ポルトガルサッカーのすすめ

ポルトガル代表をはじめとする、ポルトガルサッカー専門ブログです。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>    
LINKS
※当ブログはリンクフリーです。ご自由にリンクを張ってください。
RECOMMEND
UEFAチャンピオンズリーグ2003/2004 ポルト 優勝への軌跡
UEFAチャンピオンズリーグ2003/2004 ポルト 優勝への軌跡 (JUGEMレビュー »)

現在のポルトガル代表の主力、デコ、カルバーリョ、マニシェらの活躍がここに。モウリーニョに率いられ、欧州を制するまでのドラマを収録!
RECOMMEND
ジョゼ・モウリーニョ
ジョゼ・モウリーニョ (JUGEMレビュー »)
ルイス ローレンス, ジョゼ モウリーニョ, Lu´is Lourenco, Jos´e Mourinho, 西竹 徹, 西岡 明彦
本人公認本が日本上陸。現在世界で最も有名な監督の一人が、どのようにして誕生したか、秘話が満載です。
RECOMMEND
Cristiano Ronaldo (Artnik Football)
Cristiano Ronaldo (Artnik Football) (JUGEMレビュー »)
Michael O'Connell
W杯ドイツ大会までのC・ロナウドを書いた本です。洋書です。英語が分からなくても、写真集として楽しめます。
RECOMMEND
マヌエル・ルイ・コスタ〜ポルトガルが生んだフィールドのマエストロ〜
マヌエル・ルイ・コスタ〜ポルトガルが生んだフィールドのマエストロ〜 (JUGEMレビュー »)

ポルトガルサッカー史上最高の司令塔、マヌエル・ルイ・コスタのフィオレンティーナ時代の映像を収録!
RECOMMEND
ポルトガル・サッカー物語
ポルトガル・サッカー物語 (JUGEMレビュー »)
市之瀬 敦
村上龍氏推薦!「ポルトガルサッカー、それは魔術的だ。驚異的な技術だけがそれを可能にした」
RECOMMEND
2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD 「ポルトガル代表 戦いの軌跡」
2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD 「ポルトガル代表 戦いの軌跡」 (JUGEMレビュー »)

ポルトガル代表40年ぶりのベスト4進出!欧州西端の小国がドイツを舞台に披露した見事な戦いをここに収録!
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
<< 動画大特集!フィーゴ・チャリティーマッチ | main | ナニに続くか?ティアゴとシモン >>
フィーゴ、インテル残留
 ポルトガルサッカー専門ブログ「ポルトガルサッカーのすすめ」は、ブログランキングで、なぜか6位へ浮上。
 しかし、いつ再びトップ10から転落してもおかしくありません。
 今後もポルトガル代表を一緒に応援してくださる方は、ブログランキングのクリックのご協力をよろしくお願いいたします。
↓一日一回クリックをお願いします。↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング


 今日はビッグニュースが一つ飛び込んできました。
 すでにご存知かと思いますが、ルイス・フィーゴのインテル残留が決定しました。
 しかも、来シーズン限りで引退し、その後はインテルのフロント入りも発表されました。
 フィーゴ、してやったりといったところでしょうか。
 引退後、何をするのかさっぱりわからなかったフィーゴでしたが、まさかサッカーの世界に留まることになろうとは。
 しかも、インテルのフロントとは。
 サッカーの世界というのは、本当に分からないものです。
 
 とりあえず、サウジアラビア行きが無くなり、一安心。
 そして、来シーズンもフィーゴのプレーを見ることができて何よりです。
 ただし、来シーズンのセリエA放送が確約されたわけではありませんので、そこは一抹の不安を抱えています。
 WOWOWはリーガエスパニョーラの開幕戦を放送し損ねるという大失態を犯していますので。
 ちなみに、オランダ・エールディビジの放送は打ち切り。
 リーガエスパニョーラとチャンピオンズリーグの放送は確定しているようです。


 さて、今朝は注目のU-21欧州選手権が開幕。
 ポルトガルは、ベルギーと対戦。
 スコアレスドローに終わっています。
 ベルギー戦のスタメンは、以下のとおり。

GK:P・リベイロ
DF:F・オリベイラ、ダ・コスタ、セメド、ゴンサウベス
MF:M・ヴェローゾ、J・モウティーニョ、M・フェルナンデス
FW:ナニ、U・アウメイダ、Y・ジャロ

 UEFAのHPでは、動画も見ることができます。
 動画はこちらから
 
 アウメイダは、あのヘディングを決めなければいけません。
 勝つこともできたでしょう。
 どうやらこの世代のベルギーは、近年で最強らしいのですが、ヴィンセント・コンパニなど3名ほどレギュラークラスを欠いているわけですし、ポルトガルのメンバーはB代表レベルと言えるわけで、これなら勝たなければならないでしょう。
 この世代が次のフル代表を担っていくわけで、そう考えると不安を抱かざるを得ません。

 まあ、昨年は1点も奪えず連敗してしまったことを考えれば、勝ち点1を奪えただけ良しとしましょう。
 次の相手は、前回王者オランダです。
 絶対に負けられません。
 ここで敗れたら、厳しくなります。
 オランダに勝つのは並大抵のことではないでしょうから、せめて引き分けに持ち込んで、最終戦のイスラエル戦で勝負をかけるというプランになるでしょうか。
 グループリーグ突破へ向けて、がんばってもらいましょう。


 最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。
 今後も「ポルトガルサッカーのすすめ」をよろしくお願いいたします。
 今後も一緒にポルトガル代表を応援していただける方は、ブログランキングのクリックも1日1回お願いいたします。
 クリックしていただけると、管理人の今後の励みになります。
↓こちらのクリックをお願いいたします↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング 
  
| capitao0707 | セリエA | comments(1) | - |
- (2007/06/12 12:54 PM)
管理者の承認待ちコメントです。