ポルトガルサッカーのすすめ

ポルトガル代表をはじめとする、ポルトガルサッカー専門ブログです。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>    
LINKS
※当ブログはリンクフリーです。ご自由にリンクを張ってください。
RECOMMEND
UEFAチャンピオンズリーグ2003/2004 ポルト 優勝への軌跡
UEFAチャンピオンズリーグ2003/2004 ポルト 優勝への軌跡 (JUGEMレビュー »)

現在のポルトガル代表の主力、デコ、カルバーリョ、マニシェらの活躍がここに。モウリーニョに率いられ、欧州を制するまでのドラマを収録!
RECOMMEND
ジョゼ・モウリーニョ
ジョゼ・モウリーニョ (JUGEMレビュー »)
ルイス ローレンス, ジョゼ モウリーニョ, Lu´is Lourenco, Jos´e Mourinho, 西竹 徹, 西岡 明彦
本人公認本が日本上陸。現在世界で最も有名な監督の一人が、どのようにして誕生したか、秘話が満載です。
RECOMMEND
Cristiano Ronaldo (Artnik Football)
Cristiano Ronaldo (Artnik Football) (JUGEMレビュー »)
Michael O'Connell
W杯ドイツ大会までのC・ロナウドを書いた本です。洋書です。英語が分からなくても、写真集として楽しめます。
RECOMMEND
マヌエル・ルイ・コスタ〜ポルトガルが生んだフィールドのマエストロ〜
マヌエル・ルイ・コスタ〜ポルトガルが生んだフィールドのマエストロ〜 (JUGEMレビュー »)

ポルトガルサッカー史上最高の司令塔、マヌエル・ルイ・コスタのフィオレンティーナ時代の映像を収録!
RECOMMEND
ポルトガル・サッカー物語
ポルトガル・サッカー物語 (JUGEMレビュー »)
市之瀬 敦
村上龍氏推薦!「ポルトガルサッカー、それは魔術的だ。驚異的な技術だけがそれを可能にした」
RECOMMEND
2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD 「ポルトガル代表 戦いの軌跡」
2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD 「ポルトガル代表 戦いの軌跡」 (JUGEMレビュー »)

ポルトガル代表40年ぶりのベスト4進出!欧州西端の小国がドイツを舞台に披露した見事な戦いをここに収録!
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
<< ナニが鮮烈ゴールでマンUを救う | main | ペペがポルトガル代表初招集 >>
ベンフィカ、CL本戦出場なるか
 ポルトガルサッカー専門ブログ「ポルトガルサッカーのすすめ」は、ブログランキングで、なぜか7位へ浮上。
 なんとかトップ10に踏みとどまっております。
 ポルトガル代表を一緒に応援してくださる方は、ブログランキングのクリックのご協力をよろしくお願いいたします。
↓一日一回クリックをお願いします。↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング
 

 まずは、サッカーファンとして、触れないわけにはいかないニュースがあります。
 スペイン・リーガエスパニョーラ、セビージャのスペイン代表DFアントニオ・プエルタが死去しました。
 22歳という若さでした。
 25日のヘタフェとの開幕戦の試合中、ピッチ上で倒れ、緊急入院をしていたわけですが、最悪の結果となってしまいました。
 ベンフィカを応援する者として、フェヘールの記憶が蘇ってしまいました。
 これは、サッカー界がなんら前進していなかったことを意味しています。
 このような悲劇は、今度こそ繰り返してはなりません。
 過密日程の解消をはじめとする、何らかの措置を講じてもらわねばなりません。
 プエルタのご冥福をお祈りします。


 さて、今日はUEFAチャンピオンズリーグ予備予選3回戦が行われます。
 ベンフィカは、コペンハーゲンとのアウェーゲームに臨みます。
 週末のリーグ戦は、昇格組のギマランイス相手にスコアレスドロー。
 怪我人が続出しています。
 ギマランイス戦のスターティングメンバーは、以下のとおり。
  
GK:キム
DF:ネウソン、ミゲウ・ヴィトール、カツラニス、レオ
MF:プティ、ヌノ・アシス、ファビオ・コエントラオン、ルイ・コスタ
FW:ヌノ・ゴメス、カルドーソ

 おや!?と思われた方もいると思いますが、カツラニスは本来ミッドフィールドの選手。
 また、コンビを組んだミゲウ・ヴィトールは、まだ18歳の選手です。 
 ルイゾンとダビド・ルイスの二人が揃って負傷。
 コペンハーゲン戦は、一体どうなってしまうのでしょうか?
 情報では、ルイゾンが召集メンバーには入ったようなのですが、いきなりのスタメン起用は無さそうです。
 よって、上記したギマランイス戦のメンバーが、そのまま今日の予想スタメンとなります。

 ギマランイスを攻略できなかったメンバーで、コペンハーゲンと戦うのは酷なようにも思いますが、ここは各選手に奮起してもらわなければなりません。
 なんといっても、本戦に出場できるかできないかで、クラブの収入が大きく変わってきます。
 本戦出場を逃せば、クラブの財政に大きな悪影響をもたらし、今後のクラブ運営の根幹に関わる問題が生じてくることでしょう。
 また、今後のチャンピオンズリーグの出場枠の問題を考えても、ベンフィカは本戦に出場しなければなりません。
 したがって、いろいろな意味を含め、今日は絶対に勝ってもらわなければなりません。
 選手たちの奮起に、そしてルイ・コスタのゴールに期待しましょう。

 ちなみに、スカパー!の放送では、バレンシアの試合が含まれています。
 いきなりマヌエル・フェルナンデスを起用することは無いと思いますが、ミゲウかカネイラのどちらかは出場すると思います。
 すでにファーストレグで圧勝しているので、余裕を持って観戦できるでしょう。
 むしろ、日本人として中村俊輔のセルティックや三都主と宮本のザルツブルクの試合の方が緊張感を持って見ることができそうです。

 あ、そうそう。
 実は、地味〜に、フランス・リーグアン、松井大輔のルマン対パウレタのパリ・サンジェルマン戦も生中継されます。
 ただ、PSGはアウェーですから、パウレタはスタメンではないという計算になります。
 

 今日でCL本戦出場チームが全て揃い、明日はモナコで組み合わせ抽選会が行われます。
 グループが決定すると、いよいよという思いに駆られます。
 訃報が飛び込んできましたが、サッカーの世界は止まりません。
 いや、大人の事情で止めるわけにはいかないのです。
 これこそが、現在のサッカー界の抱える本当の問題なのではないでしょうか。
 

 最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。
 今後も「ポルトガルサッカーのすすめ」をよろしくお願いいたします。
 今後も一緒にポルトガル代表を応援していただける方は、ブログランキングのクリックも1日1回お願いいたします。
 クリックしていただけると、管理人の今後の励みになります。
↓こちらのクリックをお願いいたします↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング 
  
| capitao0707 | チャンピオンズリーグ | comments(0) | - |