ポルトガルサッカーのすすめ

ポルトガル代表をはじめとする、ポルトガルサッカー専門ブログです。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>    
LINKS
※当ブログはリンクフリーです。ご自由にリンクを張ってください。
RECOMMEND
UEFAチャンピオンズリーグ2003/2004 ポルト 優勝への軌跡
UEFAチャンピオンズリーグ2003/2004 ポルト 優勝への軌跡 (JUGEMレビュー »)

現在のポルトガル代表の主力、デコ、カルバーリョ、マニシェらの活躍がここに。モウリーニョに率いられ、欧州を制するまでのドラマを収録!
RECOMMEND
ジョゼ・モウリーニョ
ジョゼ・モウリーニョ (JUGEMレビュー »)
ルイス ローレンス, ジョゼ モウリーニョ, Lu´is Lourenco, Jos´e Mourinho, 西竹 徹, 西岡 明彦
本人公認本が日本上陸。現在世界で最も有名な監督の一人が、どのようにして誕生したか、秘話が満載です。
RECOMMEND
Cristiano Ronaldo (Artnik Football)
Cristiano Ronaldo (Artnik Football) (JUGEMレビュー »)
Michael O'Connell
W杯ドイツ大会までのC・ロナウドを書いた本です。洋書です。英語が分からなくても、写真集として楽しめます。
RECOMMEND
マヌエル・ルイ・コスタ〜ポルトガルが生んだフィールドのマエストロ〜
マヌエル・ルイ・コスタ〜ポルトガルが生んだフィールドのマエストロ〜 (JUGEMレビュー »)

ポルトガルサッカー史上最高の司令塔、マヌエル・ルイ・コスタのフィオレンティーナ時代の映像を収録!
RECOMMEND
ポルトガル・サッカー物語
ポルトガル・サッカー物語 (JUGEMレビュー »)
市之瀬 敦
村上龍氏推薦!「ポルトガルサッカー、それは魔術的だ。驚異的な技術だけがそれを可能にした」
RECOMMEND
2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD 「ポルトガル代表 戦いの軌跡」
2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD 「ポルトガル代表 戦いの軌跡」 (JUGEMレビュー »)

ポルトガル代表40年ぶりのベスト4進出!欧州西端の小国がドイツを舞台に披露した見事な戦いをここに収録!
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
<< リバプール対チェルシー戦展望 | main | ミラン対マンU戦プレビュー >>
決勝進出はリバプール
 ポルトガルサッカー専門ブログ「ポルトガルサッカーのすすめ」は、ブログランキングで、現在9位。
 一時的にトップ10に復帰しました。
 ただ、いつまた落ちてもおかしくありません。
 今後も一緒にポルトガル代表を応援してくださる方は、ブログランキングのクリックのご協力をよろしくお願いいたします。
↓一日一回クリックをお願いします。↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング


 決勝に進出を決めたのは、チェルシーではなくリバプールでした。
 アッガーのゴールで1対0となり、そのまま試合終了。
 PK戦で、チェルシーはロッベンとジェレミがレイナに止められ万事休す。
 1対4で敗れました。
 ゴールを奪われ、ゴールを決められず、途中から投入した二人がPKを止められるという、采配としては最悪の結果です。

 チェルシーは、またしてもリバプールの前に屈しました。
 これにより、クアドルプルどころか、カーリングカップ1冠に終わるというモウリーニョ体制最悪のシーズンとなるかもしれません。
 もちろん、これだけの結果でも十分素晴らしいわけですが。
 
 来シーズンこそ悲願成就へ向け、がんばってもらいましょう。
 ビッググラブへの道は険しいです。


 最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。
 今後も「ポルトガルサッカーのすすめ」をよろしくお願いいたします。
 応援いただける方は、ブログランキングのクリックを1日1回お願いいたします。
 クリックしていただけると、管理人の今後の励みになります。
↓こちらのクリックをお願いいたします↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング 
  
| capitao0707 | チャンピオンズリーグ | comments(4) | - |
hamon (2007/05/02 8:39 PM)
はあ〜。見ているだけの私が疲れてしまいました(笑)。  

チェルシーは疲労の蓄積度、ケガ人の多さにおいてはリバプールに比べて圧倒的に不利でしたが、よく戦ったなあと思います。個人的にはカルバーリョが出場できなかったのは残念です。彼がいれば守備に気を遣いっぱなしの状況から抜け出せたはずです。欲を言えば、ロッベンがもう少し早く戻ってきてくれれば、いや、バラックが、シェフチェンコが・・・キリがありませんね。パウロは良かったです。合格!

カルバーリョは6月のベルギー戦にはプレーできるのでしょうか?今シーズン絶望のようなひどいケガでなければいいのですが。それに、シモン。大丈夫ですか?お願いしますよ〜、ロナウドが出場停止なんだから・・・。心配です。

※ ご心配いただいてすみませんでした。気をつけます。
なべ(管理人) (2007/05/02 10:18 PM)
hamon様、こんばんは。
チェルシーは、ここが限界だったのでしょう。
結果として、チェルシーの補強が今シーズンは失敗だったということです。
また、一から出直しです。
夏にどのような補強を行うか、目が離せなくなってきました。

カルバーリョ、シモンは心配ですね。
シモンの状況はよく分かりませんが、カルバーリョは一部報道だと今季絶望とあったので、特に心配です。
大事に至っていないことを願うばかりです。
shimada (2007/05/03 8:33 AM)
フェレイラは、だんだんよくなって、チェルシーの右SBのレギュラーを取り戻した感がありますね。
なべ(管理人) (2007/05/06 6:01 PM)
shimada様、こんばんは。
パウロ・フェレイラはまずまずでしたが、CL制覇を狙うチームのサイドバックとしては心許無いと思います。
やはり来シーズンの補強ポイントとなることでしょう。