでしょう。
 現地マスコミは盛り上げるものの、反モッジにまわるマスコミはほぼ皆無になってしまうかもしれません。
 この問題の今後の動向には、注目する必要がありそうです。
 スポーツナビやlivedoorスポーツには、きちんと後を追って、日本のサッカーファンにその情報を伝えてもらいたいものです。


 最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます。
↓ポルトガル代表を応援してくださる方は、クリックお願いします↓
まずは50位以内復帰!人気ブログランキング
| | インテル | comments(6) | trackbacks(1) |
doroguba (2006/02/17 11:58 AM)
フィーゴにはぜひがんばってもらいたいですが、仰せの通り「うやむや」でおわるんでしょうねぇ。そのあたりもユベントスの強さの秘訣でしょうか。
なべ(管理人) (2006/02/17 8:36 PM)
doroguba様、コメントありがとうございます。
本当にフィーゴにはがんばってもらいたいです。
今までたてつく人もいなかったのでしょうから、風穴を開けてほしいですね。
ただ、ユベントスはマスメディアのコントロールが上手であるというのも事実でしょう。
むしろインテルが下手すぎるのかもしれませんね。
札幌窓辺のねこ (2006/02/19 5:30 AM)
そうですわね!
フィーゴ様、そんな外野な事おっしゃらずに、是非とも活躍して頂きたいですわね、
ウチの息子を導いてもらわなくっちゃ!

インテルって色々と“下手”な所が、
洗練されたミラノではなく、別な何処かの田舎のチームのようであります・・・。
なべ(管理人) (2006/02/19 8:36 AM)
札幌窓辺のねこ様、コメントありがとうございます。
インテルの経営陣は、いまいちな感がありますね。
ミランとは対照的です。
確かに洗練されてはいない気がします。
まる (2006/02/19 10:45 PM)
今晩は、なべさん。連夜のオリンピック観戦で
目の下の隈が取れません。
インテル戦を見ていたら実況の人がその後の事を
ちょっとだけ話していましたが、フィーゴ自身、
部屋に行くのを見たとは発言していないそうです。
イタリアの新聞がそう書いてしまっただけらしいです。
イタリアのマスコミに勝手に風雲児のような役割を
与えられてしまったという感じでしょうか。
しかし裁判沙汰にまでなるなんて穏やかではないですよね。
ゼ・マリアも何やら訴訟問題が起きているようですね。

なべさん、私もW杯では欲目を捨ててもフィーゴが
主役の一人になると心から信じています。
リーグ戦を見ているとそう思わざるを得ません。
本当にポルトガルが台風の目になりそうでなんだか
ブルブルして来ますね。。。
なべ(管理人) (2006/02/19 11:33 PM)
まる様、こんばんは。
私もフィーゴとゼ・マリアの件は、記事で見ました。
イタリアのサッカー界は、いろいろあるようですから、この際、膿をしっかり出し切って欲しいですね。

ワールドカップは、本当は楽しみなのですが、自分を落ち着かせる意味でも過度に期待しないよう心がけています。
まだクラブのほうが中心になっていることもありますので、本格的にワールドカップモードに切り替わるのは、4月に入ってからになるかなと思っています。
ポルトガルの完成度は、世界でもトップクラスだと思います。
ただ、上へ勝ち上がるには、"運"が必要ですね。。









url: http://soccer.portugalnosusume.com/trackback/490724
ジーコ日本代表、旧世界クラブ選手権、フィーゴ対モッジについて 異論 反論 オブジェクション!
■PART?:早くもフィンランド戦! 注目は「システム」よりも「人」!? 日本代表のジーコ監督がシステム変更に関して明言を避けた。16日、静岡県磐田市内で合宿をスタート。17日に合流する浦和、東京勢を除く16人が7対8の変則ミニゲームやシュート練習などを
| doroguba〜football column〜 | 2006/02/17 11:59 AM |