ポルトガルサッカーのすすめ

ポルトガル代表をはじめとする、ポルトガルサッカー専門ブログです。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>    
LINKS
※当ブログはリンクフリーです。ご自由にリンクを張ってください。
RECOMMEND
UEFAチャンピオンズリーグ2003/2004 ポルト 優勝への軌跡
UEFAチャンピオンズリーグ2003/2004 ポルト 優勝への軌跡 (JUGEMレビュー »)

現在のポルトガル代表の主力、デコ、カルバーリョ、マニシェらの活躍がここに。モウリーニョに率いられ、欧州を制するまでのドラマを収録!
RECOMMEND
ジョゼ・モウリーニョ
ジョゼ・モウリーニョ (JUGEMレビュー »)
ルイス ローレンス, ジョゼ モウリーニョ, Lu´is Lourenco, Jos´e Mourinho, 西竹 徹, 西岡 明彦
本人公認本が日本上陸。現在世界で最も有名な監督の一人が、どのようにして誕生したか、秘話が満載です。
RECOMMEND
Cristiano Ronaldo (Artnik Football)
Cristiano Ronaldo (Artnik Football) (JUGEMレビュー »)
Michael O'Connell
W杯ドイツ大会までのC・ロナウドを書いた本です。洋書です。英語が分からなくても、写真集として楽しめます。
RECOMMEND
マヌエル・ルイ・コスタ〜ポルトガルが生んだフィールドのマエストロ〜
マヌエル・ルイ・コスタ〜ポルトガルが生んだフィールドのマエストロ〜 (JUGEMレビュー »)

ポルトガルサッカー史上最高の司令塔、マヌエル・ルイ・コスタのフィオレンティーナ時代の映像を収録!
RECOMMEND
ポルトガル・サッカー物語
ポルトガル・サッカー物語 (JUGEMレビュー »)
市之瀬 敦
村上龍氏推薦!「ポルトガルサッカー、それは魔術的だ。驚異的な技術だけがそれを可能にした」
RECOMMEND
2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD 「ポルトガル代表 戦いの軌跡」
2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD 「ポルトガル代表 戦いの軌跡」 (JUGEMレビュー »)

ポルトガル代表40年ぶりのベスト4進出!欧州西端の小国がドイツを舞台に披露した見事な戦いをここに収録!
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
<< EURO2008予選アルメニア戦間もなく | main | 天王山を前に不安要素が噴出 >>
まさかの引き分け
 ポルトガルサッカー専門ブログ「ポルトガルサッカーのすすめ」は、ブログランキングで、現在9位。
 なんとかトップ10に踏みとどまっております。
 EURO2008予選アルメニア戦に臨むポルトガル代表の勝利を一緒に祈ってくださる方は、ブログランキングのクリックのご協力をよろしくお願いいたします。
↓一日一回クリックをお願いします。↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング
 

 EURO2008予選、アルメニア対ポルトガル戦は先ほど終わり、なんと1対1の引き分けに終わってしまいました。
 コンディションに差はあるだろうと考えていましたが、まさかここまで試合に影響を与えるとは思いもしませんでした。
 いろいろと言いたいことはありますが、簡単に感想を。

 まず、センターバックのジョルジ・アンドラーデ。
 ユベントス移籍後、評価があまり高まっていませんでした。
 スピード不足を指摘されていましたが、今日の試合でもアルメニアの選手にスピードで振り切られてしまう場面がありました。
 怪我の影響なのか、スピードに関しては怪我をする前のレベルまで回復していないようです。
 失点シーンも、おそらくマークを外してしまったのは、アンドラーデではないでしょうか。

 結局、試合の終盤、セットプレーへの期待も込みだったと思いますが、高さのあるブルーノ・アウベスと交代させられてしまいました。
 正直言って、アンドラーデがここまで酷いとは思いませんでした。
 場合によっては、代表落ちの可能性さえあるのではないかと思わせるほど酷い出来でした。
 センターバックの4人の構成を再検討する必要がありそうです。

 ポスティガとシモンは、ほとんど何もできませんでした。
 早い時間帯で、ヌノ・ゴメスとクアレスマが投入されることとなったのですが、この二人も特別何もできず。

 そして、デコ。
 はっきり言って、コンディションは悪いです。
 所属のバルセロナで試合に出られず、移籍をほのめかす発言をしていましたが、この状態で試合に出ようというのが無理な話。
 デコの発言は、ただのわがままでしかないということが分かりました。

 この記事を書いている時点で、フィンランドは2対1で勝利、セルビアはまだ試合が始まっていません。
 9月の2連戦まで、それほど時間はありません。
 大丈夫でしょうか?

 コンディションも然ることながら、このチームには、フィーゴやパウレタのような精神的支柱がいません。
 そこが大きな問題です。
 
 ただ、ドイツ・ワールドカップ予選のときも、アウェーでリヒテンシュタインに引き分けてしまっているわけで、格下相手の取りこぼしというのは、あり得る話です。
 次のポーランドを確実に叩く。
 そうすれば、予選突破は見えてきます。
 まだ、悲観的になる必要は無いでしょう。


 最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。
 今後も「ポルトガルサッカーのすすめ」をよろしくお願いいたします。
 今後も一緒にポルトガル代表を応援していただける方は、ブログランキングのクリックも1日1回お願いいたします。
 クリックしていただけると、管理人の今後の励みになります。
↓こちらのクリックをお願いいたします↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング 
  
| capitao0707 | ポルトガル代表 | comments(10) | - |
ヨコ (2007/08/23 6:29 PM)
まさかですね。
勝つべき試合に勝たないと…
失点シーンは防げましたしね…

FWはやっぱり永遠の課題ですよね。
彼らの質ではちょっと今後、厳しいのではないでしょうか…
バリエーションが減っているのは明白ですし、中盤の選手はシュート打たざるをえない感じですね。
tomato (2007/08/23 10:29 PM)
なべさん、お引越しお疲れ様でした。ようこそ東京へ!(私が言うのもなんですが^_^;)
ここの暑さは尋常じゃないので、夏バテされないようにお気をつけてくださいね。

今回の結果は残念でした。全体的に精彩を欠きましたね。
ミスも多かったし、流れるようなパス交換も見られなかったし、リズムもできていなかった。
親善試合だったらよかったのに・・・
失点シーンはアンドラーデですね。カルバーリョがいれば、と思うと悔しいです。
それよりも、デコの不調が心配です。コーナーキックのあんなミスは見たことありません。移籍の噂やチームのことなどの雑念があって集中できなかったんでしょうか。オーガナイザーがこれではゲームが締まりません。メンタル的にもチームの中心であってほしいのに。

FWは相変わらずですね。今日の得点はロナウドの個人技からきたものでしたから、いつも課題となってしまいますよね。
クアレスマが出てきたときには期待したんだけどなぁ。
格下に勝てないのはどこのチームにもあることとは思いますが、このグループはどうも気の抜けないチームが多いので、これからはどんな相手にもとにかくモチベーションをしっかり持って臨んでほしいです。
なべ(管理人) (2007/08/24 10:36 PM)
ヨコ様、こんばんは。
全くおっしゃるとおり、本来ならきっちり勝ち点3を奪わなければならないのですが・・・。
こういう試合は、予選の中で必ず1つくらいはあるわけで、これを良い薬としてくれればと考えています。
ドイツW杯の予選のときも、リヒテンシュタインに引き分けた次の試合で、ロシアに7対1と歴史的大勝劇を演じています。
選手たちの奮起に期待しましょう。

FW陣は、ちょっと厳しいですね。
これなら、PSGで出場機会の少ないパウレタを呼び戻すという裏技も、アリなのではないかと考え始めています。
なべ(管理人) (2007/08/24 10:45 PM)
tomato様、こんばんは。
歓迎の御言葉、ありがとうございます。

おそらく、新潟という土地は勘違いされていると思うのですが、「冬寒くて、夏暑い」んですよ。
私が引っ越してくる前も、36度とかありましたから。
ですから、東京は暑いですけど、特に驚くことはありません。
驚くのは、やはり人の多さですね。
どこから湧いて出てくるのか(苦笑)。

アルメニア戦は、次のポーランド戦へ向けてのショック療法と考えようと思っています。
もし、ポーランドとセルビアに連勝できれば、アルメニア戦での失態が、良い薬になったと捉えることもできます。
そう捉える事ができるよう、各選手に改めて奮起してもらいたいですね。
ヨコ (2007/08/25 6:01 PM)
どうも。
確かにありましたね。おっしゃる通り、良い薬になればいいんですけどw

やっぱり上の相手になるとFWの差は大きいですよね。 中盤だけでは限界がありますし…
まぁ08年、2010年と成長は見込めますから何とかレベルを上げてほしいです。
なべ(管理人) (2007/08/26 10:08 PM)
ヨコ様、こんばんは。
FWだけは、いかんともしがたいものがありますよね。
新星が登場することを期待してしまいますが、それさえも怪しいような・・・。
個人的には、ポルトガルに戻ってきたマククラに期待したいと思います。
ヨコ (2007/08/26 10:50 PM)
こんばんは。
そうですよね。 何とかならないんですかねw

マククラですか…私も呼んでほしいです。
長身が魅力ですし、マククラのポストプレイから2列目がドン!という選択肢もできるでしょうし。
なべ(管理人) (2007/08/27 10:06 PM)
ヨコ様、こんばんは。
マククラは、これまでのポルトガルには無いタイプですから、若いころから期待していました。
ただ、怪我が多すぎて、まともに戦えません。
まずは、今シーズン、マリティモでフルに戦えるかでしょう。

同じタイプと見て、ウーゴ・アウメイダにも期待しているのですが、まだまだです。
ヨコ (2007/08/29 9:53 PM)
どうも。
何故かユヴェントスの記事のコメントが表示されていません><w

マククラは確かに怪我に泣かされていますよね。
今シーズン、花を咲かして代表でも質の高いプレーに期待です。

アウメイダは自分の能力を活かせていないという印象があります。
クローゼも抜けて出場機会が増えるわけですし頑張ってほしいですよ…本当…
なべ(管理人) (2007/08/29 10:20 PM)
ヨコ様、こんばんは。
すみません。コメント表示をまだ承認しておりませんでした。
先ほど表示しましたので、ご確認ください。

マククラは、スケールが大きい選手だと思うんですけど、とにかく怪我がつきまとっています。
ただ、今の代表のFWの層が厚くないだけに、クラブで結果を残していれば、声がかかる可能性は十分あると考えています。

アウメイダは、もっと自分の持ち味が何なのかを理解した上でプレーした方が良いと思います。
チームに合わせようとして、自分の良さを消しているような気がしてなりません。
FWですし大きな体なんですから、もっと我を強く出して、強引なプレーをしてもらいたいです。