ポルトガルサッカーのすすめ

ポルトガル代表をはじめとする、ポルトガルサッカー専門ブログです。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>    
LINKS
※当ブログはリンクフリーです。ご自由にリンクを張ってください。
RECOMMEND
UEFAチャンピオンズリーグ2003/2004 ポルト 優勝への軌跡
UEFAチャンピオンズリーグ2003/2004 ポルト 優勝への軌跡 (JUGEMレビュー »)

現在のポルトガル代表の主力、デコ、カルバーリョ、マニシェらの活躍がここに。モウリーニョに率いられ、欧州を制するまでのドラマを収録!
RECOMMEND
ジョゼ・モウリーニョ
ジョゼ・モウリーニョ (JUGEMレビュー »)
ルイス ローレンス, ジョゼ モウリーニョ, Lu´is Lourenco, Jos´e Mourinho, 西竹 徹, 西岡 明彦
本人公認本が日本上陸。現在世界で最も有名な監督の一人が、どのようにして誕生したか、秘話が満載です。
RECOMMEND
Cristiano Ronaldo (Artnik Football)
Cristiano Ronaldo (Artnik Football) (JUGEMレビュー »)
Michael O'Connell
W杯ドイツ大会までのC・ロナウドを書いた本です。洋書です。英語が分からなくても、写真集として楽しめます。
RECOMMEND
マヌエル・ルイ・コスタ〜ポルトガルが生んだフィールドのマエストロ〜
マヌエル・ルイ・コスタ〜ポルトガルが生んだフィールドのマエストロ〜 (JUGEMレビュー »)

ポルトガルサッカー史上最高の司令塔、マヌエル・ルイ・コスタのフィオレンティーナ時代の映像を収録!
RECOMMEND
ポルトガル・サッカー物語
ポルトガル・サッカー物語 (JUGEMレビュー »)
市之瀬 敦
村上龍氏推薦!「ポルトガルサッカー、それは魔術的だ。驚異的な技術だけがそれを可能にした」
RECOMMEND
2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD 「ポルトガル代表 戦いの軌跡」
2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD 「ポルトガル代表 戦いの軌跡」 (JUGEMレビュー »)

ポルトガル代表40年ぶりのベスト4進出!欧州西端の小国がドイツを舞台に披露した見事な戦いをここに収録!
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
<< ベンフィカが勝利、バレンシアも勝利 | main | ポルトガルリーグ、いよいよ開幕! >>
ロナウド退場、カルバーリョ負傷交代
 ポルトガルサッカー専門ブログ「ポルトガルサッカーのすすめ」は、ブログランキングで、9位にダウン。
 ポルトガルのFIFAランク(8位)を下回ったまま、なかなか上へ上がっていくことができません。
 ポルトガル代表を一緒に応援してくださる方は、ブログランキングのクリックのご協力をよろしくお願いいたします。
↓一日一回クリックをお願いします。↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング
 
新潟県中越沖地震募金のお願い


 昨日のプレミアリーグは、ポルトガル的には非常に残念な結果に終わりました。
 まずは、マンチェスター・ユナイテッド
 開幕から、まさかの2戦連続ドロー。
 ウェイン・ルーニーの故障という想定外のアクシデントによって、ポーツマス戦のスタメンは以下のとおり。

GK:ファン・デル・サール
DF:ブラウン、ファーディナンド、ヴィディッチ、エブラ
MF:ロナウド、キャリック、スコールズ、ナニ
FW:テベス、ギグス

 ナニとテベスという新戦力が初スタメン。
 そして、スコールズが復帰してきました。
 しかし、ゴールは、スコールズの1点のみ。
 初スタメンのナニとテベスは、動き自体は悪くなかったと思いますが、やはり周囲とのコンビネーションはまだまだという印象を受けました。
 
 クリスティアーノ・ロナウドは、レッドカードで退場。
 次節出場停止です。
 EUROの予選に向けてという意味では、休養できるので、そちらについてはプラスかと。
 
 この日のロナウドは、ほぼ右サイドに張り付く形だったように感じました。
 ナニが左に張り付いたわけですが、この二人、逆の方が良かったのではないかと思いました。
 ロナウドは、中央に切り込んで右足でシュートを打つことができる左サイドの方が力を発揮できるのではないかと考えています。
 左サイドに張り付く必要はありませんが、適宜サイドチェンジを行うなどして、左サイドでもプレーできるようにすべきだったと思います。
 また、ロナウドと最も相性が合うのは、ルーニーとエブラだと思っていますので、左サイドにロナウドがいけば、エブラとのコンビネーションで崩すこともできたのではないでしょうか。
 
 今シーズンのマンUは、2試合で1ゴールと、昨シーズンのタイトル奪還の原動力となった攻撃陣が沈黙し、勝ち点を2しか稼いでいません。
 この現状を打破するためには、ロナウドの奮起が絶対に必要となります。
 特に、序盤はルーニーが不在となりますから、彼が復帰するまでは、ロナウドには大活躍をしてもらわなければなりません。
 にもかかわらず、レッドカードを受けてしまいました。

 次は、シティとのマンチェスター・ダービーです。
 巨大資本を手に入れ、名将と好選手を獲得し、連勝スタートと波に乗っています。
 少なくとも、昨シーズンのような楽なダービーにはならないでしょう。
 ここは、ナニの活躍に期待したいところです。

 続いて、チェルシー
 パウロ・フェレイラがスタメンに名を連ね、うれしかったのですが、カルバーリョが負傷してしまいました。
 結局、交代。
 おまけに、パウロ・フェレイラは前半のみでベンチに退きました。
 ダニエウ・アウベス獲得に近づいているようですから、獲得実現となればパウロ・フェレイラの出番は激減することは間違いありません。
 カルバーリョの負傷の程度は、まだ分かりません。
 場合によっては代表辞退ということもあるのでしょうか。
 チェルシーは、なんだかんだで2連勝。
 王座奪回へ向け、一応順調に勝ち点を稼いでいます。

 現在の首位は、エバートン。
 ヌノ・ヴァレンテは、ベンチ入りしたものの、出番なし。
 ただ、怪我がちということもあって、放出の可能性がありそうです。
 獲得の意思があるのが、フランス・リーグアンのサンテティエンヌのようです。
 また、昨シーズンの後半にレンタルで加入していたマヌエル・フェルナンデスは、ベンフィカに1度戻ったものの、どうやらエバートンに再加入することになるようです。
 ベンフィカとしては痛いです。
 フェルナンデスは、逸材と言われていたにもかかわらず、今ではすっかり忘れられた存在のようになっていますから、今シーズンはレギュラーとして活躍しれくれることを期待しています。

 
 それから、チャンピオンズリーグ予備予選3回戦で、ブレーメンのウーゴ・アウメイダがゴールを決めています。
 ハイライト動画は、こちら。


 
 本当ならば、最初のシュートで決めておかないといけません。
 まだまだ粗いですね。
 ポルトガル代表のレギュラーへの道は険しいです。
 
 ポルトガル代表のストライカーといえば、パリ・サンジェルマンのパウレタを忘れるわけにはいきません。
 パウレタは、3戦目にして今シーズン初ゴールを決めました。
 動画はこちら。



 憎らしいほど落ちついてゴールを決めました。
 さすがです。
 ただし、チームはこの後、3失点で逆転負け。
 昨シーズンに続いて、地元パルク・デ・プランスでロリアンに敗れました。
 また、パウレタが出場機会を求めて、移籍をほのめかす発言をしています。
 こちらも今後の動向が気になるところ。
 リーグアンで実績が十二分にあり、また紳士としても知られているパウレタですから、来て欲しいというクラブはいくらでもあるでしょう。
 移籍するなら、リーグ制覇を狙えるクラブへ移籍してもらいたいですね。

 さて、今日はUEFAカップ予選2回戦が行われ、アトレチコ・マドリーが登場し、セルビアのボイボディナと対戦します。
 戦前の予想スタメンは、以下のとおり。

GK:レオ・フランコ
DF:セイタリディス、パブロ、ペレア、ペルニア
MF:マキシ・ロドリゲス、マニシェ、ラウル・ガルシア、シモン
FW:アグエロ、フォルラン

 報道では、4-4-2になるのではないかということですが、はっきりしたことは分かりません。
 また、ゼ・カストロとコスティーニャは、メンバーからも外れたようです。
 ここは、シモンとマニシェにがんばってもらいましょう。


 最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。
 今後も「ポルトガルサッカーのすすめ」をよろしくお願いいたします。
 今後も一緒にポルトガル代表を応援していただける方は、ブログランキングのクリックも1日1回お願いいたします。
 クリックしていただけると、管理人の今後の励みになります。
↓こちらのクリックをお願いいたします↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング 
  
| capitao0707 | プレミアシップ | comments(0) | - |