ポルトガルサッカーのすすめ

ポルトガル代表をはじめとする、ポルトガルサッカー専門ブログです。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>    
LINKS
※当ブログはリンクフリーです。ご自由にリンクを張ってください。
RECOMMEND
UEFAチャンピオンズリーグ2003/2004 ポルト 優勝への軌跡
UEFAチャンピオンズリーグ2003/2004 ポルト 優勝への軌跡 (JUGEMレビュー »)

現在のポルトガル代表の主力、デコ、カルバーリョ、マニシェらの活躍がここに。モウリーニョに率いられ、欧州を制するまでのドラマを収録!
RECOMMEND
ジョゼ・モウリーニョ
ジョゼ・モウリーニョ (JUGEMレビュー »)
ルイス ローレンス, ジョゼ モウリーニョ, Lu´is Lourenco, Jos´e Mourinho, 西竹 徹, 西岡 明彦
本人公認本が日本上陸。現在世界で最も有名な監督の一人が、どのようにして誕生したか、秘話が満載です。
RECOMMEND
Cristiano Ronaldo (Artnik Football)
Cristiano Ronaldo (Artnik Football) (JUGEMレビュー »)
Michael O'Connell
W杯ドイツ大会までのC・ロナウドを書いた本です。洋書です。英語が分からなくても、写真集として楽しめます。
RECOMMEND
マヌエル・ルイ・コスタ〜ポルトガルが生んだフィールドのマエストロ〜
マヌエル・ルイ・コスタ〜ポルトガルが生んだフィールドのマエストロ〜 (JUGEMレビュー »)

ポルトガルサッカー史上最高の司令塔、マヌエル・ルイ・コスタのフィオレンティーナ時代の映像を収録!
RECOMMEND
ポルトガル・サッカー物語
ポルトガル・サッカー物語 (JUGEMレビュー »)
市之瀬 敦
村上龍氏推薦!「ポルトガルサッカー、それは魔術的だ。驚異的な技術だけがそれを可能にした」
RECOMMEND
2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD 「ポルトガル代表 戦いの軌跡」
2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD 「ポルトガル代表 戦いの軌跡」 (JUGEMレビュー »)

ポルトガル代表40年ぶりのベスト4進出!欧州西端の小国がドイツを舞台に披露した見事な戦いをここに収録!
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
<< パウレタはシュートをポストに当てる | main | リカルド・コスタが十字靭帯断裂 >>
ロナウドとシモンに明暗
 ポルトガルサッカー専門ブログ「ポルトガルサッカーのすすめ」は、ブログランキングで、7位にダウン。
 先週、大量にクリックしてもらった分の貯金で、一時的に順位が浮上しています。
 今のところ、ポルトガルのFIFAランクである8位を越えています。
 今後もポルトガル代表を一緒に応援してくださる方は、ブログランキングのクリックのご協力をよろしくお願いいたします。
↓一日一回クリックをお願いします。↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング
 
新潟県中越沖地震募金のお願い


 現在、ポルトガルのウイングのレギュラーは、マンチェスター・ユナイテッドのクリスティアーノ・ロナウドとアトレチコ・マドリーのシモン・サブロサです。
 この二人の明暗がはっきり分かれました。
 まずは、”明”のクリスティアーノ・ロナウドから。
 
 昨日行われた、プレミアの幕開けを告げるコミュニティーシールドで、マンチェスター・ユナイテッドが勝利。
 ロナウドも勝利に貢献しました。
 下は、その試合の様子を報じたTV番組の動画です。



 試合は、プレミア王者マンチェスター・ユナイテッドがギグスのゴールで先制すると、FAカップ王者チェルシーも新加入マルダのゴールで前半のうちに追いつきます。
 その後はスコアが動かず、決着はPK戦へ。
 そこで、ファン・デル・サールが神がかり的なセーブを連発。
 最後はルーニーが決めて、マンチェスター・ユナイテッドが勝利を収めました。

 試合全体を見ていませんから何とも言えませんが、マンチェスター・ユナイテッドもチェルシーも優勝候補であることに変わりは無いでしょう。
 ただし、両チームとも、現段階で怪我人が多発しています。
 これ以上怪我人が出るのは、ともに厳しいです。
 今週末の開幕戦へ向け、両チームとも、期待と不安が半々といったところかもしれません。

 ロナウドは、ゴールこそありませんでしたが、良いプレーを披露していたようです。
 浦和レッズ戦から始まった新シーズンのプレーで、ロナウドは昨シーズンの活躍がまぐれでないことを証明しています。
 これで、ポルトガルの両翼のうち一枚は、やはりロナウドで安泰です。
 こちらは、アルメニア戦から大活躍が期待できそうです。

 一方、”暗”のシモン。
 先日のラツイオ戦で、いきなり負傷です。
 左肩を脱臼して、途中交替してしまいました。
 Goal.comの記事によれば、「左肩鎖骨先端に重度1の脱臼を負った」とのころです。
 「重度1」というのがよく分かりませんが、場合によっては22日のアルメニア戦は欠場しなければならないのではないでしょうか。

 「シモンはテーピングで故障箇所を固定し、激しい痛みをこらえながらアムステルダム・アレーナを後にした」そうです。
 これは最悪の場合、9月のポーランド・セルビアとの天王山にまで影響を与えかねません。
 来週14日には、アルメニア戦に向けたポルトガル代表メンバーの発表があります。
 間に合えばよいのですが、ちょっと微妙な情勢です。
 
 移籍直後に負傷ということで、アトレチコでのシモンの立場が若干危ういものとなってしまいました。
 脱臼ですから、復帰までに数ヶ月もかかるものではありませんので、大きな心配はしていません。
 しかし、大きな期待をされて加入した選手ですから、怪我で離脱するということはマイナスであることに間違いありません。
 アトレチコでの地位を確立するためにも、早く復帰して、しっかりポジションをモノにしてもらいたいと願っています。
 そして、アトレチコをCL出場圏内に押し上げるべく、大活躍することを期待しています。
 

 最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。
 今後も「ポルトガルサッカーのすすめ」をよろしくお願いいたします。
 今後も一緒にポルトガル代表を応援していただける方は、ブログランキングのクリックも1日1回お願いいたします。
 クリックしていただけると、管理人の今後の励みになります。
↓こちらのクリックをお願いいたします↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング 
  
| capitao0707 | プレミアシップ | comments(2) | - |
ヨコ (2007/08/09 10:48 AM)
おはようございます。
マンU、スコルジーがいなくてもいいサッカーをしていますね。
もうちょっとキャリックが縦に送ってほしいですけど、昨季より積極的ですからよしとしますw

ロナウドは本当に調子いいですよね。
守備も意欲的に行い、「サイドの選手」としてのスキルアップしていると思います。
個人的に評価したいのがエヴラ。
昨季はようやくチームに馴染んで、攻撃面での貢献度は低くなかった…
そして今季の攻撃参加はタイミングもよく質が高くなり、ロナウドとのコンビはプレミア屈指でしょう。 守備面では不安が残りますが、彼の魅力はあくまでの攻撃力! 
守備面ではエインセの方が上ですが、エインセを残して上手く使い分けていけたらいいですね。
まぁエインセが控えに甘んじる男だとは思えないんですが…

チェルシーは酷かったですね。
改めてテリーの貢献度のでかさが分かりました。
誰もカバーをせず、マークも追いついていない…
開幕後、こけてくれたらマンUファンの私といては嬉しいですww
でもカルバーニョのへの負担は大と思うので、怪我だけには気をつけてほしい。
攻撃面はドログバがいないとロングボールばかりの単調な攻撃。 その単調な攻撃に失点したマンUDF陣もどうかと思いますけど…
愚痴はここまでにしておきます。
では
なべ(管理人) (2007/08/09 10:27 PM)
ヨコ様、こんばんは。
私も、ロナウドとエヴラは相性が良いと思っていました。
ロナウドと感覚的に合うのかもしれませんね。
そして、そのロナウドについても、昨シーズン以上の活躍を期待しても良いのかもしれません。
このプレシーズンは、本当に良かったと思います。
やはり、チェルシーよりマンUの方が見ていて面白いです。
今シーズンも、マンUをメインに応援していきます。