ポルトガルサッカーのすすめ

ポルトガル代表をはじめとする、ポルトガルサッカー専門ブログです。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>    
LINKS
※当ブログはリンクフリーです。ご自由にリンクを張ってください。
RECOMMEND
UEFAチャンピオンズリーグ2003/2004 ポルト 優勝への軌跡
UEFAチャンピオンズリーグ2003/2004 ポルト 優勝への軌跡 (JUGEMレビュー »)

現在のポルトガル代表の主力、デコ、カルバーリョ、マニシェらの活躍がここに。モウリーニョに率いられ、欧州を制するまでのドラマを収録!
RECOMMEND
ジョゼ・モウリーニョ
ジョゼ・モウリーニョ (JUGEMレビュー »)
ルイス ローレンス, ジョゼ モウリーニョ, Lu´is Lourenco, Jos´e Mourinho, 西竹 徹, 西岡 明彦
本人公認本が日本上陸。現在世界で最も有名な監督の一人が、どのようにして誕生したか、秘話が満載です。
RECOMMEND
Cristiano Ronaldo (Artnik Football)
Cristiano Ronaldo (Artnik Football) (JUGEMレビュー »)
Michael O'Connell
W杯ドイツ大会までのC・ロナウドを書いた本です。洋書です。英語が分からなくても、写真集として楽しめます。
RECOMMEND
マヌエル・ルイ・コスタ〜ポルトガルが生んだフィールドのマエストロ〜
マヌエル・ルイ・コスタ〜ポルトガルが生んだフィールドのマエストロ〜 (JUGEMレビュー »)

ポルトガルサッカー史上最高の司令塔、マヌエル・ルイ・コスタのフィオレンティーナ時代の映像を収録!
RECOMMEND
ポルトガル・サッカー物語
ポルトガル・サッカー物語 (JUGEMレビュー »)
市之瀬 敦
村上龍氏推薦!「ポルトガルサッカー、それは魔術的だ。驚異的な技術だけがそれを可能にした」
RECOMMEND
2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD 「ポルトガル代表 戦いの軌跡」
2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD 「ポルトガル代表 戦いの軌跡」 (JUGEMレビュー »)

ポルトガル代表40年ぶりのベスト4進出!欧州西端の小国がドイツを舞台に披露した見事な戦いをここに収録!
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
<< プレミアリーグ放送決定! | main | ルイ・コスタが2ゴールの大活躍! >>
ミゲウ・ヴェローゾがフル代表初招集
 ポルトガルサッカー専門ブログ「ポルトガルサッカーのすすめ」は、ブログランキングで、9位にダウン。
 ポルトガルのFIFAランク(8位)を下回ったまま、なかなか上へ上がっていくことができません。
 ポルトガル代表を一緒に応援してくださる方は、ブログランキングのクリックのご協力をよろしくお願いいたします。
↓一日一回クリックをお願いします。↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング
 
新潟県中越沖地震募金のお願い


 本日(14日)、22日に行われるEURO2008予選アルメニア戦に向けたポルトガル代表メンバーが発表されました。
 まずは、先ほど発表されたメンバーを確認してみましょう。

GK
キム(ベンフィカ)
リカルド(ベティス)

DF
フェルナンド・メイラ(シュツットガルト)
ジョルジ・アンドラーデ(ユベントス)
ボシングワ(FCポルト)
ミゲウ(バレンシア)
カネイラ(バレンシア)
パウロ・フェレイラ(チェルシー)
リカルド・カルバーリョ(チェルシー)

MF
デコ(バルセロナ)
ジョアン・モウティーニョ(スポルティング)
ミゲウ・ヴェローゾ(スポルティング)
ラウル・メイレレス(FCポルト)
ティアゴ(ユベントス)
クリスティアーノ・ロナウド(マンチェスター・ユナイテッド)

FW
エウデル・ポスティガ(FCポルト)
ジョアン・トーマス(ブラガ)
ヌノ・ゴメス(ベンフィカ)
リカルド・クアレスマ(FCポルト)
シモン・サブロサ(アトレチコ・マドリー)

 各ポジションごとに見て行きましょう。
 GKは、いつもの二人ですからいいですよね。

 DFですが、前回からセンターバックのブルーノ・アウベスが外れ、リカルド・カルバーリョが復帰しました。
 これで、アンドラーデとカルバーリョのコンビが復活することになりそうです。
 右にミゲウ、左はカネイラでしょうか。
 ただし、前回、カネイラの印象があまり良くなかったように思います。
 では、パウロ・フェレイラはどうかというと、「月曜日の練習から復帰した」という報道があったので、怪我を理由にプレミアの開幕戦を欠場していたのかもしれません。
 よって、来週、万全の状態で臨めるかというと、若干不安が残ります。
 左サイドバックは、全世界的に人材難のようですが、ポルトガルも例外ではありません。
 個人的には、セサール・ペイショットに期待しているのですが。

 ちなみに、レアル・マドリーのペペは招集されませんでした。
 今回は1試合のみですから、3人センターバックがいれば十分との判断でしょう。
 9月の2連戦では、4人のセンターバックを用意したいですから、招集される可能性はあると思います。

 MFは、遂にサラブレッド、ミゲウ・ヴェローゾがフル代表に名前を連ねました。
 ペチートが不在のため、その代わりということになるのでしょう。
 よって、試合では、ティアゴとラウル・メイレレスがスタメンで、ヴェローゾは控えということになるのではないでしょうか。

 FWは、ポスティガとヌノ・ゴメスの二人に加え、第3FWとしてブラガに復帰したジョアン・トーマスが前回に続いて招集されました。
 ブレーメンのウーゴ・アウメイダは、確か負傷中でブンデスリーガの開幕戦も欠場しており、今回は見送られたものと思われます。
 ナニも今回は外れました。
 センターバックと同様、1試合のみの場合、ウイングは3人いれば十分のため、今回は見送られたと考えるべきでしょう。

 アルメニア戦のスタメン予想は、以下のとおり。

GK:リカルド
DF:ミゲウ、アンドラーデ、カルバーリョ、カネイラ
MF:ティアゴ、メイレレス、ロナウド、デコ、シモン
FW:ヌノ・ゴメス

 こんなところでしょうか。
 まあ、実力を発揮できれば、問題ない相手ですから、早い時間帯で先制点を奪いたいところです。
 前半にゴールを奪えないと、ポーランドのように足元をすくわれかねません。
 堅守を誇る相手ですから、警戒は必要です。

 さて、明日早朝には、ベンフィカのチャンピオンズリーグ予備予選3回戦が行われます。
 是が非でも無失点で勝利を手にし、アウェーに乗り込みたいところ。
 本戦へ出場してくれれば、久しぶりにルイ・コスタを見ることができます。
 期待しています。

 スカパー!では、バレンシアの試合を放送するので、4時55分に起きて、生観戦したいと思います。  
 
 
 最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。
 今後も「ポルトガルサッカーのすすめ」をよろしくお願いいたします。
 今後も一緒にポルトガル代表を応援していただける方は、ブログランキングのクリックも1日1回お願いいたします。
 クリックしていただけると、管理人の今後の励みになります。
↓こちらのクリックをお願いいたします↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング 
  
| capitao0707 | ポルトガル代表 | comments(2) | - |
残虐性においてDIO以上ミゲル (2007/08/14 11:34 PM)
ついにEUROの予選がやってきましたね。
ミゲル・ベローゾは昨シーズン素晴らしいプレイを見せてくれたのでこれからの彼には期待ですね。ペチートはどうしていないんでしょうか?

あとシモンは怪我をしたということなので、個人的にはクアレスマの先発を期待したいですね。
なべ(管理人) (2007/08/15 11:09 PM)
残虐性においてDIO以上ミゲル様、こんばんは。
ペチートは、累積警告のための出場停止でした。
ただ、ラウル・メイレレスとティアゴのコンビでなんとかなるでしょう。
場合によっては、ミゲウ・ヴェローゾの大抜擢もあるかもしれません。

シモンも確かに怪我をしています。
ただ、ナニを呼ばなかったということとは、プレーする上では心配ないということなのでしょう。
クアレスマは、6月のベルギー戦での出来があまり良くなかったので、シモンとどちらになるか微妙なところだと思います。