ポルトガルサッカーのすすめ

ポルトガル代表をはじめとする、ポルトガルサッカー専門ブログです。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>    
LINKS
※当ブログはリンクフリーです。ご自由にリンクを張ってください。
RECOMMEND
UEFAチャンピオンズリーグ2003/2004 ポルト 優勝への軌跡
UEFAチャンピオンズリーグ2003/2004 ポルト 優勝への軌跡 (JUGEMレビュー »)

現在のポルトガル代表の主力、デコ、カルバーリョ、マニシェらの活躍がここに。モウリーニョに率いられ、欧州を制するまでのドラマを収録!
RECOMMEND
ジョゼ・モウリーニョ
ジョゼ・モウリーニョ (JUGEMレビュー »)
ルイス ローレンス, ジョゼ モウリーニョ, Lu´is Lourenco, Jos´e Mourinho, 西竹 徹, 西岡 明彦
本人公認本が日本上陸。現在世界で最も有名な監督の一人が、どのようにして誕生したか、秘話が満載です。
RECOMMEND
Cristiano Ronaldo (Artnik Football)
Cristiano Ronaldo (Artnik Football) (JUGEMレビュー »)
Michael O'Connell
W杯ドイツ大会までのC・ロナウドを書いた本です。洋書です。英語が分からなくても、写真集として楽しめます。
RECOMMEND
マヌエル・ルイ・コスタ〜ポルトガルが生んだフィールドのマエストロ〜
マヌエル・ルイ・コスタ〜ポルトガルが生んだフィールドのマエストロ〜 (JUGEMレビュー »)

ポルトガルサッカー史上最高の司令塔、マヌエル・ルイ・コスタのフィオレンティーナ時代の映像を収録!
RECOMMEND
ポルトガル・サッカー物語
ポルトガル・サッカー物語 (JUGEMレビュー »)
市之瀬 敦
村上龍氏推薦!「ポルトガルサッカー、それは魔術的だ。驚異的な技術だけがそれを可能にした」
RECOMMEND
2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD 「ポルトガル代表 戦いの軌跡」
2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD 「ポルトガル代表 戦いの軌跡」 (JUGEMレビュー »)

ポルトガル代表40年ぶりのベスト4進出!欧州西端の小国がドイツを舞台に披露した見事な戦いをここに収録!
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
<< クアレスマにレアル・マドリーが接近!? | main | ウーゴ・ヴィアナがオサスナへ >>
ユベントスにフェルナンド・メイラも加入!?
 ポルトガルサッカー専門ブログ「ポルトガルサッカーのすすめ」は、ブログランキングで、7位まで復帰。
 トップ10に復帰し、さらに順位を上げることができました。
 本当にありがとうございます。
 ただ、これまでの貯金がものをいっているところがありますので、来週以降の順位は心配です。
 今後もポルトガル代表を一緒に応援してくださる方は、ブログランキングのクリックのご協力をよろしくお願いいたします。
↓一日一回クリックをお願いします。↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング


 今日は、ユベントス情報です。
 これまでルイ・コスタがACミラン在籍時にミラニスタとして、フィーゴがインテルに加入してからはインテリスタとしてセリエAを見てきた私にとって、ユベントスは敵の中の敵と言っても過言ではない存在。
 そのユベントスを、07-08シーズンから応援する立場になろうとは思いもよりませんでした。
 
 クラウディオ・ラニエリ体制となってセリエAに復帰するユベントスは、リヨンからティアゴ、デポルティボからジョルジ・アンドラーデの二人のポルトガル代表を獲得しました。
 ひょっとして、パウロ・ソウザ以来のポルトガル人選手となるのでしょうか。
 となると、ポジションがかぶるティアゴには大きな期待がかかります。
 
 また、ブッフォン、ネドヴェド、トレゼゲ、カモラネージと移籍が噂された主力も残留し、らいシーズンを戦う戦力が整いつつあります。
 現時点では、各誌の予想布陣にややズレがあり、『ワールドサッカーマガジン』では昨シーズン同様4-4-2を、『ワールドサッカーダイジェスト』では今シーズンから4-3-3を採用するのではないかと見ています。
 私個人の見解としては、4-4-2のほうではないかと予想していますので、ここで来シーズンの予想布陣を書いておきます。

GK:ブッフォン
DF:グリゲラ、アンドラーデ、クリシート、キエッリーニ
MF:カモラネージ、ティアゴ、アルミロン、ネドヴェド
FW:トレゼゲ、デル・ピエロ

 なかなかのメンバーが揃うことになりそうです。
 控えにも、イアキンタ、サリハミジッチ、ザネッティなどレギュラーを張っても不思議ではない実力者がいますので、なかなかの選手が集まったと言えるでしょう。
 
 ただ、これだけ新戦力を迎え、ほぼ新チームとして来シーズンを迎えることになるため、インテルやミラン、ローマなどと比較して、チームの成熟度は確実に劣ります。
 したがって、いきなり優勝というのは、現実的には厳しいと思います。
 ファンの期待はもちろん優勝だとは思いますが、チャンピオンズリーグ出場を確保できれば、成功のシーズンと評価してよいのではないかと考えています。

 さて、そのユベントスですが、ここまでかなりの新戦力を獲得しており、いよいよ補強は終了を迎えようとしています。
 そして、その最後の1ピースの候補に、シュツットガルトのキャプテン、ポルトガル代表DFフェルナンド・メイラの名前が浮上しています。
 もし獲得が実現した場合、アンドラーデ&メイラというポルトガル代表によるセンターバックのコンビが実現します。
 これは熱い!
 昨シーズンのセリエAは、正直あまり面白くなかったのですが、これなら来シーズンは大盛り上がりとなりそうです。

 仮にメイラを獲得しなくても、ティアゴとアンドラーデを常時見ることができるだけにも十分にうれしいわけで、非常に楽しみです。
 しかし、スカパー!のHPを見ると、来シーズンのセリエAの放送はまだ確定せず。
 さすがに、セリエAの放送打ち切りという事態は想像できないので、おそらく大丈夫だと思いますが、早く放送が確定することを願います。


 最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。
 今後も「ポルトガルサッカーのすすめ」をよろしくお願いいたします。
 今後も一緒にポルトガル代表を応援していただける方は、ブログランキングのクリックも1日1回お願いいたします。
 クリックしていただけると、管理人の今後の励みになります。
↓こちらのクリックをお願いいたします↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング 
  
| capitao0707 | セリエA | comments(0) | - |