ポルトガルサッカーのすすめ

ポルトガル代表をはじめとする、ポルトガルサッカー専門ブログです。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>    
LINKS
※当ブログはリンクフリーです。ご自由にリンクを張ってください。
RECOMMEND
UEFAチャンピオンズリーグ2003/2004 ポルト 優勝への軌跡
UEFAチャンピオンズリーグ2003/2004 ポルト 優勝への軌跡 (JUGEMレビュー »)

現在のポルトガル代表の主力、デコ、カルバーリョ、マニシェらの活躍がここに。モウリーニョに率いられ、欧州を制するまでのドラマを収録!
RECOMMEND
ジョゼ・モウリーニョ
ジョゼ・モウリーニョ (JUGEMレビュー »)
ルイス ローレンス, ジョゼ モウリーニョ, Lu´is Lourenco, Jos´e Mourinho, 西竹 徹, 西岡 明彦
本人公認本が日本上陸。現在世界で最も有名な監督の一人が、どのようにして誕生したか、秘話が満載です。
RECOMMEND
Cristiano Ronaldo (Artnik Football)
Cristiano Ronaldo (Artnik Football) (JUGEMレビュー »)
Michael O'Connell
W杯ドイツ大会までのC・ロナウドを書いた本です。洋書です。英語が分からなくても、写真集として楽しめます。
RECOMMEND
マヌエル・ルイ・コスタ〜ポルトガルが生んだフィールドのマエストロ〜
マヌエル・ルイ・コスタ〜ポルトガルが生んだフィールドのマエストロ〜 (JUGEMレビュー »)

ポルトガルサッカー史上最高の司令塔、マヌエル・ルイ・コスタのフィオレンティーナ時代の映像を収録!
RECOMMEND
ポルトガル・サッカー物語
ポルトガル・サッカー物語 (JUGEMレビュー »)
市之瀬 敦
村上龍氏推薦!「ポルトガルサッカー、それは魔術的だ。驚異的な技術だけがそれを可能にした」
RECOMMEND
2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD 「ポルトガル代表 戦いの軌跡」
2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD 「ポルトガル代表 戦いの軌跡」 (JUGEMレビュー »)

ポルトガル代表40年ぶりのベスト4進出!欧州西端の小国がドイツを舞台に披露した見事な戦いをここに収録!
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
<< ベンフィカ、CL本戦出場なるか | main | UEFAチャンピオンズリーグ、グループステージ組み合わせ決定 >>
ペペがポルトガル代表初招集
 ポルトガルサッカー専門ブログ「ポルトガルサッカーのすすめ」は、ブログランキングで、なんとか7位をキープ。
 なんとかトップ10に踏みとどまっております。
 ポルトガル代表を一緒に応援してくださる方は、ブログランキングのクリックのご協力をよろしくお願いいたします。
↓一日一回クリックをお願いします。↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング
 

 30日、ルイス・フェリペ・スコラーリ監督がポルトガル代表メンバーを発表しました。
 まずは、今回召集されたメンバーをご覧ください。

GK
キム(ベンフィカ)
リカルド(ベティス)

DF
ブルーノ・アウベス(FCポルト)
フェルナンド・メイラ(シュツットガルト)
ジョルジ・アンドラーデ(ユベントス)
ボシングワ(FCポルト)
ぺぺ(レアル・マドリー)
ミゲウ(バレンシア)
カネイラ(バレンシア)
パウロ・フェレイラ(チェルシー)

MF
デコ(バルセロナ)
ペチート(ベンフィカ)
ジョアン・モウティーニョ(スポルティング)
マニシェ(アトレチコ・マドリー)
ラウル・メイレレス(FCポルト)
ティアゴ(ユベントス)
クリスティアーノ・ロナウド(マンチェスター・ユナイテッド)

FW
エウデル・ポスティガ(FCポルト)
ウーゴ・アウメイダ(ブレーメン)
ナニ(マンチェスター・ユナイテッド)
ヌノ・ゴメス(ベンフィカ)
リカルド・クアレスマ(FCポルト)
シモン・サブロサ(アトレチコ・マドリー)

 今回、最大の注目点は、レアル・マドリーのペペが招集されたことです。
 前回代表に招集されながら怪我のため辞退したリカルド・カルバーリョが結局間に合わず、その穴をペペが埋める形となりました。
 アルメニア戦で醜い出来だったアンドラーデのポジションは、怪しいように思います。
 メイラとブルーノ・アウベス、あるいはメイラとペペという組み合わせがあるかもしれません。
 さすがにブルーノ・アウベスとペペという旧FCポルトの組み合わせを大一番でトライするほどフェリポンはギャンブラーだと思いませんが、4人の誰がスタメンでも驚くことは無いという状況になりました。
 ここにリカルド・カルバーリョが加わるわけですから、キャプテンのアンドラーデもアンタッチャブルな存在では無くなるかもしれません。
 ゼ・カストロやマヌエル・ダ・コスタといった若手も出てきていますから、センターバックについては、しばらくの間、心配の必要が無いのかもしれません。

 それから、中盤では、マニシェの復帰がビッグニュースでしょう。
 ここ最近、マニシェは所属のアトレチコでも優等生的なコメントを残しており、だいぶ丸くなったのかなという印象を受けていました。
 また、代表への意欲を強く見せていたのも印象的でした。
 フェリポンは、FW陣のふがいなさを感じて、ティアゴ以上に得点力があり、また実績を残してきたマニシェに賭けたのかもしれません。
 これは、スタメン抜擢も十分ありそうな雰囲気です。

 ペチートとウーゴ・アウメイダは、出場停止明け。
 ナニは、2連戦ということもあって、当然の復帰です。
 
 今回のメンバーは、現時点でほぼ最強の布陣です。
 これで負けたら、諦めるしかありません。
 いや、このメンバーなら、2連勝できるはずです。
 怖いのは、各選手のコンディションでしょうか。
 特に、スペイン・イタリア組のコンディションが心配です。
 

 ここで、9月の2連戦のカードを確認しておきましょう。

9月8日
ポルトガル − ポーランド
セルビア − フィンランド

9月12日
ポルトガル − セルビア
フィンランド − ポーランド

 私のホームが勝つという計算でいくと、ポルトガルは2勝、セルビアとフィンランドは1勝1敗、ポーランドは2敗となります。
 そうなった場合、4チームの勝ち点は以下のようになります。

1 ポルトガル 21(10)
2 フィンランド20(11)
3 ポーランド 19(11)
4 セルビア  17(10)

 消化試合数の少ないポルトガルが首位に立ちます。
 したがって、この2連戦で2連勝すれば、予選突破へ向けて大きく前進します。

 8日はエスタディオ・ダ・ルス、12日はエスタディオ・ジョゼ・アルバラーデというリスボンでの2大スタジアムで、ポルトガルの命運を分かつ決戦が行われます。
 まずは、8日のポーランド戦。
 これに勝たなければ始まりません。
 試合は、スカパー!のフジテレビ739で生中継されます。
 土曜日の深夜(日曜日の早朝)の試合ですから、がんばって起きて、ポルトガル代表に声援を送りましょう!

 
 最後に、ベンフィカは良かったですね。
 かなり危なかったですが、コペンハーゲンをなんとかアウェーでも1対0で退け、無事本戦出場を決めました。
 下は、そのハイライト動画です。



 私の計算が正しければ、日本時間の深夜1時に抽選が始まるはずなので、明日の記事で組み合わせの詳細について触れたいと思います。

 
 最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。
 今後も「ポルトガルサッカーのすすめ」をよろしくお願いいたします。
 今後も一緒にポルトガル代表を応援していただける方は、ブログランキングのクリックも1日1回お願いいたします。
 クリックしていただけると、管理人の今後の励みになります。
↓こちらのクリックをお願いいたします↓
最新のポルトガルサッカー情報なら、人気ブログランキング 
  
| capitao0707 | ポルトガル代表 | comments(2) | - |
残虐性においてDIO以上ミゲル (2007/08/31 12:15 AM)
ついにマニシェ復帰ですね。この時を待っていました。
代表での大舞台での勝負強さは何度も見せてもらいました。いきなりスタメンは分かりませんが、長く代表に入っていたのでそれほど問題ないのではないでしょうか、きっと彼はやってくれます!

CBは大丈夫ですかね。個人的にはアンドラーデは前回たまたま酷かっただけで、今回は大丈夫だと思いますがね。カルバーリョが絶対的な存在であるのは誰もが認めるところですが、彼がいないときのCBの組み合わせに関しては補完性の高いペアを選択するべきだと思います。ペペとブルーノ・アウベスはどのようなタイプのCBですかね?

まぁ、今回はペチートがいるし、彼がフィルターとなってくれるので、そう簡単に失点はしないと思いますけどね。

長文をだらだらとすみません、マニシェの代表復帰に興奮してしまいました。
なべ(管理人) (2007/08/31 10:05 PM)
残虐性においてDIO以上ミゲル様、こんばんは。
マニシェの復帰は、正直予想外でした。
それだけ、今の代表は危機に瀕しているということでしょう。
きっと期待に応えてくれると思います。

アンドラーデの出来が、「たまたま」であることを願うばかりですが、どうでしょう。
週末のセリエAでの出来が気になります。

ペペは欠場ということになりそうなので、アンドラーデとメイラがファーストチョイスであることに変わりはないと思います。
ブルーノ・アウベスは、メイラに近いタイプではないかと見ています。