ポルトガルサッカーのすすめ

ポルトガル代表をはじめとする、ポルトガルサッカー専門ブログです。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>    
LINKS
※当ブログはリンクフリーです。ご自由にリンクを張ってください。
RECOMMEND
UEFAチャンピオンズリーグ2003/2004 ポルト 優勝への軌跡
UEFAチャンピオンズリーグ2003/2004 ポルト 優勝への軌跡 (JUGEMレビュー »)

現在のポルトガル代表の主力、デコ、カルバーリョ、マニシェらの活躍がここに。モウリーニョに率いられ、欧州を制するまでのドラマを収録!
RECOMMEND
ジョゼ・モウリーニョ
ジョゼ・モウリーニョ (JUGEMレビュー »)
ルイス ローレンス, ジョゼ モウリーニョ, Lu´is Lourenco, Jos´e Mourinho, 西竹 徹, 西岡 明彦
本人公認本が日本上陸。現在世界で最も有名な監督の一人が、どのようにして誕生したか、秘話が満載です。
RECOMMEND
Cristiano Ronaldo (Artnik Football)
Cristiano Ronaldo (Artnik Football) (JUGEMレビュー »)
Michael O'Connell
W杯ドイツ大会までのC・ロナウドを書いた本です。洋書です。英語が分からなくても、写真集として楽しめます。
RECOMMEND
マヌエル・ルイ・コスタ〜ポルトガルが生んだフィールドのマエストロ〜
マヌエル・ルイ・コスタ〜ポルトガルが生んだフィールドのマエストロ〜 (JUGEMレビュー »)

ポルトガルサッカー史上最高の司令塔、マヌエル・ルイ・コスタのフィオレンティーナ時代の映像を収録!
RECOMMEND
ポルトガル・サッカー物語
ポルトガル・サッカー物語 (JUGEMレビュー »)
市之瀬 敦
村上龍氏推薦!「ポルトガルサッカー、それは魔術的だ。驚異的な技術だけがそれを可能にした」
RECOMMEND
2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD 「ポルトガル代表 戦いの軌跡」
2006FIFA ワールドカップドイツ オフィシャルライセンスDVD 「ポルトガル代表 戦いの軌跡」 (JUGEMレビュー »)

ポルトガル代表40年ぶりのベスト4進出!欧州西端の小国がドイツを舞台に披露した見事な戦いをここに収録!
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
リアソールの悪魔、イスタンブールで目を覚ます
 前半で3対0になったとき、私は、「今日は何対何で勝つのだろう」という楽勝ムードになっていた。
 後半が始まり間もなく、リバプールに1点を返された。
 1点くらいならなんでもないはずなのだが、返される時間が早すぎる。
 嫌な予感がした。
 嫌な予感は、すぐに的中。
 その直後、2点目を返された。
 試合は、完全にリバプールのペース。
 そして、ペナルティーエリア内でガットゥーゾがファールを犯し、PKを与えてしまう。
 シャビ・アロンソのPKは、1度ジーダが見事にセーブするが、こぼれ球をシャビ・アロンソに押し込まれ、ついに同点。
 その後は、動きがなく試合は延長へ。
 延長では、ミランがペースを握り、そして試合終了間際。
 セルジーニョのクロスからシェフチェンコのヘッド。
 デュデクがセーブしたこぼれ球をシェフチェンコが押し込み誰もが決まったと思ったが、これがデュデクの手に当たり、奇跡的なセーブ。
 結局、試合は3対3で終了。
 PK戦では、デュデクが冴え渡り、3対2でリバプールが勝利。
 アイントホーフェンで眠らせたはずの「リアソールの悪魔」は、イスタンブールに潜んでいた。
 そして、彼は目を覚ましてしまった。
 ミランは再び重い十字架を背負い、来シーズンのチャンピオンズリーグを戦うことになる。


今の順位は第何位?「人気ブログランキング」
| | ACミラン | comments(0) | trackbacks(0) |
不覚・・・
 今朝は家でこっそり作業をし、先ほど昼食を済ませ、サッカーの情報をチェック。
 すると、「ユベントス、2シーズンぶりの優勝」の文字が。
 ・・・ん?
 ミランの試合が行われていたことを、私はまったく知らなかった・・・。
 きちんと試合日程をチェックしていなかった。
 しまった・・・。
 こんな形で今シーズンを終えてしまった。
 まさに不覚。
 ルイ・コスタもスタメンを張っていたというのに・・・。
 終わったことは仕方がない。
 残すタイトルはビッグイヤーのみ。
 リバプールを撃破し、2シーズンぶりの覇権奪回だ。
 気がかりは、ここにきてチームの調子がやや下降気味なところ。
 それだけが心配だ。


現在の「ランキング」はちゃんとチェックしましたか?
| | ACミラン | comments(0) | trackbacks(0) |
ミランが「デポルティボの幻影」を振り払う
 ACミランは何かに怯えていたようだった。
 試合開始早々に失点し、選手たちの中に昨年の悪夢が蘇ったに違いない。
 昨年の準々決勝デポルティボ戦、ファーストレグを4対1と圧勝しておきながら、セカンドレグで0対4と大敗し、歴史に残る大逆転負けを喫していた。
 選手たちの表情は不安にかられ、プレーもどこか自信に欠けていた。
 アンチェロッティの采配も、不安に怯えていたと考えてよいだろう。
 ファーストレグでは2対0で勝利したものの、ゲームを支配していたのはPSVのほうだった。
 そこで、中盤からの守備に厚みを増すため、FWを1枚減らし、中盤にアンブロジーニを起用した。
 もし2トップを起用していたら、PSVディフェンス陣にプレッシャーを与え、ここまで苦戦しなかったのか。それとも、中盤が薄くなるためもっとやられていたのか。個人的には、2トップのほうが良かったのではないかと考えているが、それが正しいかは分からない。
 65分、コクーのゴールで遂に追いつかれる。
 この時点で、ここまでの試合内容から、多くの人は昨年の再現になるのではないかと思ったはずだ。
 しかし、前半から飛ばしていたPSVは、その後運動量が少しずつ落ち始め、スペースが生まれ、前半全くいいところのなかったミランに少しずつ攻め込まれ始めた。
 それでもミランは、決定機を作れない。コーナーキックからアンブロジーニがヘディングシュートを試みたが、GKゴメスの正面をついた。
 延長戦突入と思われた後半ロスタイム、カカのクロスをアンブロジーニがヘディングで合わせる。ゴメスはなんとか手を伸ばすが、ボールはその手をかすめ、ゴールネットを揺さぶる。
 ミランの選手たち、そしてアンチェロッティに安堵の笑みが浮かぶ。
 しかし、試合は終わらない。
 その直後、再びコクーのゴールが決まる。
 トータルスコア3対3。
 しかし、アウェーゴールを奪われたPSVに残された時間はあまりにも短かった。
 そして、タイムアップ。
 ミランは、昨年のデポルティボの幻影を振り払うことに成功した。
 内容は決して良くなかった。というより悪かった。
 この後、ミランはユベントスとの激しいマッチレースに戻る。
 ケガ人も多い。
 2シーズンぶりの優勝まであと一歩と迫ったが、現状はシャビ・アロンソが復帰するリバプールのほうが優位かもしれない。
 


順位が激下がり!「人気ブログランキング」
| | ACミラン | comments(0) | trackbacks(0) |
セリエA結果速報
 セリエA第31節、シエナ対ACミランは先ほど終了し、2対1でシエナが勝利した。
 ミランは、ピルロ欠場の代役にルイ・コスタを抜擢。ガットゥーゾとアンブロジーニがフォローする形をとった。
 試合は、ミランが速いパス回しから攻撃を組み立てるが、逆に決定的なチャンスを作ったのはシエナのほうだった。
 トゥドールのヘディングシュートはバーを叩き、キエーザのシュートはジーダのスーパーセーブに阻まれた。
 結局、前半は0対0で終了。
 ハーフタイム中に、ルイ・コスタに筋肉トラブルが発生した模様。後半の立ち上がり、やや足を引きずりながらのプレーとなったが、時間の経過とともに回復していった。
 そして、63分、ルイ・コスタのスルーパスにカフーが反応して訪れたチャンスから、最後はクレスポがGKの股間を抜くシュートを決めてミランが先制した。
 しかし71分、セットプレーから最後はキエーザに押し込まれ、同点に追いつかれる。
 そしてさらに86分、カウンターから最後はコッツァのヘディングシュートが決まって、逆転。そのまま逃げ切った。
 ユベントスはレッチェに5対2で快勝。ユベントスが単独首位となり、ミランは勝ち点差3の2位に後退した。

<管理人の一言>
 ミラン、やられました。
 負けるときは、こんなものなのでしょう。
 ピルロの代わりにルイ・コスタが入りましたが、私は及第点だったと思います。ディフェンスに関しては、改善の余地があるとは思いますが。
 ルイ・コスタのスルーパスをきっかけとした先制点までは良かったのですが、やはりブレシア戦と同様に、その後が続かない。
 降格争いをしているチームにはちゃんととどめを刺さないと、こういうことになるんです。
 気になるのは、ルイ・コスタが筋肉トラブルを発症したこと。
 大事に至らなければ良いのですが・・・。
 ミッドウィークは、これまた降格を争っているキエーボとの対戦。
 絶対に負けられない戦いになりました。
 そして、ユベントス対インテルのイタリア・ダービーもあります。
 こちらは、ぜひインテルにがんばってもらいましょう。
 それにしても、今日の負けは痛いな〜。


今日は第何位?人気ブログランキング

| | ACミラン | comments(0) | trackbacks(0) |
ジーダに発炎筒が当たり試合は中止
 チャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグ、インテル対ACミランの一戦は、観客席から投げ込まれた発炎筒がジーダに当たり、収拾がつかなくなったため、終了のホイッスルを待たずに中止された。
 試合は、前半30分、シェフチェンコのペナルティエリア外からの左足から繰り出されたミドルシュートでミランが先制。
 後半に入って、問題のシーン。カンビアッソがヘディングで競り勝ち、ゴールを決めたかに思えたが、フリオ・クルスがその前にジーダと接触しており、マルクス・メルク主審はキーパーチャージを取り、ノーゴールの判定。これに怒ったカンビアッソはメルク主審に抗議をして、イエローカードをもらってしまう。この一連のジャッジを不服としたインテルサポーターが、ペットボトルや発炎筒などを投げ込み始めた。そして、そのうちの1つがジーダの右肩に直撃。試合は一旦中断される。
 その後収束したため、ジーダに代わって入ったアッビアーティのキックで試合再開。しかし、それもつかの間、再び発炎筒などが投げ込まれたため、メルク主審は試合を中止した。
 なお、ルイ・コスタは、後半24分、クレスポと交替し、途中出場していた。

<管理人の一言>
 せっかく早起きしたのに・・・。
 台無し。
 ルイ・コスタも途中出場したのに、途端にこれ。
 再試合は行われるのだろうか?
 日程を考えると、きびしいと思うので、このままミランの勝ちということになるのではないかと思う。
 ミランとチェルシー。
 今シーズンの出来を考えれば、順当な勝ち上がりだろう。
 明日はこのようなことがないことを願う。


サッカーで交流を広げるなら「人気ブログランキング」

| | ACミラン | comments(3) | trackbacks(0) |
ルイ・コスタ、今季初ゴール!
 やりました!ルイ・コスタ今季初ゴール!
 ドリブルで中央から左サイドへ、その後少し内へ切れ込み、右のインフロントでカーブをかけてGKの頭の上を越え、バーに当たりながらもボールはゴールの中へ。
 深夜なので、親に迷惑にならないよう静かに大騒ぎ。
 半狂乱。
 そういえば、昨シーズンの初ゴールもFKからで、バーに当たりながらもゴールに入ったような記憶がある。
 うれしいな〜。
 でも、引き分けてしまった。
 残念・・・。
 契約も延長して、どうやら2007年、ミランで引退する模様。
 少しでも長くルイ・コスタの勇姿を見ていたいものだ。


サッカー好きが集まる「人気ブログランキング」

| | ACミラン | comments(0) | trackbacks(0) |
セリエA速報
 セリエA第28節、ACミランがホーム・サンシーロに好調サンプドリアを迎えた一戦は、ミランが1対0で勝ち、首位の座を守った。
 試合は、前半、サンプドリアのロッシーニ、ミランのマルディーニ、ネスタが負傷交代する予想外の展開。この日もクレスポの1トップにルイ・コスタ、カカの2トップ下「クリスマスツリー」で臨んだミランが終始主導権を握ったが、前半はスコアが動かないまま終了。
 後半に入ってもミランがペースを握り、迎えた65分、ピルロのクロスをカカが頭であわせ、ミランが先制。試合終了間際の決定的なピンチもなんとか凌ぎきり、1対0で逃げ切った。
 ルイ・コスタは、この日も先発出場し、攻守にわたりキレのある動きを見せていた。シェフチェンコの負傷以来、出場機会が増え、コンディションが上がってきたようだ。


↓こちらから別のブログを探してみてください。
人気blogランキングへ
| | ACミラン | comments(0) | trackbacks(0) |
シェフチェンコは骨折であることが判明
 カリアリ戦で負傷交代したアンドリー・シェフチェンコは、ニグアルダ・ミラノ病院で診察を受けた結果、眼窩と左の頬骨の骨折が判明した。今後、月曜日に手術を受け、完治までには10〜15日かかると見られている。よって、チャンピオンズリーグのファーストレグ出場は絶望的となった。


メインサイト
「ポルトガルのすすめ」

サブサイト
「ポルトガルのすすめ セレクトショップ」

人気blogランキングへ
| | ACミラン | comments(0) | trackbacks(0) |
ルイ・コスタがスタメン出場予想
 日本時間の19日28:30から行われる、ACミラン対カリアリの試合の予想スタメンが発表され、その中にルイ・コスタの名前が含まれている。これは、23日に行われるチャンピオンズリーグ・対マンチェスター・ユナイテッド戦へ向けて、ターンオーバーをしたものと考えられる。なにはともあれ、久しぶりにルイ・コスタの勇姿が見れそうである。
 なお、予想スタメンは以下のとおり。

ACミラン:ジーダ、カフー、スタム、パンカーロ、ブロッキ、ピルロ、ドラソー、ルイ・コスタ、シェフチェンコ、トマソン
(控え アッビアーティ、カラーゼ、ネスタ、ガットゥーゾ、アンブロジーニ、セードルフ、カカ、セルジーニョ、クレスポ)

カリアリ:イエッツォ、ロペス、ローリア、アゴスティーニ、アベイホン、コンティ、ゴッビ、エスポージト、ゾラ、ランジェッラ
(控え ブルナー、マルタリアーティ、ピサーノ、デルネーボ、アルバレス、ビアンキ、スアソ)
※ただし、その後、アベイホンは練習中に負傷したため、欠場する模様

メインサイト
「ポルトガルのすすめ」

サブサイト
「ポルトガルのすすめ セレクトショップ」

人気blogランキングへ
| | ACミラン | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>