ポルトガルサッカーのすすめ

ポルトガル代表をはじめとする、ポルトガルサッカー専門ブログです。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>    
LINKS
※当ブログはリンクフリーです。ご自由にリンクを張ってください。
RECOMMEND
UEFAチャンピオンズリーグ2003/2004 ポルト 優勝への軌跡
UEFAチャンピオンズリーグ2003/2004 ポルト 優勝への軌跡 (JUGEMレビュー »)

現在のポルトガル代表の主力、デコ、カルバーリョ、マニシェらの活躍がここに。モウリーニョに率いられ、欧州を制するまでのドラマを収録!
RECOMMEND
ジョゼ・モウリーニョ
ジョゼ・モウリーニョ (JUGEMレビュー »)
ルイス ローレンス, ジョゼ モウリーニョ, Lu´is Lourenco, Jos´e Mourinho, 西竹 徹, 西岡 明彦
本人公認本が日本上陸。現在世界で最も有名な監督の一人が、どのようにして誕生したか、秘話が満載です。
RECOMMEND
Cristiano Ronaldo (Artnik Football)
Cristiano Ronaldo (Artnik Football) (JUGEMレビュー »)
Michael O'Connell
W杯ドイツ大会までのC・ロナウドを書いた本です。洋書です。英語が分からなくても、写真集として楽しめます。
RECOMMEND
マヌエル・ルイ・コスタ〜ポルトガルが生んだフィールドのマエストロ〜
マヌエル・ルイ・コスタ〜ポルトガルが生んだフィールドのマエストロ〜 (JUGEMレビュー »)

ポルトガルサッカー史上最高の司令塔、マヌエル・ルイ・コスタのフィオレンティーナ時代の映像を収録!
RECOMMEND
ポルトガル・サッカー物語
ポルトガル・サッカー物語 (JUGEMレビュー »)
市之瀬 敦
村上龍氏推薦!「ポルトガルサッカー、それは魔術的だ。驚異的な技術だけがそれを可能にした」
RECOMMEND
2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD 「ポルトガル代表 戦いの軌跡」
2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD 「ポルトガル代表 戦いの軌跡」 (JUGEMレビュー »)

ポルトガル代表40年ぶりのベスト4進出!欧州西端の小国がドイツを舞台に披露した見事な戦いをここに収録!
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
<< ポルトガル代表サッカー雑誌掲載情報 | main | バレンシアのサイドバックを巡る噂 >>
移籍市場を見る
 ポルトガルサッカー専門ブログ「ポルトガルサッカーのすすめ」は、ブログランキングで、10位まで急降下。
 いつトップ10から転落してもおかしくありません。
 今後もポルトガル代表を一緒に応援してくださる方は、ブログランキングのクリックのご協力をよろしくお願いいたします。
↓一日一回クリックをお願いします。↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング


 昨日はアーセナルのティエリ・アンリがバルセロナへ移籍するというビッグニュースが全世界を駆け巡りました。
 今年は久しぶりに熱い移籍市場となっているということで、今日は『キング』『マガジン』両誌をもとに、ポルトガルの在籍するクラブやポルトガル代表の動きを中心に、今後の移籍市場を探ってみたいと思います。

 まずは、やはりバルセロナから。
 今シーズンは無冠に終わり、チームの再建を図るべく、新選手の獲得に動くと思われていましたが、まさかアンリを本当に獲得するとは・・・。
 マンUに続いてバルセロナもサプライズを提供してくれましたが、バルセロナはまだ止まりません。
 バルセロナの補強ポイントの一つに守備的MFが挙げられており、以前からバレンシアのアルベルダやローマのデ・ロッシなどの名前が浮上していました。
 しかし、バルセロナはここにきて噂が急浮上していたモナコのヤヤ・トゥレ(アーセナルのコロ・トゥレの弟)を獲得した模様で、近く正式発表されると見られています。
 そして、プジョルの負傷により、センターバックの獲得も急務となり、個人的にはジョルジ・アンドラーデの獲得に向けて前進するのではないかと見ていました。
 ところが、バルセロナの選択は、アンドラーデではなくローマのクリスチャン・キブのようです。
 交渉は着々と進んでいる模様で、月曜日にも正式発表されるとか。
 あとは、左サイドバック、リヨンのアビダルの獲得が噂されており、アビダルを獲得できれば、バルセロナの理想の布陣は完成することになりそうです。

 同じスペインのバレンシアは、カルボーニSDを解任。
 遅すぎです。
 ソレール会長は、「経験不足」と言っていますが、そんなことは分かっていたはずです。
 キケ・フローレス監督と犬猿の仲にあったのは周知の事実であり、フローレス監督をとって、カルボーニを切ったというだけの話でしょう。
 
 さて、本題の選手の方はというと、まずはデポルティボのアリスメンディを獲得しました。
 今シーズンは、ずっと怪我人になやまされていたこともあり、選手層の底上げが課題となります。
 まずはFWから発表となりました。
 しかし、なんといってもビジャレアル行きが決定しているロベルト・アジャラの穴が気になります。
 ヘタフェのアレクシスの獲得が決定していますが、長いシーズンを考えれば、センターバックをもう一枚確保しておきたいところでしょう。
 また、ミゲウとヴィアナの去就も気になります。

 アトレチコは、来シーズンこそチャンピオンズリーグ出場、さらなる高みを目指して、今年も大型補強を敢行すると見られています。
 具体的には、まだ大物を獲得してはいませんが、クアレスマの獲得は無いでしょう。
 マニシェとコスティーニャ、ゼ・カストロはどうなるのでしょうか。
 マニシェは絶対残すべきだと思います。


 次に、イングランド。
 まずは、マンチェスター・ユナイテッド
 ナニとアンデルソン、そしてハーグリーブスの獲得によってひと段落したかに思えたマンチェスター・ユナイテッドの補強ですが、デビッド・ギル会長がFWの獲得を明言したため、その動向が注目されます。
 本命は、やはりアトレチコのフェルナンド・トーレスということになりそうですが、すでに今シーズンの予算の大半を使い切ったため、より安価で獲得できるアヤックスのフンテラールという名前が浮上しており、目が離せません。
 個人的には、右サイドバックの補強が急務のようにも思いますが、ここは来シーズン以降ということになるでしょう。
 
 そして、今後は、いまだに大金を動かしていないチェルシーが一体誰を獲得するのか。
 なんといっても注目は、センターバックのジョルジ・アンドラーデ。
 ベン・ハイムを獲得したため、トーンダウンしていますが、噂は消えず。
 アンドラーデ本人の第一希望はスペイン残留ということもあり、レアル・マドリーとバルセロナが移籍先の本命ですが、バルセロナがキブの獲得に本腰を上げたことから、レアル・マドリーの方が濃厚なのかもしれません。
 移籍金でこじれない限り、今夏の移籍はほぼ確実でしょうから、移籍が決定するまでアンドラーデの名前はマーケットに度々登場することになるでしょう。
 個人的には、チェルシーは無しなのですが、はたしてどうなることやら。
 
 また、ミゲウとパウロ・フェレイラの右サイドバックも気になります。
 ミゲウは無いとは思いますが、今シーズンの移籍市場を見せらせると、何が起きても不思議ではありません。
 パウロ・フェレイラは、大丈夫でしょうか?
 リヨン行きという噂があるようです。
 放出は避けられないところなのでしょうか。
 もちろん、今シーズンの出来を見れば、放出されても文句は言えないのですが。

 イタリアでは、すでにティアゴのユベントス移籍が決定していますが、ポルトガル代表を狙っているクラブといえば、フィーゴの所属するインテルです。
 インテルは、フィーゴの後継としてポルトのリカルド・クアレスマを狙っているという噂があります。
 ただし、クアレスマはEURO2008を見据え、今シーズンの移籍は見送るのではないかという線が強まってきています。
 センターハーフでは、デコもいまだに獲得候補のようですが、こちらもデコ自身のコメントを見る限り、移籍は無さそうです。
 また、ジョアン・モウティーニョという選択肢もあるようですが、スポルティング側の抵抗は必至ですし、インテルが真剣にオファーを出すかどうかも微妙なところです。
 
 随分長くなってしまったので、今日はこの辺りにしておきます。
 毎日毎日状況が変わるようで、一時も目が離せません。
 ちなみに、ポルトガル国内では3強よりもブラガの動きが積極的です。


 最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。
 今後も「ポルトガルサッカーのすすめ」をよろしくお願いいたします。
 今後も一緒にポルトガル代表を応援していただける方は、ブログランキングのクリックも1日1回お願いいたします。
 クリックしていただけると、管理人の今後の励みになります。
↓こちらのクリックをお願いいたします↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング 
  
| capitao0707 | コラム | comments(2) | - |
shimada (2007/06/24 11:04 PM)
チェルシーの右SBは、レンタルバックしてくるGジョンソンで決まりではないでしょうか?
なべ(管理人) (2007/06/25 9:38 PM)
shimada様、こんばんは。
グレン・ジョンソンは、CL制覇を狙うクラブの右サイドバックとしては、大変心許無いと思います。
おそらく補強が行われると思っていたところ、今日になって、ダニエウ・アウベスやミゲウという名前が浮上してきました。
おそらく、レギュラーを任せることができそうな新戦力の補強があると私は予想しています。