ポルトガルサッカーのすすめ

ポルトガル代表をはじめとする、ポルトガルサッカー専門ブログです。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>    
LINKS
※当ブログはリンクフリーです。ご自由にリンクを張ってください。
RECOMMEND
UEFAチャンピオンズリーグ2003/2004 ポルト 優勝への軌跡
UEFAチャンピオンズリーグ2003/2004 ポルト 優勝への軌跡 (JUGEMレビュー »)

現在のポルトガル代表の主力、デコ、カルバーリョ、マニシェらの活躍がここに。モウリーニョに率いられ、欧州を制するまでのドラマを収録!
RECOMMEND
ジョゼ・モウリーニョ
ジョゼ・モウリーニョ (JUGEMレビュー »)
ルイス ローレンス, ジョゼ モウリーニョ, Lu´is Lourenco, Jos´e Mourinho, 西竹 徹, 西岡 明彦
本人公認本が日本上陸。現在世界で最も有名な監督の一人が、どのようにして誕生したか、秘話が満載です。
RECOMMEND
Cristiano Ronaldo (Artnik Football)
Cristiano Ronaldo (Artnik Football) (JUGEMレビュー »)
Michael O'Connell
W杯ドイツ大会までのC・ロナウドを書いた本です。洋書です。英語が分からなくても、写真集として楽しめます。
RECOMMEND
マヌエル・ルイ・コスタ〜ポルトガルが生んだフィールドのマエストロ〜
マヌエル・ルイ・コスタ〜ポルトガルが生んだフィールドのマエストロ〜 (JUGEMレビュー »)

ポルトガルサッカー史上最高の司令塔、マヌエル・ルイ・コスタのフィオレンティーナ時代の映像を収録!
RECOMMEND
ポルトガル・サッカー物語
ポルトガル・サッカー物語 (JUGEMレビュー »)
市之瀬 敦
村上龍氏推薦!「ポルトガルサッカー、それは魔術的だ。驚異的な技術だけがそれを可能にした」
RECOMMEND
2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD 「ポルトガル代表 戦いの軌跡」
2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD 「ポルトガル代表 戦いの軌跡」 (JUGEMレビュー »)

ポルトガル代表40年ぶりのベスト4進出!欧州西端の小国がドイツを舞台に披露した見事な戦いをここに収録!
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
<< クリスティアーノ・ロナウド開幕戦以来のゴール | main | 停電の恐怖 >>
インテル圧勝!・・・と思いきや
 ブログランキングは、7位に復帰。
 なんとかトップ10をキープできています。
 これもブログランキングのクリックしてくださった多くの皆さんのおかげです。
 いつもありがとうございます。
 いよいよ今週は、UEFAチャンピオンズリーグです。
 各国から登場するポルトガル代表の選手たちを応援してくださる方はブログランキングのクリックのご協力をよろしくお願いいたします。
↓こちらのクリックをお願いします。↓
サッカー情報なら人気ブログランキング

 昨晩は、インテル対キエーボの試合を観戦しておりました。
 フィーゴがスタメンに復帰したわけですが、これはチャンピオンズリーグへ向けてのターンオーバーなのか、それとも予行演習なのか、どちらなのでしょうか。
 フィーゴにとっては予行演習であることを願うばかりです。

 さて、その試合は、クレスポが絶好調。
 先制ゴールに4点目。
 4対0となったときには、これはインテルすごいな〜、と思ったのですが・・・。
 PKで1点を献上すると、終了間際に立て続けに失点。
 結局4対3というスコアになってしまいました。
 相変わらず分かりません、このインテルというチーム。
 とりあえず、一日も早くカンビアッソに帰ってきてもらいたいところでしょう。
 他のポジションはタレントが十分に揃っていますが、センターハーフだけ薄いでしょうか。
 次は、バイエルンとの大一番。
 ジュゼッペ・メアッツァで行われる試合なだけに、ここは必ず勝っておきたいところです。

 あと、イタリアのネタですと、プレミアシップ・フラムに所属しているボア・モルチに再びローマ移籍の話が浮上しているとか。
 ボア・モルチは欧州カップ戦にも出場できますから、貴重な戦力となりそうです。
 ただ、フラムとしても手放したくはないでしょうから、はたしてどうなることか。
 ボア・モルチは、その実力の割りにフラムという中堅クラブでプレーしているため、正当な評価は得られていないような気がします。
 フラムよりもビッグなクラブでプレーする機会を得れば、もっともっと活躍するのではないかと見ています。

 その他の国に目を向けると、リーガエスパニョーラの大一番、バルセロナ対バレンシア戦は1対1の引き分け。
 序盤の対戦にもかかわらず、なかなか面白い試合だったようで。
 ただ、なぜこれが生中継されなかったのかはよく分かりませんが・・・。
 それにしても、プレミアだけではなくリーガのほうもポルトガル代表のいるチームが軒並み上位に名を連ねています。
 これは非常にうれしいことです。
 この状況がシーズンのどこまで続くのか、最後まで続くのか楽しみです。
 あと、マドリーも首位なんですね。
 しかも、まだ1失点。
 この辺りは、さすがカペッロといったところなのでしょうか。
 あとは、CLでどれだけの内容を見せられるかでしょう。
 次は、ステアウアが圧勝したディナモ・キエフですから、1対0でサポーターは満足しないことは言うまでもありません。

 さて、今日は放送がありませんが、プレミアで台風の目となりつつあるポーツマスが試合を行います。
 マヌエル・フェルナンデスのプレミアデビューを早く見たいところです。
 ハリー・レドナップ監督も期待のコメントをしておりましたので、ぜひとも試合で使ってあげてください。 


 最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます。
最新サッカー情報なら、人気ブログランキング
  
| | インテル | comments(0) | trackbacks(0) |









url: http://soccer.portugalnosusume.com/trackback/490978