ポルトガルサッカーのすすめ

ポルトガル代表をはじめとする、ポルトガルサッカー専門ブログです。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>    
LINKS
※当ブログはリンクフリーです。ご自由にリンクを張ってください。
RECOMMEND
UEFAチャンピオンズリーグ2003/2004 ポルト 優勝への軌跡
UEFAチャンピオンズリーグ2003/2004 ポルト 優勝への軌跡 (JUGEMレビュー »)

現在のポルトガル代表の主力、デコ、カルバーリョ、マニシェらの活躍がここに。モウリーニョに率いられ、欧州を制するまでのドラマを収録!
RECOMMEND
ジョゼ・モウリーニョ
ジョゼ・モウリーニョ (JUGEMレビュー »)
ルイス ローレンス, ジョゼ モウリーニョ, Lu´is Lourenco, Jos´e Mourinho, 西竹 徹, 西岡 明彦
本人公認本が日本上陸。現在世界で最も有名な監督の一人が、どのようにして誕生したか、秘話が満載です。
RECOMMEND
Cristiano Ronaldo (Artnik Football)
Cristiano Ronaldo (Artnik Football) (JUGEMレビュー »)
Michael O'Connell
W杯ドイツ大会までのC・ロナウドを書いた本です。洋書です。英語が分からなくても、写真集として楽しめます。
RECOMMEND
マヌエル・ルイ・コスタ〜ポルトガルが生んだフィールドのマエストロ〜
マヌエル・ルイ・コスタ〜ポルトガルが生んだフィールドのマエストロ〜 (JUGEMレビュー »)

ポルトガルサッカー史上最高の司令塔、マヌエル・ルイ・コスタのフィオレンティーナ時代の映像を収録!
RECOMMEND
ポルトガル・サッカー物語
ポルトガル・サッカー物語 (JUGEMレビュー »)
市之瀬 敦
村上龍氏推薦!「ポルトガルサッカー、それは魔術的だ。驚異的な技術だけがそれを可能にした」
RECOMMEND
2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD 「ポルトガル代表 戦いの軌跡」
2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD 「ポルトガル代表 戦いの軌跡」 (JUGEMレビュー »)

ポルトガル代表40年ぶりのベスト4進出!欧州西端の小国がドイツを舞台に披露した見事な戦いをここに収録!
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
<< 今日もアトレチコの話題 | main | デコは放出しない >>
ユベントスがフェルナンド・メイラに興味
 ポルトガルサッカー専門ブログ「ポルトガルサッカーのすすめ」は、ブログランキングで、10位まで急降下。
 いつトップ10から転落してもおかしくありません。
 今後もポルトガル代表を一緒に応援してくださる方は、ブログランキングのクリックのご協力をよろしくお願いいたします。
↓一日一回クリックをお願いします。↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング


 今日は、イタリア方面から面白い話が入ってきました。



 先日、ポルトガルMFティアゴを獲得したユベントスが、シュツットガルトのキャプテン、フェルナンド・メイラを狙っているという報道がありました。

 ユベントスは、スペイン・リーガエスパニョーラのサラゴサに所属するアルゼンチン代表DFガブリエル・ミリートの獲得が間近と思われていたところ、金銭面で折り合いがつかず、いまだ正式決定していない状況です。
 そこで出てきたのが、フェルナンド・メイラ獲得の話です。

 ポルトガルでは、リカルド・カルバーリョとジョルジ・アンドラーデという絶対的な二人のセンターバックの控え。
 ときどきやってしまう大ポカがあり、ファンからは不安の種と見られていました。
 
 転機が訪れたのは、昨夏行われたドイツ・ワールドカップ。
 3月に負傷したジョルジ・アンドラーデに代わって、"地元"で行われるワールドカップにレギュラーとして出場。
 見事にアンドラーデの穴を埋め、ポルトガルの40年ぶりのベスト4進出に大きく貢献。
 さらに、今シーズンのブンデスリーガでは、シュツットガルトのキャプテンとしてチームを引っ張り、15シーズンぶりのリーグ優勝に貢献しました。
 
 すると、いよいよドイツ国外への移籍という話しが浮上し始めました。
 出てきた名前は、スペインのバレンシア
 ロベルト・アジャラ放出後のディフェンスラインの柱という計算だったのでしょうか。
 そのバレンシアは、すでにヘタフェのアレクシスを獲得しています。
 若返りを図ったことを考えると、メイラの獲得は見送るのではないかと思います。

 そして、ここに来て出てきた話が、イタリアのユベントス
 これが実現した場合、ポルトガルファンとしては、非常にうれしいところです。
 ユベントスは、名将クラウディオ・ラニエリを招聘し、ある程度のスパンを見ての強化を図ることになるようです。
 3シーズン後には、セリエA優勝できればよいのではないかと思います。
 そのような強化を図る時期をラニエリに託したのは、フロントのファインプレー。

 あとは、ラニエリのために戦うことができる駒を揃えることがフロントの重要な役目となります。
 その意味では、ブッフォンとトレゼゲの引き留めに成功したのは大きいです。
 となると、来シーズンの現時点での予想布陣は、以下のようになるのでしょうか。

GK:ブッフォン
DF:グリゲラ、メイラ、ミリート、キエッリーニ
MF:サリハミジッチ、ティアゴ、アルミロン、ネドヴェド
FW:トレゼゲ、デル・ピエロ

 メイラは実際可能性は薄いのではないかと見ていますが、一応入れてみました。
 全体的には年齢が高く、フルシーズン戦うことについては、若干の不安があります。
 ただ、他のビッグクラブとは異なり、国内の戦いに専念できるのは、好材料でしょう。
 ユベントスは、復活に向けて、着実に歩み始めています。
 来シーズンの管理人は、プラティニ時代以来のユベンティーノ宣言をすることになるかもしれません。


 最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。
 今後も「ポルトガルサッカーのすすめ」をよろしくお願いいたします。
 今後も一緒にポルトガル代表を応援していただける方は、ブログランキングのクリックも1日1回お願いいたします。
 クリックしていただけると、管理人の今後の励みになります。
↓こちらのクリックをお願いいたします↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング 
  
| capitao0707 | セリエA | comments(2) | - |
れな (2007/06/30 6:06 PM)
その話ですがどうも違法の接触らしいですよ。シュツットガルド側は訴えるとかで。ただメイラの過去調べたんですけど彼もフィーゴのように二重契約してしまった時あったんですよね。
http://homepage2.nifty.com/girassol/futebol/jogadores/meira/meira.htm
違法の話に乗らないといいですが…。ゴメスは前に噂ありましたけどね。ただメイラ取っても年齢的なものもありますし、ポルトのペペも噂になってるみたいですね。やっぱ若い選手優先で行くのではないかなと思います。
なべ(管理人) (2007/07/01 9:34 PM)
れな様、こんばんは。
苦情の申し立てというのは、どういうことなのでしょうかね。
何が法に抵触しているのか、よく分からないところです。
とりあえず、シュツットガルト側としては、メイラとゴメスの二人を放出するつもりはないということは間違いなさそうです。