ポルトガルサッカーのすすめ

ポルトガル代表をはじめとする、ポルトガルサッカー専門ブログです。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>    
LINKS
※当ブログはリンクフリーです。ご自由にリンクを張ってください。
RECOMMEND
UEFAチャンピオンズリーグ2003/2004 ポルト 優勝への軌跡
UEFAチャンピオンズリーグ2003/2004 ポルト 優勝への軌跡 (JUGEMレビュー »)

現在のポルトガル代表の主力、デコ、カルバーリョ、マニシェらの活躍がここに。モウリーニョに率いられ、欧州を制するまでのドラマを収録!
RECOMMEND
ジョゼ・モウリーニョ
ジョゼ・モウリーニョ (JUGEMレビュー »)
ルイス ローレンス, ジョゼ モウリーニョ, Lu´is Lourenco, Jos´e Mourinho, 西竹 徹, 西岡 明彦
本人公認本が日本上陸。現在世界で最も有名な監督の一人が、どのようにして誕生したか、秘話が満載です。
RECOMMEND
Cristiano Ronaldo (Artnik Football)
Cristiano Ronaldo (Artnik Football) (JUGEMレビュー »)
Michael O'Connell
W杯ドイツ大会までのC・ロナウドを書いた本です。洋書です。英語が分からなくても、写真集として楽しめます。
RECOMMEND
マヌエル・ルイ・コスタ〜ポルトガルが生んだフィールドのマエストロ〜
マヌエル・ルイ・コスタ〜ポルトガルが生んだフィールドのマエストロ〜 (JUGEMレビュー »)

ポルトガルサッカー史上最高の司令塔、マヌエル・ルイ・コスタのフィオレンティーナ時代の映像を収録!
RECOMMEND
ポルトガル・サッカー物語
ポルトガル・サッカー物語 (JUGEMレビュー »)
市之瀬 敦
村上龍氏推薦!「ポルトガルサッカー、それは魔術的だ。驚異的な技術だけがそれを可能にした」
RECOMMEND
2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD 「ポルトガル代表 戦いの軌跡」
2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD 「ポルトガル代表 戦いの軌跡」 (JUGEMレビュー »)

ポルトガル代表40年ぶりのベスト4進出!欧州西端の小国がドイツを舞台に披露した見事な戦いをここに収録!
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
<< スカパー!でプレミアが見れない!? | main | 動画エミレーツカップ1日目 >>
シモンの動画大特集!
 ポルトガルサッカー専門ブログ「ポルトガルサッカーのすすめ」は、ブログランキングで、相変わらず12位のまま。
 浮上のきっかけさえ掴めません。
 現在のポルトガルのFIFAランクくらいまでは順位を上げたいと考えておりますので、今後もポルトガル代表を一緒に応援してくださる方は、ブログランキングのクリックのご協力をよろしくお願いいたします。
↓一日一回クリックをお願いします。↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング
 
新潟県中越沖地震募金のお願い


 今日もシモンの話題です。
 まずは、写真から。
シモン・サブロサ、アトレチコ・マドリーへ

 う〜ん、似合わないような気が・・・。
 まだ目が慣れていないというのもあるのでしょう。
 とにかくアトレチコをチャンピオンズリーグへ導くべく、がんばってもらいたいものです。
 攻撃の核としての活躍を期待しています。

 そんなわけで、今日はシモンの動画大特集です。
 Youtubeの動画の中から、シモンの素晴らしいプレーをピックアップしてみました。

 まずは、ベンフィカが一昨シーズン、チャンピオンズリーグでベスト8に進出した際の印象的なゴールを2つ。
 1つ目は、グループステージ第2節、オールドトラフォードを震撼させた直接フリーキックです。



 2つ目は、ノックアウトステージ1回戦で、前年王者リバプールをアンフィールドで沈めたビューティホーなミドルです。



 リバプール戦のゴールは、今見ても鳥肌が立ちます。
 ドリブルスキルはフィーゴに及びませんが、キックの精度はフィーゴに近いものがあります。
 クリスティアーノ・ロナウドより、間違いなく上です。

 そういえば、アトレチコには純粋なフリーキッカーというのが存在していなかったように思います。
 シモンが加入することで、セットプレーからのゴールも期待できるのではないでしょうか。
 そうなれば、アトレチコのゴール数が増えることになるかもしれません。
 守備は良い方ですから、これまで勝ちきれなかった試合をモノにできるようになって、勝ち点が増えるかもしれません。
(意図的に良い方に考えています。)

 
 次は、今年2月にブラジルを撃破した際の先制ゴールです。



 クアレスマのクロスが抜群。
 そして、シモンのシュートも良いコースに飛びました。
 それにしても、シモンのジャンピングボレーなんて、珍しいです。

 次は、2006年ドイツ・ワールドカップ前、最後の試合となったルクセンブルク戦です。



 この試合に3対0で勝って、アンゴラ戦へ臨むことになります。
 この試合で、シモンは2ゴールを挙げました。
 1点目は、珍しいシモンのヘディングシュートです。
 2点目は、PKです。
 ちなみん、3点目は、フィーゴの代表ラストゴールです。

 日本にいるとポルトガルリーグを見ることができませんので、詳細は不明ですが、ここ最近、シモンがPKを外したのを見たことがありません。
 ドイツ・ワールドカップでも、メキシコ戦で決め、イングランドとのPK戦でも決めています。
 EURO2004でのイングランドとのPK戦でも決めています。
 ちなみにシモンのPKは、ほとんどが左(キーパーから見て右)に飛んでいます。
(少なくとも、私はシモンが右に蹴ったのを見た記憶がありません。証拠動画のメキシコ戦は下)


 
 シモンは、アトレチコでPKを任されるかもしれませんね。
 これだけ質の高い選手ですから、きっとやってくれると思います。
 すべてにおいて安定しているので、あとは危険な匂いを漂わせることができるかどうかです。
 フィーゴやクリスティアーノ・ロナウド、そしてシモンをぐいぐい追っているクアレスマには、ボールを持たせたら危険だと感じるのですが、シモンはいまいちそれを感じません。
 その迫力不足の感が、ポルトガル代表でのレギュラーの椅子を絶対的なものにしていないのかもしれません。
 この1年で、うまさに加え、怖さも備えたシモンへ変貌を遂げてもらいたいものです。
 

 最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。
 今後も「ポルトガルサッカーのすすめ」をよろしくお願いいたします。
 今後も一緒にポルトガル代表を応援していただける方は、ブログランキングのクリックも1日1回お願いいたします。
 クリックしていただけると、管理人の今後の励みになります。
↓こちらのクリックをお願いいたします↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング 
  
| capitao0707 | ポルトガル代表 | comments(4) | - |
ヨコ (2007/07/29 2:00 PM)
どうも。
懐かしい動画、ありがたいです。
シモンはクアレスマ、ロナウドに比べ確かに「怖さ」がありませんよね。
でも安定感、キックの制度は素晴らしいと思います。 
なべさんが仰っていましたが、キックの制度は間違いなく挙げた二人より上です。
クロスの制度もなかなかですし、パスセンスもあるんですからね。
アトレティコで更なる飛躍を期待しております
valencia21 (2007/07/29 2:15 PM)
こんにちは。
インテルのユニについて教えて頂きありがとうございます。

シモン、やっぱりいい選手なんですね。突破力が魅力なのかなと思ってましたが、キックの精度も高いんですね〜。ますますバレンシアに来て欲しかったと思ってしまいました(苦笑)。
リーガでどれくらいやれるのか楽しみですね。
なべ(管理人) (2007/07/29 9:18 PM)
ヨコ様、こんばんは。
シモンは、すべての面において素晴らしい選手なのですが、傑出した何かを持っているわけではないんですよね。
「良い選手」であることには間違いないのですが、「怖さ」とか「凄み」は無いんです。
それが備われば、フィーゴの後継者として、改めて名乗りを挙げることになるでしょう。
アトレチコで、ぜひとも大活躍してもらいたいものです。
なべ(管理人) (2007/07/29 9:33 PM)
valencia21様、こんばんは。
御礼など、とんでもございません。
知っている知識を伝えたまでです。

シモンは、良い選手ですよ。
技術面も去ることながら、怪我は少ないですし、メンタルも強いです。
今のバレンシアにとって、実はそういう選手が必要なのではないでしょうか。
アトレチコは良い選手を取ったと思います。
あとは、どれだけ実力を発揮できるか。
楽しみにしています。