ポルトガルサッカーのすすめ

ポルトガル代表をはじめとする、ポルトガルサッカー専門ブログです。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>    
LINKS
※当ブログはリンクフリーです。ご自由にリンクを張ってください。
RECOMMEND
UEFAチャンピオンズリーグ2003/2004 ポルト 優勝への軌跡
UEFAチャンピオンズリーグ2003/2004 ポルト 優勝への軌跡 (JUGEMレビュー »)

現在のポルトガル代表の主力、デコ、カルバーリョ、マニシェらの活躍がここに。モウリーニョに率いられ、欧州を制するまでのドラマを収録!
RECOMMEND
ジョゼ・モウリーニョ
ジョゼ・モウリーニョ (JUGEMレビュー »)
ルイス ローレンス, ジョゼ モウリーニョ, Lu´is Lourenco, Jos´e Mourinho, 西竹 徹, 西岡 明彦
本人公認本が日本上陸。現在世界で最も有名な監督の一人が、どのようにして誕生したか、秘話が満載です。
RECOMMEND
Cristiano Ronaldo (Artnik Football)
Cristiano Ronaldo (Artnik Football) (JUGEMレビュー »)
Michael O'Connell
W杯ドイツ大会までのC・ロナウドを書いた本です。洋書です。英語が分からなくても、写真集として楽しめます。
RECOMMEND
マヌエル・ルイ・コスタ〜ポルトガルが生んだフィールドのマエストロ〜
マヌエル・ルイ・コスタ〜ポルトガルが生んだフィールドのマエストロ〜 (JUGEMレビュー »)

ポルトガルサッカー史上最高の司令塔、マヌエル・ルイ・コスタのフィオレンティーナ時代の映像を収録!
RECOMMEND
ポルトガル・サッカー物語
ポルトガル・サッカー物語 (JUGEMレビュー »)
市之瀬 敦
村上龍氏推薦!「ポルトガルサッカー、それは魔術的だ。驚異的な技術だけがそれを可能にした」
RECOMMEND
2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD 「ポルトガル代表 戦いの軌跡」
2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD 「ポルトガル代表 戦いの軌跡」 (JUGEMレビュー »)

ポルトガル代表40年ぶりのベスト4進出!欧州西端の小国がドイツを舞台に披露した見事な戦いをここに収録!
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
<< ペペがマドリーへ、そしてリカルドがベティスへ | main | クアレスマにレアル・マドリーが接近!? >>
アルメニア対ポルトガル戦、生中継決定!
 ポルトガルサッカー専門ブログ「ポルトガルサッカーのすすめ」は、ブログランキングで、11位へ転落。
 一気にトップ10圏外へ転落してしまいました。
 今後もポルトガル代表を一緒に応援してくださる方は、ブログランキングのクリックのご協力をよろしくお願いいたします。
↓一日一回クリックをお願いします。↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング

 
 最近は、訪問者数がそれほど変化がないものの、ブログランキングのクリックをしてくださる方がめっきり減っており、あっという間にトップ10から転落してしまいました。
 クリックの少なさは、このブログへの期待度の低下と感じる日もあり、仕事が忙しいこともあり、いよいよ引退も検討している今日この頃です。
 
 さて、今日はU-20ワールドカップの決勝トーナメント1回戦ということで、一応録画予約して出勤したのですが、残念なことに2点リードしながら追いつかれ、結局PK戦負けという悔しい敗戦となってしまいました。
 試合をじっくり見ていないのでなんともいえませんが、全く歯が立たなかったというわけではなく、むしろ技術的には日本の方が上。
 それだけに、2点のリードを奪いながらの敗戦劇には相当悔いが残ることでしょう。

 次はスペインかブラジルの勝者というシチュエーションを考えれば、次こそが本当の勝負と考えていた選手も多かったはず。
 しかし、これが世界の怖さです。
 先日のアジアカップのカタール戦ではありませんが、まだこれからの若い選手たちには、こういう苦い経験をバネにして今後の飛躍を期待したいところです。
 我らがアルビレックスからも2人の選手が出場し、活躍してくれました。
 クラブに戻って、ここから学んだことを生かしてくれることを願います。


 ところで、このU-20ワールドカップの録画を早送りでチェックしていたところ、ハーフタイムにビッグなプレゼントが舞い込んできました。 
 8月22日に行われるEURO2008予選アルメニア対ポルトガル戦の生中継が決定したというのです。
 グループA屈指の強豪、ポルトガル代表の戦いを完全生中継だそうです。
 大急ぎでフジテレビ739のホームページを確認したところ、まだこの情報は掲載されておりませんでした。
 しかし、放送したということですから、決定ということで間違いないでしょう。

 非常にうれしいと思いつつ、なぜこのカードが生中継に選ばれたのだろうかということが気になり、他のカードをチェックしてみると、なるほど簡単にその理由が分かりました。
 強豪国の中で、この日にEURO2008の予選を戦うのは、ポルトガルしかいません。
 グループAの動向という意味では、ベルギー対セルビア戦も気になるところですが、さすがにこの試合を積極的に見たいという人が少ないでしょう。
 それよりも、クリスティアーノ・ロナウドやデコのいるポルトガルを選ぶのは当然のこととなります。

 しかし、この日は国際親善試合も多数行われる予定となっており、イングランド対ドイツというビッグマッチも用意されています。
 それでもポルトガルの試合を選んでくれたことは、ポルトガルの人気と実力が一定の評価を得ていることの表れだと思います。
 試合時間の関係もあるかもしれませんが、ポルトガルファンとしては、うれしい限りです。
 問題が無ければ、クリスティアーノ・ロナウドも戻ってくることですので、攻撃陣は活性化することでしょう。

 もちろん、アルメニアがホームでポーランドを破ったという事実を忘れてはいけません。
 また、ここまでグループ最小の3得点ながら、首位ポーランドを同じ7失点という堅守を誇っていることも無視できません。
 セルビア戦で3失点したものの、それ以外の6試合では2点以上奪われていません。
 3試合は、相手は零封しています。
 警戒は必要ですが、ポルトガルが実力を発揮できれば、全く問題の無い相手だと思います。
 9月の天王山を前に、弾みをつけるような圧勝劇に期待しましょう。


 最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。
 今後も「ポルトガルサッカーのすすめ」をよろしくお願いいたします。
 今後も一緒にポルトガル代表を応援していただける方は、ブログランキングのクリックも1日1回お願いいたします。
 クリックしていただけると、管理人の今後の励みになります。
↓こちらのクリックをお願いいたします↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング 
  
| capitao0707 | ポルトガル代表 | comments(6) | - |
がちゃぴん (2007/07/12 10:53 PM)
なべさん、こんばんは。

そんなそんな、引退だなんて悲しいことを言わないで下さい!こちらのサイトは情報が本当に早い&的確で、すごく楽しみにしています。ポルトガル以外のサッカー情報を扱ってくれている点も嬉しい限りです。

さて、アルメニア対ポルトガル戦を生中継してくれるなんて、本当に嬉しいですね!今からワクワクしてきました(笑)
フェリポン (2007/07/12 11:05 PM)
やめないでください
ポルトガル代表ファンは数では他の強豪国ファンにはかなり劣りますが、他の強豪国に勝るものはここを含めFの魂しかりSELECCAO-PORTUGUESAしかり、これらのこまめに丁寧に更新されるブログではないでしょうか。それに今は世界的にその華麗さだけでなく強さが世界的に認められ、ポルトガル代表が一番盛り上がっているときでもあるし、これからさらにどんどん盛り上がっていくのではないかという時期ではないでしょうか。あなたは日本ではとても貴重なポルトガルサッカー宣教師なのですよ。
市之瀬さん以上です。
残虐性においてDIO以上ミゲル (2007/07/13 12:24 AM)
お久しぶりです。コメントは出来ませんでしたが、今までもこのブログを拝見させていただきました。

私も勝手ながら続けて欲しいと思っています。そして一緒にポルトガルのタイトル獲得の瞬間を共有しましょう
なべ(管理人) (2007/07/13 10:00 PM)
がちゃぴん様、こんばんは。
励ましのお言葉、ありがとうございます。

アルメニア戦の生中継はうれしいですね。
そういえば、ロナウドやナニが来日するマンU対浦和戦も生中継です。
新シーズンは、ポルトガルのためにあるかのようです(笑)。
なべ(管理人) (2007/07/13 10:07 PM)
フェリポン様、こんばんは。
励ましのお言葉、ありがとうございます。

フェリポン様のおっしゃるとおり、現在、ポルトガルサッカー史上最高の時にあるというのは私も感じております。
それだけに、仕事と趣味との両立に苦しむ、悩ましい毎日を送っております。
なべ(管理人) (2007/07/13 10:10 PM)
残虐性においてDIO以上ミゲル様、お久しぶりです。
励ましのお言葉、ありがとうございます。

悲劇のEURO2004終了後、しばらくしてこのブログを始めました。
歓喜の記事を書くことは、私の夢でもあります。
ただ、仕事あっての趣味というのも現実で、その葛藤と戦う日々となっています。