ポルトガルサッカーのすすめ

ポルトガル代表をはじめとする、ポルトガルサッカー専門ブログです。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>    
LINKS
※当ブログはリンクフリーです。ご自由にリンクを張ってください。
RECOMMEND
UEFAチャンピオンズリーグ2003/2004 ポルト 優勝への軌跡
UEFAチャンピオンズリーグ2003/2004 ポルト 優勝への軌跡 (JUGEMレビュー »)

現在のポルトガル代表の主力、デコ、カルバーリョ、マニシェらの活躍がここに。モウリーニョに率いられ、欧州を制するまでのドラマを収録!
RECOMMEND
ジョゼ・モウリーニョ
ジョゼ・モウリーニョ (JUGEMレビュー »)
ルイス ローレンス, ジョゼ モウリーニョ, Lu´is Lourenco, Jos´e Mourinho, 西竹 徹, 西岡 明彦
本人公認本が日本上陸。現在世界で最も有名な監督の一人が、どのようにして誕生したか、秘話が満載です。
RECOMMEND
Cristiano Ronaldo (Artnik Football)
Cristiano Ronaldo (Artnik Football) (JUGEMレビュー »)
Michael O'Connell
W杯ドイツ大会までのC・ロナウドを書いた本です。洋書です。英語が分からなくても、写真集として楽しめます。
RECOMMEND
マヌエル・ルイ・コスタ〜ポルトガルが生んだフィールドのマエストロ〜
マヌエル・ルイ・コスタ〜ポルトガルが生んだフィールドのマエストロ〜 (JUGEMレビュー »)

ポルトガルサッカー史上最高の司令塔、マヌエル・ルイ・コスタのフィオレンティーナ時代の映像を収録!
RECOMMEND
ポルトガル・サッカー物語
ポルトガル・サッカー物語 (JUGEMレビュー »)
市之瀬 敦
村上龍氏推薦!「ポルトガルサッカー、それは魔術的だ。驚異的な技術だけがそれを可能にした」
RECOMMEND
2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD 「ポルトガル代表 戦いの軌跡」
2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD 「ポルトガル代表 戦いの軌跡」 (JUGEMレビュー »)

ポルトガル代表40年ぶりのベスト4進出!欧州西端の小国がドイツを舞台に披露した見事な戦いをここに収録!
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
<< ミラン対マンU戦プレビュー | main | マンUとチェルシーはなぜ敗れたか >>
マンU散る
 ポルトガルサッカー専門ブログ「ポルトガルサッカーのすすめ」は、ブログランキングで、現在9位。
 一時的にトップ10に復帰しました。
 ただ、いつまた落ちてもおかしくありません。
 今後も一緒にポルトガル代表を応援してくださる方は、ブログランキングのクリックのご協力をよろしくお願いいたします。
↓一日一回クリックをお願いします。↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング


 マンU、負けました。
 ヴィディッチが復帰したものの、守備は改善されず、前半早々に失点。
 30分にもミスから失点して万事休す。
 ショッツ・オン・ゴールが2では、勝ち目はありません。

 ロナウドは、カカと比べれば一目瞭然。
 まだバロンドールの器ではなかったようです。
 今日もプレーが軽い。
 ロナウドがさらなる成長を遂げるためには、今日は負けたほうがよいとさえ思いながら見ていました。

 04-05シーズンのリベンジならず。
 チェルシーもリベンジできず。
 ということは、リバプールの優勝で決定ですか?


 最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。
 今後も「ポルトガルサッカーのすすめ」をよろしくお願いいたします。
 応援いただける方は、ブログランキングのクリックを1日1回お願いいたします。
 クリックしていただけると、管理人の今後の励みになります。
↓こちらのクリックをお願いいたします↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング 
  
| capitao0707 | チャンピオンズリーグ | comments(2) | - |
草平 (2007/05/03 7:48 PM)
なべさん!情報ありがとうございます。
負けちゃいましたね……
ロナウドはそんなに抑えられていたんでしょうか??
スカパーに加入したいと願う今頃です(笑)
悔しいですね!ファーストレグを勝っているだけに悔しさ倍増です。
なべ(管理人) (2007/05/06 6:06 PM)
草平様、こんばんは。
ロナウドは抑えられていました。
ロナウドの場合、カカほど試合の流れを読むことができないので、危険な時間は攻撃より守備を重視するとか考えることができないところがあります。
そのあたりが露呈したと言ってよいでしょう。
テクニックに目を奪われがちですが、試合に勝つには戦術眼がないといけません。
マンUだとギグスやスコールズ、キャリックなど後ろの選手に任せて、攻撃に集中しているようですが、もっと試合を読めないと、これ以上成長することは無いでしょう。