ポルトガルサッカーのすすめ

ポルトガル代表をはじめとする、ポルトガルサッカー専門ブログです。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>    
LINKS
※当ブログはリンクフリーです。ご自由にリンクを張ってください。
RECOMMEND
UEFAチャンピオンズリーグ2003/2004 ポルト 優勝への軌跡
UEFAチャンピオンズリーグ2003/2004 ポルト 優勝への軌跡 (JUGEMレビュー »)

現在のポルトガル代表の主力、デコ、カルバーリョ、マニシェらの活躍がここに。モウリーニョに率いられ、欧州を制するまでのドラマを収録!
RECOMMEND
ジョゼ・モウリーニョ
ジョゼ・モウリーニョ (JUGEMレビュー »)
ルイス ローレンス, ジョゼ モウリーニョ, Lu´is Lourenco, Jos´e Mourinho, 西竹 徹, 西岡 明彦
本人公認本が日本上陸。現在世界で最も有名な監督の一人が、どのようにして誕生したか、秘話が満載です。
RECOMMEND
Cristiano Ronaldo (Artnik Football)
Cristiano Ronaldo (Artnik Football) (JUGEMレビュー »)
Michael O'Connell
W杯ドイツ大会までのC・ロナウドを書いた本です。洋書です。英語が分からなくても、写真集として楽しめます。
RECOMMEND
マヌエル・ルイ・コスタ〜ポルトガルが生んだフィールドのマエストロ〜
マヌエル・ルイ・コスタ〜ポルトガルが生んだフィールドのマエストロ〜 (JUGEMレビュー »)

ポルトガルサッカー史上最高の司令塔、マヌエル・ルイ・コスタのフィオレンティーナ時代の映像を収録!
RECOMMEND
ポルトガル・サッカー物語
ポルトガル・サッカー物語 (JUGEMレビュー »)
市之瀬 敦
村上龍氏推薦!「ポルトガルサッカー、それは魔術的だ。驚異的な技術だけがそれを可能にした」
RECOMMEND
2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD 「ポルトガル代表 戦いの軌跡」
2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD 「ポルトガル代表 戦いの軌跡」 (JUGEMレビュー »)

ポルトガル代表40年ぶりのベスト4進出!欧州西端の小国がドイツを舞台に披露した見事な戦いをここに収録!
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
<< 今日も移籍の話題あれやこれや | main | 移籍市場を見る >>
ポルトガル代表サッカー雑誌掲載情報
 ポルトガルサッカー専門ブログ「ポルトガルサッカーのすすめ」は、ブログランキングで、現在7位。
 しかし、いつ再びトップ10から転落してもおかしくありません。
 今後もポルトガル代表を一緒に応援してくださる方は、ブログランキングのクリックのご協力をよろしくお願いいたします。
↓一日一回クリックをお願いします。↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング


 今日は毎度おなじみ(?)、ポルトガル代表のサッカー雑誌掲載情報です。
 管理人は『ワールドサッカーダイジェスト』『ワールドサッカーマガジン』『ワールドサッカーキング』3誌を購入しました。
 合計1,710円の出費です。

 今日は、まず『ワールドサッカーキング』から。
 『キング』には、選手たちの過去を紹介する「英雄の履歴書」というコーナーがあるのですが、今回紹介されているのは、ポルトガル代表のニュースター候補、リカルド・クアレスマです。
 
 日本では、今シーズン急激に知名度が上がった感のあるクアレスマです。
 故に、生い立ちやこれまでのキャリアについて、多くの方は知らないでしょう。
 おそらく日本で紹介された記事の中では、最も詳しいものとなっていると思います。
 クアレスマのファンの方は、必ずチェックしてください。
 
 そういえば、当ブログやメインサイトの掲示板などで、クアレスマのバルセロナ再挑戦を期待するようなコメントをいただいたことがありました。
 私はクアレスマがバルセロナと喧嘩別れしたことを知っていたので、正直それはあり得ないことだと認識していました。
 今回の記事を読めば、少なくともラポルタ会長とライカールト監督がいる間は、クアレスマのバルセロナ再挑戦などあり得ないことだと理解していただけると思います。
 
 『キング』のメイン企画は、「07-08シーズン開幕フォーメーション完全公開」。
 はっきり言って、時期尚早。
 ようやく06-07シーズンが終わったというのに、いくらなんでも早すぎです。
 7月末から8月の頭、シーズン開幕を間近に控えた頃ならピンと来る企画です。
 その時期になってこの企画をやれば、各クラブの新戦力や残りの移籍市場での動きなども含めて、新シーズンにどのような顔触れで挑むことになるのかが一気にチェックできるわけで、ファンとしても有難い企画となるはずです。

 この企画にそれほど噛み付かなくても良いのでは?と思われる方もいらっしゃるでしょうが、今回はどうしても納得がいきません。
 「完全公開」と言っておきながら、(当たり前ですが)仮定の話が多すぎて、全く完全ではありません。
 例えば、クリスティアーノ・ロナウドがマンUとレアル・マドリーにいます。
 そんなことがあり得ますか?
 アーセナルのトップにアンリがいますし、バルセロナのセンターバックにプジョルがいますが、ともにそこにはいないでしょう。
 フォーメーションも、現時点で「公算が高い」という理由で決めており、単なる予想でしかありません。

 もちろん、アンリの移籍はその時点で予想できなかったことでしょうし、プジョルの負傷も全くの想定外でしょう。
 しかし、『キング』は「開幕フォーメーション完全公開」と銘打って出版しました。
 残念ながら、これは失敗だったと思います。
 ただ、選手の写真を、カードゲームのように能力のパラメータをつけてフィールドに配置して紹介しているのは、面白いと思いました。
 ですから、開幕を間近に控えた頃にもう一度この企画を行ってもらえれば、かなり良い企画になったではないでしょうか。
 そこが残念でなりません。

 あとは、各クラブの情報をもっと集めて、より多くのクラブを紹介して欲しかったです。
 各国の上位クラブになるのは仕方ありませんが、スペインがバルサ・マドリー・セビージャだけというのはおかしくありませんか?
 なぜバレンシアを紹介しないのでしょうか?
 ドイツ王者のシュツットガルトは無視して、バイエルンのみですか?
 全く理解できません。
 漫画など必要ありませんから、もっとサッカーの情報を伝えてください。

 不満をぶちまけたところで、次に『マガジン』。
 マガジンは、付録がクリスティアーノ・ロナウドのポスターです。
 それから、ポルトガルファンならチェックしてほしい記事が一つ。
 今回の『マガジン』のメイン企画は、「移籍マーケット完全読本」ということで、この時期おなじみの移籍ネタなのですが、その中で緊急リポートということで、マンUに電撃移籍したナニをクローズアップしています。
 日本でナニについての詳細が語られるのは、これが初めてのことだと思います。
 ですから、ポルトガルのファンの方は、こちらの記事も必ずチェックしておいてください。

 メイン企画は、やはりこの時期ならこうなります。
 『マガジン』も予想フォーメーションはありますが、「開幕はコレ!」と銘打って、大々的に紹介しているわけではなく、モデルとしてこうなるのでは?程度に紹介していますので、こちらとしても予想として受け入れることができます。

 また、紹介しているクラブ数が『キング』に比べて圧倒的に多いです。
 『キング』は、ビッグクラブのみ、わずか13チームであるのに対し、『マガジン』は23チームを紹介しています。
 より多くのクラブの情報を提供しようとしている『マガジン』の姿勢の方が好感が持てます。
 『キング』は、もっと本気でがんばらないと、サッカーファンを掴むことはできないでしょう。

 最後に『ダイジェスト』。
 ポルトガル情報は、特になし。
 メイン企画は、「シーズンオフの愉しみ方」。
 あ〜、これいいです。
 選手のシーズンオフの過ごし方などあまり知りませんから、これからじっくり読みたいと思います。
 
 明日は、移籍関係の記事を書こうと思っています。


 最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。
 今後も「ポルトガルサッカーのすすめ」をよろしくお願いいたします。
 今後も一緒にポルトガル代表を応援していただける方は、ブログランキングのクリックも1日1回お願いいたします。
 クリックしていただけると、管理人の今後の励みになります。
↓こちらのクリックをお願いいたします↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング 
  
| capitao0707 | ポルトガル代表 | comments(0) | - |