ポルトガルサッカーのすすめ

ポルトガル代表をはじめとする、ポルトガルサッカー専門ブログです。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>    
LINKS
※当ブログはリンクフリーです。ご自由にリンクを張ってください。
RECOMMEND
UEFAチャンピオンズリーグ2003/2004 ポルト 優勝への軌跡
UEFAチャンピオンズリーグ2003/2004 ポルト 優勝への軌跡 (JUGEMレビュー »)

現在のポルトガル代表の主力、デコ、カルバーリョ、マニシェらの活躍がここに。モウリーニョに率いられ、欧州を制するまでのドラマを収録!
RECOMMEND
ジョゼ・モウリーニョ
ジョゼ・モウリーニョ (JUGEMレビュー »)
ルイス ローレンス, ジョゼ モウリーニョ, Lu´is Lourenco, Jos´e Mourinho, 西竹 徹, 西岡 明彦
本人公認本が日本上陸。現在世界で最も有名な監督の一人が、どのようにして誕生したか、秘話が満載です。
RECOMMEND
Cristiano Ronaldo (Artnik Football)
Cristiano Ronaldo (Artnik Football) (JUGEMレビュー »)
Michael O'Connell
W杯ドイツ大会までのC・ロナウドを書いた本です。洋書です。英語が分からなくても、写真集として楽しめます。
RECOMMEND
マヌエル・ルイ・コスタ〜ポルトガルが生んだフィールドのマエストロ〜
マヌエル・ルイ・コスタ〜ポルトガルが生んだフィールドのマエストロ〜 (JUGEMレビュー »)

ポルトガルサッカー史上最高の司令塔、マヌエル・ルイ・コスタのフィオレンティーナ時代の映像を収録!
RECOMMEND
ポルトガル・サッカー物語
ポルトガル・サッカー物語 (JUGEMレビュー »)
市之瀬 敦
村上龍氏推薦!「ポルトガルサッカー、それは魔術的だ。驚異的な技術だけがそれを可能にした」
RECOMMEND
2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD 「ポルトガル代表 戦いの軌跡」
2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD 「ポルトガル代表 戦いの軌跡」 (JUGEMレビュー »)

ポルトガル代表40年ぶりのベスト4進出!欧州西端の小国がドイツを舞台に披露した見事な戦いをここに収録!
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
<< ユベントスは大勝スタート | main | ベンフィカ、CL本戦出場なるか >>
ナニが鮮烈ゴールでマンUを救う
 ポルトガルサッカー専門ブログ「ポルトガルサッカーのすすめ」は、ブログランキングで、現在9位。
 なんとかトップ10に踏みとどまっております。
 EURO2008予選アルメニア戦に臨むポルトガル代表の勝利を一緒に祈ってくださる方は、ブログランキングのクリックのご協力をよろしくお願いいたします。
↓一日一回クリックをお願いします。↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング
 

 昨夜のマンチェスター・ユナイテッド対トッテナム戦。
 ポルトガルの新星ナニが、マンUに今季初白星をもたらしました。
 その戦列ゴールの動画は、こちら。
 


 「目が覚めるよう」とは、まさにこのこと。
 素晴らしいゴールです。
 そして、バク転も初お披露目。
 
 結局、このゴールが決勝点となり、マンUは今季初勝利となりました。
 ただ、昨シーズン、圧倒的な攻撃力でプレミアを制したチームが、ミドル一発のみとは寂しい限りです。
 やはり、ルーニーの離脱は相当大きいようです。
 王者の悩みは、しばらくの間、続くことになりそうです。
 
 
 ポルトガルリーグの一大決戦、ポルト対スポルティングのクラシコは、ホームのポルトが勝利。
 スーペルタッサの雪辱を晴らしました。
 下は、そのハイライト動画です。



 バックパスをストイコビッチが手で扱ってしまったため、ゴールエリアのライン上からの間接フリーキックとなりました。
 これを、ポルトがものにして、虎の子の1点を守り切りました。
 ポルトは、これで連勝スタート。
 今シーズンも優勝候補の筆頭であることをアピールしました。
 

 最後に、バレンシアに触れないわけにはいきません。
 開幕戦は、信じられないような大敗。
 ビジャレアル相手に、メスタージャで0対3と敗れました。
 しかも、ビジャとホアキン、二人の退場者を出してしまいました。
 開幕直前に、キケ・フローレス監督とルベン・バラハの衝突が話題となりましたが、嫌な流れは断ち切れていなかったようです。
 
 ミゲウは、前半のみの出場。
 またケガでしょうか。
 こちらも気になるところです。

 そのバレンシアですが、攻撃的なMFの獲得を模索してきましたが、8月最後の週、遂に獲得に至りました。
 選手の名は、マヌエル・フェルナンデス。
 バレンシアのポルトガル代表3人目の選手となります。
 てっきりエヴァートン行きと思っていましたが、土壇場でバレンシア行きとなりました。
 ヴィアナは活躍できませんでしたが、フェルナンデスは活躍できるのでしょうか。
 ここで活躍すれば、再び代表への道が開けます。

 マニシェが代表復帰に意欲的な姿勢をみせていますし、スポルティング戦でゴールを決めたラウル・メイレレスも、代表に定着しつつあります。
 また、新星ミゲウ・ヴェローゾが登場したりと、中盤は競争が激しいポジションになっています。
 自らの存在価値を高めるような活躍に期待したいと思います。
 

 最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。
 今後も「ポルトガルサッカーのすすめ」をよろしくお願いいたします。
 今後も一緒にポルトガル代表を応援していただける方は、ブログランキングのクリックも1日1回お願いいたします。
 クリックしていただけると、管理人の今後の励みになります。
↓こちらのクリックをお願いいたします↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング 
  
| capitao0707 | プレミアシップ | comments(0) | - |